やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 female (フィーメイル) 』



映画 『 female (フィーメイル)  』  [ DVD鑑賞 ]

2005年:日本

『 桃 』
監督:篠原哲雄
脚本:公園兄弟
原作:姫野カオルコ
キャスト:長谷川京子 池内博之 野村恵里

『 太陽のみえる場所まで 』
監督:廣木隆一
脚本:及川章太郎
原作:室井佑月
キャスト: 大塚ちひろ 石井苗子 片桐はいり

『 夜の舌先 』
監督:松尾スズキ
脚本:松尾スズキ
原作:唯川恵
キャスト:高岡早紀 近藤公園

『 女神のかかと 』
監督:西川美和
脚本:西川美和
原作:乃南アサ
キャスト:大塚寧々 森田直幸

『 玉虫 』
監督:塚本晋也
脚本:塚本晋也
原作:小池真理子
キャスト:石田えり 加瀬亮 小林薫

『 Dance Part 』
監督:夏まゆみ
キャスト:根津奈穂子

女性作家5人が女性をテーマに書き下ろした作品を気鋭の監督たちが
5本の映画に仕上げた。映画の新しい形を果敢に模索して喝采を浴び
てきた『Jam Films』シリーズが、さらなる新機軸を開拓した
5作の女性映画からなる『フィーメイル』。

女性の本音をずばりと突く作品群で独特の位置に立つ姫野カオルコの
』は、誠実な空気がつねに作品を貫く篠原哲雄監督。

赤裸々な女の気持ちをあっけらかんと描いて人気の室井佑月の
太陽のみえる場所まで』は、『ヴァイブレータ』で改めて注目された
廣木隆一監督。

巧みな心理描写と幅広い作風で読書家の心を掴む乃南アサの
女神のかかと』は、『蛇イチゴ』で鮮烈なデビューを果たした
西川美和監督。

恋心を中心に女性心理を細密に描いて絶大な支持を受ける唯川恵の
夜の舌先』は、初監督作品『恋の門』が大ヒットしたばかりの
松尾スズキ監督。

恋愛小説とサスペンスの名手にして官能を描く名手、小池真理子の
玉虫』は、『ヴィタール』で再び熱い注目を集める塚本晋也監督。

なるほどの組合せ意外な組合せが楽しめる5作は年齢もさまざまな
女性たちの心のひだと明日に向かう気持ちを、時にエロチックに、
時に爽やかに、時にコミカルに描き出して、5色の味わいと余韻を残す
公式ページ より)


《 感 想 》

女性の立場から描いた5作品なのですが、監督は4作が男性監督で
なかなかのエロスが描かれていると思います。
そしてその作品を支えているのが体当たりの素晴らしい演技をした
女優の方々は見事でした。
」の野村恵里サンは積極的な性を見事に演じていています。
この作品で桃を食べるシーンはとてもいやらしさを感じます。
ファンタージー系が多い篠原監督の違う作風が見れます。
太陽の見える場所まで」は室井佑月サン原作でキャストも面白そう
だったので期待してみていたのですがチョット期待はずれでした。
夜の舌先」の高岡早紀サンの妄想演技も見事で松尾監督がうまく
官能的に描いていた思います。
一番好きな作品は唯一女性の西川美和監督の「女神のかかと」。
女友達の母親を女性として見つめる少年の気持ちが美しく描かれて
いていました。
玉虫」は5作品の中でストーリー的に掴みどころが難しかったです。

全体を通して美しく描かれている作品でした。



 Jam Films プレミアムBOX


 Jam Films


 Jam Films 2


 Jam Films S











  
 更新情報

  





















『 髪からはじまる物語 』



映画 『 髪からはじまる物語  』 [ DVD鑑賞 ]

2005年:日本
監 督:行定勲
脚 本:行定勲

[ キャスト ]

第1話 フクシュウ劇
 柴咲コウ (きれいな髪の女)
 奥貫薫 (弘子)
 津田寛治 (洋次)

第2話 あこがれ
 柴咲コウ (小町)
 米谷真一 (松吉)
 伊藤高史 (軍人)
 角替和枝 (女将)

