やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『ポセイドン』と『LIMIT OF LOVE 海猿』は似ている?
 公式サイト


映画 『 ポセイドン  』[試写会鑑賞


2006年:アメリカ 【6月3日ロードショー】[上映劇場 ]


監 督:ウォルフガング・ペーターゼン
脚 本:マーク・プロトセヴィッチ 
原 作:ポール・ギャリコ 





[ キャスト ]
 
カート・ラッセル
ジョシュ・ルーカス 
ジャシンダ・バレット 
リチャード・ドレイファス 
ジミー・ベネット 
エミー・ロッサム 
マイク・ヴォーゲル 
ミア・マエストロ 
アンドレ・ブラウアー
ケヴィン・ディロン 
フレディ・ロドリゲス 
カーク・B・R・ウォーラー 
ステイシー・ファーガソン 
ケリー・マクネア


大晦日の夜。北大西洋を航行中の豪華客船“ポセイドン号”。広大なボール・ルームには大半の乗客が集まり、ニューイヤー・イブの祝宴が華やかに催されていた。ところが、今まさに新年を迎えようとしたその瞬間、巨大な波がポセイドン号を襲い、船は瞬く間に船底を上に向けて完全に転覆してしまうのだった。4000人の乗客の多くが一瞬にして命を失う。天地逆転したボール・ルームに残るわずか数百名の生存者たち。船長は救助が来るまでこの場に止まるよう全員に命じる。しかし、プロのギャンブラー、ディランは自らの直感を信じ、一人脱出を企てる。一方、前NY市長のロバートも、別の場所にいる娘ジェニファーを捜すため、ディランと行動を共にするのだったが…。
(allcinemaonlineより)




『ポセイドン』と『LIMIT OF LOVE 海猿』は似ている…かな?

先日「ポセイドン」の試写会に行ってきました。邦画好き…としては「LIMIT OF LOVE 海猿」を見ていたので、“沈没”、“脱出”物として、どうしても比較しながら見てしまいました。
結論的に「LIMIT OF LOVE 海猿」の方が好みでした。
「ポセイドン」を見ていて決定的に物足りなさを感じたのが、ドラマ性が薄いと感じました。海猿を見ていなければもう少し良く思えたかもしれませんが人間ドラマとしては「LIMIT OF LOVE 海猿」の方が遥かに上だと思います。でもオリジナルの「ポセイドン・アドベンチャー」を見ていないので、そう感じるのかも知れませんが、、「ポセイドン」も「海猿」も脱出劇に関して似ているように思えます。そこで「ポセイドン」は「ポセイドン・アドベンチャー」をけん制しちゃったのかな?とも思えます。何か違いを出したかったのかな?と…。「LIMITO OF LOVE 海猿」は邦画として思い切ってドラマ性を全面に出していたのが感動を呼んだのではないかとも感じます。
とはいうものの「ポセイドン」がまったく楽しめないわけではないと思います。転覆するシーン、脱出するシーンなど邦画ではとても表現できないと思えるほどの迫力があります。そして面白みは、全て逆さまになった船内を脱出するのは見応えありますし、ただ突き進むのではなくフラッシュ・ファイヤーなどに用心しながら進んでいくシーンはとても勉強?にもなりました。
ドラマ性も、まったくないわけではないので、上映が終わった後、後ろ歩いていた人の口から「感動したぁ〜」などというセリフもでていた位です。

ところで、船からの脱出ってやっぱり似てしまうのでしょうかね…













  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 00:37 | - | - | - |
コメント
from: honu   2006/05/22 7:38 AM
こんにちは!
『ポセイドン』『LIMIT OF LOVE』はどちらも船からの脱出っということで、作品の内容も似ていれば、観ている私のリアクションも同じ(~_~;)
息を止め、身体に力を入れ・・・(苦笑)

映像の迫力は申し分なかったので、人間ドラマをもう少し描いてくれていれば、更に面白い作品になったと思う。
それがちょっと残念。
from: papa   2006/05/23 2:24 PM
はじめまして。
先週、ついに!“海猿”観に行ってきました。
邦画なんて…と、思っていた私ですが、涙・涙の2時間でした!
なかなか、邦画も捨てたもんじゃないな、と。(笑)
次は、松子のなんとか…とか、ってやつを狙ってます。
映画って、やっぱり、おもしろいですよね。
また、おじゃまします。
from: tacoss   2006/05/24 7:22 AM
リアルさを追求するのか、ドラマ性をを重視するのかで分かれるのでしょうか。たまたま、ポセイドンの試写会が当たったので、珍しく洋画を見に行ったのですが、映像と音に思いっきり引き込まれました。もうスクリーンに目が釘付けでした。
私的にはポセイドンに軍配が上がったかなぁ
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/05/27 1:16 AM
コメントありがとうございます。

> honu 様へ

どちらも手に汗握りますね。ポセイドンは迫力ありました。
割り切ってみれば、これはこれで充分楽しめますね!

