やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 接吻 』 / 日本 映画 邦画
映画史上誰も観たことのない衝撃ラスト。奇跡のヒロインの誕生=小池栄子の驚くべき新境地!
『UNLOVED』『ありがとう』に続く万田邦敏監督の劇場長編映画第3作目。観る者に息をつく暇を与えない程に終始緊張感に包まれた物語は、やがて映画史上例を見ない衝撃的なラストシーンへと疾走する。これは人を愛すること、人に愛されることの中で繰り広げられる男女3人の壮絶なる究極の愛の物語である。日本映画史上に残る傑作の誕生である・・・ 日本映画人気ブログランキング








続きを読む >>


  
 更新情報

  





















『 全然大丈夫 』





映画 『 全然大丈夫 』
[劇場鑑賞]

日本【2008年1月26日公開】[ 上映劇場 ]

監督・脚本:藤田容介
【キャスト】
荒川良々 木村佳乃 岡田義徳
田中直樹 きたろう 伊勢志摩 村杉蝉之介
江口のりこ 小倉一郎 根岸季衣
白石加代子 蟹江敬三

公式サイト


憩いまくりたい人々に贈る、恋のユル騒ぎムービー
勝たないでシアワセになる方法、教えます



(ものがたり)

3勝7敗ぐらいの人生でも、全然大丈夫!

ちょっと愛おしいはみ出し者たちが集まる、どこかの町の小さな古本屋。
そこで繰り広げられるあり得ないほど不器用な3人の男女の恋の行方は・・・!?

古本屋の長男・輝男のビッグな夢は世界一怖いお化け屋敷を作ること!
しかし現実は30歳目前で植木屋のアルバイト。気心の知れたお人好しまじめサ
ラリーマンの幼なじみ・久信の発言が、上から目線に思えてカチンとくることも
。お互い何となく人生の“壁”を感じてこのユルい現状にちょっぴり不安を抱き
始めたある日、強烈に不器用な絵描き・あかりが現れて・・・・・・。
( チラシより ) 日本映画人気ブログランキング



【木村佳乃関連作品】

自由戀愛
自由戀愛

寝ずの番
寝ずの番

蝉しぐれ プレミアム・エディション
蝉しぐれ
















続きを読む >>


  
 更新情報

  





















『 選挙 』


映画 『  選挙 』[公開情報]

2007年:日本・アメリカ 【2007年6月9日公開】[ 上映劇場  ]
監督:想田和弘

【登場人物】
山内和彦 山内さゆり 小泉純一郎 川口順子
石原伸晃 荻原健司 橋本聖子 他

公式サイト




ニッポンの民主主義を大解剖
選挙運動の裏まで見せた史上初のドキュメンタリー

2005年秋、川崎市。
小泉劇場まっただなか、ある男が自民党公認で選挙に立った。
しかし、彼は「日本の政治」についてまだ何も知らなかった。


(解説)

2005年秋、小泉劇場まっただなか。東京で気ままに切手コイン商を営む「山さん」
こと山内和彦(40歳)は、突然自民党に白羽の矢を立てられ、市議会議員選挙に出馬
することになった。

政治家の秘書経験もない山さんは、政治の素人。しかも選挙区は、地縁・血縁のない
川崎市宮前区。落下傘候補だ。「電柱にもおじぎせよ!」を合い言葉に、小泉首相
(当時)元自民党大物議員、地元自民党応援団総出の世にも過酷な「どぶ板選挙」が
はじまった。果たして、山さんは勝てるのか?そして、「ニッポン民主主義」の本質とは?
戦後50年間、ほぼ絶え間なく日本の政治を支配してきた自民党。この巨大政党が
いかに「政治の素人」を「公認候補」に仕立て上げ、選挙戦を展開するのかを観察した。
(チラシより)


やっぱり邦画好き…モバイル!
http://cinemahouga-x.jugem.jp 










  
 更新情報

  





















『 ゼロ・ウーマンR 警視庁0課の女/欲望の代償 』


映画 『  ゼロ・ウーマンR 警視庁0課の女/欲望の代償 』
[公開情報]
2007年:日本 【2007年5月26日公開】[ 上映劇場  ]
監督:藤原健一
脚本:藤原健一 田中貴大
原作:篠原とおる
【キャスト】
三浦敦子 範田紗々 三浦誠己 木庭博光 木村圭作
針生楊志夫 森羅万象 町田政則 葉月螢 粟島瑞丸
山崎栄 森了蔵 吉沢季代 菅野隼士 武藤正人
石井儀一 福田久 ベンジャミン・アイソー
ヌーリ・ナミニ・ダボット 工藤俊作 菅田俊
公式サイト






「Zero WOMAN」シリーズの記事はこちら



この女、治外法権!!