第3話 懺悔
 柴咲コウ (酒場の女)
 山崎 一 (神父)
 矢口聖来 (聖子)
 石野敦士 (パンク少年)


女性の美しい「髪」をモチーフにしたショート・ムービー三部作。
「サロンスタイル」購入者のみWEBで観賞することができた
プレミアム・ムービーをDVDに収録。

第1話 『復讐劇』 (25分)
 浮気を続ける夫。自分の存在をアピールする愛人。
 そして復習を誓う妻。

第2話 『あこがれ』 (26分)
 戦時中、美しく長い髪の女性に想いをよせる少年の
 純粋な気持ちを描く。

第3話 『懺悔』(33分)
 毎日の習慣で養女の髪を洗う神父。娘が美しく育つにつれ、
 神父の中に淫らな気持ちが芽生え始め苦悩する。

(Amazonより)

《 感 想 》


柴咲コウサンを3作品違う女性の設定で美しく描いています。
男はそれぞれの美しい髪の女性に魅せられてしまう。

第1話では、妻が浮気相手の女性の長い髪の毛を発見し、自分も
美しくなっていく姿が良かったと思います

第2話が戦時中の話をモノクロ映像で表現していてインパクトが
あって面白かったです。子役の男の子が昔っぽい顔で味があり、
目つきが悪いのですが、それが良く物語りにあっていると思いました。
幼い男の子が年上の女性にあこがれる姿がうまく表現されていると
思いました。

第3話は神父が養女を愛してしまうアブノーマルな気持ちの罪悪感を
描いてあります。ラストの展開も神父からするとアブノーマルな展開
です。

私は第2話が好きですね。


 1日1クリックだけご協力いただけたら嬉しいです♪


>> TOPページに戻る

[柴咲コウ出演の主な作品]

 バトル・ロワイアル

 バトル・ロワイアル 特別篇

 GO

 恋愛偏差値 DVD-BOX

 ドライブ (通常パッケージ)

 GOOD LUCK !! DVD-BOX

 世界の中心で、愛をさけぶ スペシャル・エディション

 オレンジデイズ DVD-BOX

 着信アリ(初回生産限定版・3枚組)


>> TOPページに戻る










  
 更新情報

  





















『 Jam Films S 』



映画 『 Jam Films S  』 [ DVD鑑賞 ]

2004年:日本

『Tuesday』
監督:薗田賢次
脚本:薗田賢次
キャスト:ZEEBRA 岩堀せり 金井勇太

ささやかなスリルを味わうその男、いったい何者?


『HEAVEN SENT』 
監督:高津隆一
脚本:高津隆一
キャスト:遠藤憲一 乙葉 他

謎の女に遭遇した殺し屋が、最後に願った奇跡。

『ブラウス』 
監督:石川均
脚本:龍一朗
原案:望月六郎
キャスト:小雪 大杉漣 他

白いブラウスが似合う美しい客に魅せられたクリーニング店主の欲望。


『NEW HORIZON』 
監督:手島領
脚本:手島領 行定勲
原案:手島領
キャスト:綾瀬はるか 他

朝が来なくなった世界に、再び夜明けは訪れるのか?


『すべり台』 
監督:阿部雄一
脚本:元優
原案:阿部雄一
キャスト:石原さとみ 柄本時生 山崎まさよし 他
7年前の、あの出来事、幼なじみのアイツに確かめなくちゃ…。


『α』 
監督:原田大三郎
脚本:福田卓郎
キャスト:内山理名 スネオヘアー 他

アイデンティティもパーソナリティも揺らぐ街で…。


『スーツ −suit−』 
監督:浜本正機
脚本:飯田譲治
原案:浜本正機
キャスト: 藤木直人 小西真奈美 濱田マリ 三津谷葉子 他

緊急事態発生。普通のサラリーマンが、日本を救う英雄になる!?