> papa 様へ

邦画も当たり外れというか、自分の好みに合うか合わないかが大きいですけどね(^^;
本日から嫌われ松子の一生が公開されますね!こちらも楽しみですね。

> tacoss 様へ

仰る通りですね。
プレミアでご覧になられたんですね!
迫力はポセイドンに軍配ですね(^^)


from: こっちゃん   2006/05/27 10:45 AM
お返事遅くなってゴメンなさ〜い
今週もテンパっております Ψ( ̄∀ ̄)Ψ

ドラマ的にはあちこちで物足りないというカンジの感想を目にしますね。
どちらがドラマとして好きか?と聞かれれば、
やっぱり「海猿」に軍配が上がるでしょうねぇ。

ポセイドンは迫力が勝負ですね!
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/05/31 2:45 AM
コメントありがとうございます。

私もテンパりながら、どうにか記事をUPしている次第です(^^;

私の場合、邦画好きなので、やはり「海猿」ってことになってしまいますが、やはり迫力はポセイドンですよね(^^)
さかさまぁ〜
from: たいむ   2006/06/06 6:10 PM
こんはんば。

>結論的に「LIMIT OF LOVE 海猿」の方が好みでした
私も「海猿」に軍配です。
人間ドラマを書くにはちょっと時間が足りないかんじですね。
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/06/13 4:07 AM
コメントありがとうございます。