政・官・財の要人たちが次々と殺される中、その影でうごめく凄まじい憎悪と衝撃の過去
0課の女・レイの前に現れた最強の女暗殺者


(ものがたり)

警視庁0(ゼロ)課。警察内部でもその存在を知る者はごく僅かである。捜査のためには
手段は選ばず、殺人さえもいとわない特命非合法捜査機関。唯一所属している0課の女の
コードネームは零(レイ) 主人公・レイは戸籍、履歴もなく社会的に抹消された人間。
万一、捜査中に死亡しても身元不明で処理されてしまう運命にあった。美貌を兼ね備えた
クールな眼差し。天涯孤独な孤高のヒロイン。時には、その豊満な肉体を駆使して犯人を
追い詰めてゆく。
事件の始まりは、政界、官界、財界の要人が次々と殺されていく連続殺人事件だった。
全ての事件には必ず謎の女の影が見え隠れしていた。被害者は、誘惑された挙句に変わり
果てた姿となって発見されていたのだ。警視庁捜査一課のキャリア・早見は、革命思想を
持った過激派の犯行と踏んで捜査 の陣頭指揮を執っていてのだが、現場には常にレイの
姿が・・・ レイにあからさまな不信感と疑念を持ち、0課についても調べ始める早見。
聞き込み、資料調べを反目しあいながらも行動を共にしてしまうレイと早見。二人は、
無意識のうちに惹かれ合ってゆく・・・・・
謎の女暗殺者・ユキは次のターゲットを狙っていた。自分を邪魔するものは全てが敵。
それが、たとえ刑事でも殺す。やがて捜査は大詰めを迎え、過激派のアジトに迫る
レイと早見。レイの命がけの囮捜査によって真犯人にたどり着く一歩手前で、レイを
かばった早見が銃弾に倒れる。壮絶な殉職であった。早見の墓前で、復讐の炎と化す
レイ。怨念のような狂気で殺人を重ねるユキの本当の目的とは何か・・・・・
過激派の一味というのは彼女の仮の姿であり、その裏側に隠された衝撃の過去が次第に
解き明かされてゆく・・・・・。
(チラシより)










  
 更新情報

  





















『 Zero WOMAN 』 シリーズ




“0課”とは警察表立って関与できないダーティーな仕事を行う“裏警察”のこと。
主人公の女刑事レイは育ての親でもある0課課長・武藤のもと日夜、危険任務に身体を
張り、やがて警察という名の巨悪を相手に捨て身の闘いに身を投じてゆく・・・・。


Zero WOMAN〜警視庁0課の女〜『 Zero WOMAN〜警視庁0課の女〜 』
1995年:日本[マイコレクション]
監督:榎戸耕史
原作:篠原とおる
【キャスト】
飯島直子 西岡徳馬 寺田農 高杉亘
浜田晃 鈴木美穂 ポール牧 大仁田厚


殺しのために、生まれてきた。



Zero WOMAN供膳抻訥0課の女〜『 Zero WOMAN供膳抻訥0課の女〜 』
1995年:日本[マイコレクション]
監督:後藤大輔
原作:篠原とおる
脚本:橋場千晶 後藤大輔
【キャスト】
小沢なつき 西岡徳馬 菊地孝典
岩間さおり ケイン・コスギ 団時朗

殺しが曝す、女の素顔



Zero WOMAN掘膳抻訥0課の女〜『 Zero WOMAN掘膳抻訥0課の女〜 』
1996年:日本[マイコレクション]
監督:桑原昌英
原作:篠原とおる
脚本:井上誠吾 桑原昌英
【キャスト】
武田久美子 松田圭司 神乃毬絵
西奈真理 団時朗 西岡徳馬

ドンナニ殺シテモ、自由ニナレナイ



Zero WOMAN 名前のない女『 Zero WOMAN 名前のない女 』
1996年:日本[マイコレクション]
監督:後藤大輔
原作:篠原とおる
脚本:本調有香
【キャスト】
立原麻衣 山下真司 九十九一 北川悠仁
井上彩名 渡辺哲 新藤栄作

自分ヨリ正直ニナレル、殺シノ瞬間



Zero WOMAN 消せない記憶『 Zero WOMAN 消せない記憶 』
1997年:日本[マイコレクション]
監督:吉村典久
原作:篠原とおる
脚本:吉村典久 山永明子 太田隆文
【キャスト】
大野幹代  隆大介 田中玲那
長沢一樹 渡辺航 藤原喜明

銃声で謳う鎮魂歌



Zero WOMAN 危ない遊戯『 Zero WOMAN 危ない遊戯 』
1998年:日本[マイコレクション]
監督:高原秀和
原作:篠原とおる
脚本:高原秀和 高橋美幸 金田敬
【キャスト】
白鳥智恵子 隆大介 松田いちほ
宮崎光倫 宮脇康之

ようこそ、野獣たちの晩餐会へ



Zero WOMAN 最後の指令『 Zero WOMAN 最後の指令 』
1998年:日本[マイコレクション]
監督:祭主恭嗣
原作:篠原とおる
脚本:金子弦二郎
【キャスト】
小野砂織 小木茂光 江口尚
南部虎弾 稲宮誠 マック後藤

0×0=0 それは、ゼロの方程式。








続きを読む >>


  
 更新情報

  





















(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.