公式サイト 、gooより)

《 感 想 》


多分「ブラウス」と「すべり台」は比較的わかりやすく、楽しめる作品の
ように思えます。レンタルで借りてきたのですが、3回程見直して、
私が特に面白く思えたのは結果的に「Tuesday」でした。

7作品を通して、どれもしっかり男のすけべ心が表現されていて
おもしろいのですが、この「Tuesday」は他には無い男のすけべ心が
行動となって、うまく描かれていて、短い時間のわりに組み立ても
良いのではないかと思いました。
ほとんどセリフはないのですが面白かったです。

「HEAVEN SENT」はなんだかスカイハイのような雰囲気があるように
思えました。乙葉サンでなく釈サンだったら完全にスカイハイですね(^^;

「ブラウス」はストーリーよりも小雪サンや大杉サンの演技が見所では
ないでしょうか?特に大杉サンがブラウスの匂いを嗅ぐシーンは
とてもイヤラシイです(笑) 大人の男女の微妙な心の中の駆け引き
を見事に演じられていると思います。

「NEW HORIZON」はのぞき願望が表現されていましたが、これでは
映画をみている方はドキドキしないと思いますね。もう少し思い切った
演出えあれば楽しめたように思えます。綾瀬サンのファンは嬉しいかも
知れませんが…。

「すべり台」はオチは、やっぱり子供だよなぁ、、って感じでしたが、
この年代の子供がこういうことをやろうとしていることにドキドキでした。
山崎まさよしサンのポイントは大きいと思います。

「α」はこの中の女性のような役は内山サンはハマリ役ですね。違和感
ないです。本当は違うんでしょうが…

最後に「スーツ −suit−」ですが、7作の中で一番くだらい話ですが
笑ったのは、この作品だけでした。最後だけですが(笑)



 1日1クリックだけご協力いただけたら嬉しいです♪


>> TOPページに戻る

 Jam Films プレミアムBOX

 Jam Films

 Jam Films 2

 Jam Films S


>> TOPページに戻る










  
 更新情報

  





















『 Jam Films 2 』



映画 『 Jam Films 2  』 [ DVD鑑賞 ]

2003年:日本

「机上の空論」
監督:小島淳二  
脚本:小林賢太郎
キャスト:片桐仁 小林賢太郎 市川実日子 斉木しげる

世の男性諸氏に贈る確実にチャンスをモノにする上手な出逢い方から
交際に持ち込むまで分析、解説。日本人男性特有の伝統を重んじた
アプローチは、今の世の中で果たして効果的なのか?
真実の愛のサクセスを追究する教訓<HOW TO>とその実戦編の
2段構え、ラーメンズワールドが炸裂!


「CLEAN ROOM」
監督:高橋栄樹  
脚本:小林弘利
キャスト:韓英恵 麻生久美子 角田紳太朗 手塚眞 津田寛治 他

無菌室“CLEAN ROOM”に閉じこもったユカの前に現れる一人の女性。
初めて会うのにどこか懐かしい、不思議な“温もり”によってユカの
心の扉は徐々に開放されて行く。


「HOOPS MEN SOUL」
監督:井上秀憲  
脚本:石田進之助
キャスト:須賀貴匡 すほうれいこ 西尾季隆 大森南朋 杉本彩 他

取り立て屋・黒木に父親の借金の肩代わりにさらわれた彼女(ミク)を救う
為に、ヒロシはストリート仲間達と共に立ち上がる。果たしてその結末は…。

「FASTENER」
監督:丹下絋希  
脚本:丹下絋希
キャスト:有岡大貴 高木りな 三浦由衣 椎名英姫 嶋田久作 他

ファーストキス。
その一瞬の経験の間に、少年は大人になる為の現実と幻想の世界を
彷徨い旅をする。
初めてのキスの『向こう側』で、少年は大人になるにつれて人々が身に
付けてしまう様々な“ウソ”と“ホント”に翻弄されていく…。
旅の終わりに少年が出した答えとは…?

公式サイト より)

《 感 想 》


4作品観て結果的に1作目の「机上の空論」が一番面白いと思いました。
日本人の交際HOWTOを外国人が作ったらという机上の空論の発想が
とても良かったと思います。浜辺でのラストシーンで私は笑ってしまい
まいした。

「CLEAN ROOM」は、外の世界と無菌室、どちらを軸に観るのが良い
のか、いまでもモヤモヤとしていますが、外の世界のシーンは良かった
と思いました。死んでるハズの鳥が動いたとき、バケツ?をかぶせる
シーンがとても印象的でした。

「HOOPS MEN SOUL」は、この4本の中ではストーリー的に一番
映画らしく思えました。『Jam Films 2』の全体的な特徴からすると
普通の映画とも言えると思います。

最後の「FASTENER」は邦画という雰囲気が漂っています。ただし
ビジュアル的に、あの太った女の人は見たくなかったです…。
ミスチルの「ファスナー」から発想を得た作品ということみたいです。



 1日1クリックだけご協力いただけたら嬉しいです♪


>> TOPページに戻る











  
 更新情報

  





















『 Jam Films 』



映画 『 Jam Films  』 [ DVD鑑賞 ]

2002年:日本

「the messenger −弔いは夜の果てで−」
監督:北村龍平 
脚本:高津隆一
キャスト:魚谷佳苗 北村一輝 坂口拓

荒廃したビルの一室で何かを待ち続ける一人のギャング、権藤の前に、
黒いコートに身を包んだミステリアスな女、神代憂子が現れる。
首に奇妙な刺青を入れた彼女は、通称「メッセンジャー」と呼ばれる
凄腕のヒットマン。武器を持たずに死体の山を作ると噂される正体不明の
存在だ。彼女の口から「メッセージ」が告げられた時、権藤の身に衝撃の
運命が襲いかかる。

「けん玉」
監督:篠原哲雄
脚本:渡部貴子
キャスト:山崎まさよし 篠原涼子 山田幸伸 氏家恵 あがた森魚

売れないミュージシャンのあきおと今日子は、長年の同棲期間を経て
倦怠期に入っていた。そんなある日、今日子の頼みで買い物に出た
あきおは、赤木とぶつかったことから紙袋を取り違え、けん玉を手に
入れる。不思議に思いつつも、けん玉を持ち帰るあきお。
一方で、赤木と同僚の藤川は、けん玉に隠されたものを求めて、
あきおの行方を追いはじめる。

「Cold Sleep」
監督:飯田譲治
脚本:飯田譲治
キャスト:大沢たかお 角田ともみ 筒井康隆 他

コールドスリープ状態から目覚め、カプセルを出たフジオは、
古びた校舎の中にいた。彼は人類移住計画のために地球から
20光年離れた惑星に送られてきたエリート調査員のひとり。
ところが、仲間のナオミから、カプセルに欠陥があったためにほかの
メンバーの脳細胞が破壊されてしまっていることを告げられる。
フジオは徐々に記憶を取り戻し、壊れていた通信機をこともなく
修理するのだが……。

「Pandora -Hong Kong Leg-」
監督:望月六郎
脚本:望月六郎
キャスト:吉本多香美 篠原さとし 麿赤兒 小柳正貴 飛岡さや 他

足に秘密の悩みを持つ眉子は、薬を求めて喧噪の街を訪れた。
閉まっている漢方薬店の前でなにやら怪しい男に出会った眉子は、
「秘密の薬がある」と誘われるがまま男についていってしまう。
うらぶれた路地を通って導かれたのは、すでに閉館した劇場。
イスに座ると、目の前には大きな箱が。半信半疑ながらも男の指示通り
箱に足を入れる眉子。すると、そこにはめくるめく体験が待っていた。

「HIJIKI」
監督:堤幸彦
脚本:三浦有為子
キャスト:佐々木蔵之介 秋山菜津子 高橋愛 氏家恵 他

アパートの一室で食卓を囲み、一心不乱にヒジキを食べている女、妊婦
、少女。同じく座っている男は手をつけようとしない。
すると突然爆音が響き、催涙弾が窓の外から投げ込まれる。
男は警察に追われているのだ。すでに包囲され、捕まるのは時間の
問題と思われる男だが、人質にしている女たちからヒジキを進められ、
身の上話しを聞いているうちに変化が訪れる。

「JUSTICE」
監督:行定勲
脚本:行定勲
キャスト:妻夫木聡 綾瀬はるか 新井浩文 三浦哲郁 福井裕佳梨 他

高校の廊下に響く英語。
ヒアリングの授業中、教師のロバートはポツダム宣言を読んでいる。
詰襟学ランの男子クラス生徒たちはノートに訳を書き取っている。
「平和」、「安全」、「自由」、「民主主義」・・・。
退屈そうにしていた東条は、窓外のグランドの光景に目を奪われた。
そこでは赤、青、緑のカラフルなブルマの体操着を来た女子たちが
ハードルを跳んでいたのだ。東条は、女子たちがブルマに指をかけて
ズレを直す仕草に注目し、机にその回数をカウントしていく。
そしていよいよ、憧れの星さん(綾瀬はるか)の順番が回ってきた。

「ARITA」
監督:岩井俊二
脚本:岩井俊二
キャスト:広末涼子 他

気がついたときには、ありとあらゆる紙の上にARITAが現れていたと
いう女の子。誰のところにも現れるものと信じていたのだが、友達の
ノートにはARITAがいないことを知り、自分のなかの秘密のようにして
22年間を過ごしてきた。そんなある日、ARITAの存在に疑問を持ち
はじめるた彼女は、ARITAのいる紙に火をつけてみる。するとARITAは、
奇声を上げながら部屋中を駆け回るのだった。
公式サイト より)


《 感 想 》


どれも、これぞショートムービーといえる作品ばかりで楽しめました。
なんか観たことあるなと思っていたら、以前テレビで深夜にやって
いたのを思い出しました。(^^; Jam Filmsのシリーズで、やはり
一番総合的に楽しめました。さすが活躍されている監督サンたちの
作品だけあります。

「the messenger −弔いは夜の果てで−」の北村監督はスカイハイの
監督です。観たらすぐわかります。北村一輝サンは、こういう不気味な
影がある役によくハマっていると思います。
「けん玉」 はこの7作品の中で一番好きな作品です。
ショートムービーでありながらも通常と同じくらいの見応えを感じました。
「月とキャベツ」「天国の本屋〜恋火」等の篠原監督の雰囲気が漂う
作品だと思いました。山崎まさよしサン、篠原涼子サンも良かったです。
「Cold Sleep」の飯田監督の作品を見たのはこれが初めてでした。
前半は何が起きるのか?ちょっとワクワクしながら見ていましたが、
後半はちょっと尻すぼみ気味ですが筒井康隆サンがどうにか楽しませて
くれました。
「Pandora -Hong Kong Leg-」望月六郎監督の作品を見たのもの
これが始めてでした。この作品は他と比べてエロチックなムードが
漂う作品だと思います。
「HIJIKI」も面白いです。あの山盛りのひじき。何故ひじき?発想が
奇抜で、俳優サンたちも見事ですが、映画より舞台でやったら面白いの
かな?とも思いました。でもさすがTRICKの堤幸彦監督です。
楽しませてくれました。そういえば昨日のTRICK新作スペシャルを
録画しておいてまだ見ていませんでした。これから見ようっと♪
「JUSTICE」は行定監督の作品で見ていて安心感がありました。
妻夫木サンの悪ガキ役が似合ってました。「69」を思い出しました。
万人うけする楽しい作品だと思います。
「ARITA」は岩井監督ワールド?先日「花とアリス」をみたばかりです。
このARITAもメルヘンでとてもよかったです。

正直なところ、「Cold Sleep」「Pandora -Hong Kong Leg-」の2作品
は見た翌日には、あれ?どんな作品だったかな?と思ってしまいました。
インパクトはあるのですが、印象に残りませんでした。スミマセン


 1日1クリックだけご協力いただけたら嬉しいです♪


>> TOPページに戻る




 Jam Films プレミアムBOX

 Jam Films

 Jam Films 2

 Jam Films S


>> TOPページに戻る










  
 更新情報

  





















(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.