> たいむ 様へ

人間ドラマ部をバサっと削ったみたいですね。
でも逆にパニック部に集中できました。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
72年、ジーン・ハックマン主演で制作されて大ヒットした『ポセイドン・アドベンチャー』のリメイク。 CG技術が発達したおかげで、映像の迫力はオリジナルを遥かに凌いでいる 華やかだった船内が一瞬のうちに大勢の悲鳴の声と共に修羅場と化すシーンは、圧巻。
honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 | 2006/05/22 7:45 AM
昨日、日本武道館での ジャパンプレミア試写会があたり、鑑賞 すごいね 日本武道館での試写会となると 6500人も入るのね! 運良くアリーナの真ん中のあたりの席に座れたので とても良かった! 2階席のはじっことか楽しめそうにないもの・・・ で、感
ドリアンいいたい放題 | 2006/05/24 7:23 AM
ポセイドン 試写会@九段会館 「今を楽しめ」 意外と短く98分。人喰い鮫もゾンビもエイリアンもでなくて(当たり前だ)、迫りくるはただの海水。でもそれでこんなにハラハラするとは〜 72年版は全く記憶にないので比べられませんが、リメイクでどっか新しくなっ
駒吉の日記 | 2006/05/25 1:33 PM
試写会で、出演:カート・ラッセル/ジョシュ・ルーカス/ジャシンダ・バレット/リチャード・ドレイファス/ジミー・ベネット/エミー・ロッサム/マイク・ヴォーゲル/ミア・マエストロ/アンドレ・ブラウアー/ケヴィン・ディロン/フレディ・ロドリゲス/カーク・B・R・ウォ
Rohi-ta_site.com | 2006/05/25 5:50 PM
全米でも 「ダビンチコード」の前に大ヒットした 1972年「ポセイドンアドベンチャー」の リメイク作品「ポセイドン」の試写会に行ってきました。 はっきり言って 「ダビンチコード」よりも 迫力があり面白かったですよ。 あまり人間ドラマを中心にした 作品ではな
bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ | 2006/05/26 2:49 AM
映画『ポセイドン』の試写会に行った。 豪華客船のパニックものといえばどうしても
いもロックフェスティバル | 2006/05/26 8:03 AM
? どうもこんにちは     昨日の外出時間10分にもかかわらず   本日ほっぺが赤いです くずさん並です コオです         この日光に対して100%従順なお肌   どーにかならないんでしょうか どーにもならないですね     凄腕の皮膚科医の
オトメになりたくて | 2006/05/26 10:39 AM
いやー、気持ちいいくらいにパニック映画でした!!  タイタニックが嫌いな私にはこういうののほうがいい。  人物の背後関係も津波のわけも ばっさりと斬捨御免! あっという間に転覆して4000人の乗客が数百人まで減ってしまうんです。 ムスカがいたらきっと
色即是空日記+α | 2006/05/26 11:11 PM
リメイクと書いていますが、 ポセイドンという豪華客船の舞台と、 逆さになった船からの脱出劇という設定だけが同じで、 登場人物の設定も、脱出方法も違っていますので、 ある意味別の作品と考えるのが正しいかもしれませんね。
しんのすけの イッツマイライフ | 2006/05/26 11:52 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006/05/27 1:54 AM
子:「お父さん、見て、見て!向こうから新年の波がやってくるよッ!」 父:「バカタレ!あれは津波じゃ!」 そんな微笑ましい会話が、親子の間で、転覆寸前に交わされたとか、交わされないとか?・・・いや、交わされなかったんですけどね、実際... ←あほか! そ
こっちゃんと映画をみまちょ♪ | 2006/05/27 10:40 AM
タイトル ポセイドン ---感想--- 1972年に公開された『ポセイドン・アドベンチャー』を『エアフォース・ワン』のウォルフガング・ペーターゼンがリメイク。奇しくも、同じく海難事故を扱った『LIMIT OF LOVE 海猿』と同じ時期の公開となった。もっとも、『ポセイドン
勝手に映画評 | 2006/05/27 11:10 PM
『POSEIDON』公開:2006/06/03(05/27)監督: ウォルフガング・ペーターゼン出演: カート・ラッセル、ジョシュ・ルーカス、ジャシンダ・バレット、リチャード・ドレイファス、ジミー・ベネット、エミー・ロッサム、マイク・ヴォーゲル、ミア・マエストロ 大晦日の夜
映画鑑賞★日記・・・ | 2006/05/28 1:20 AM
 逆さまになっても上からモノが落ちてくるんですよ! 
ネタバレ映画館 | 2006/05/28 3:40 AM
プロデューサーのアーウィン・アレンとロナルド・ニーム監督が1972年に世に送り出した「ポセイドン・アドベンチャー」は、低予算のアメリカンニューシネマがハリウッドを席巻する中、
ノラネコの呑んで観るシネマ | 2006/05/28 2:45 PM
 今年40本目(映画館での干渉のみカウント)は、僕が映画好きになったきっかけの1つであるポセイドンアドベンチャーのリメイク版ポセイドンを先行ロードショーで見てきました。
よしなしごと | 2006/05/29 10:39 PM
2006年5月13日鑑賞Tagline: Mayday... ストーリー全長337m、全高は68mで、20階建てに相当し、800の客室を有し、約2600名の乗客、1500名の乗員を収容できる世界最
アリゾナ映画ログ | 2006/06/03 7:38 AM
身を固くして画面に見入る水難災害体験映画!
Akira's VOICE | 2006/06/03 5:17 PM
 アメリカ   パニック&アドベンチャー&サスペンス  監督:ウォルフガング・ペーターゼン  出演:カート・ラッセル      ジョシュ・ルーカス      ジャシンダ・バレット      リチャード・ドレイファス 大晦日の夜。北大西洋を航行中の豪華
Saturday In The Park | 2006/06/04 12:38 AM
監督:ウォルフガング・ペーターゼン 出演:ジョシュ・ルーカス、カート・ラッセル、その他 大晦日の晩、超豪華客船ポセイドン号では新年を迎える為の盛大なパーティーが催されていた。自分の腕を信じるプロのギャンブラー。娘と恋人との姿に苛立ちを隠せない元市長
いつかのダイアリー | 2006/06/04 2:56 AM
2006年31本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「トロイ」「パーフェクト ストーム」のウォルフガング・ペーターゼン監督作品。72年に製作されたパニック映画の金字塔「ポセイドン・アドベンチャー」を、最新の映像技術を駆使してリメイクしたスペクタ
しょうちゃんの映画ブログ | 2006/06/04 12:09 PM
大晦日の夜 転覆した<ポセイドン号> その決断、 その一歩、 その一息が、 最後かもしれない。 その瞬間、運命もさかさまに転覆し始める。
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/06/06 8:57 AM
”海猿”の勝ち(笑)。八方塞がりでの船内における生死を掛けた脱出劇としても、人間ドラマとしても。(以下ネタばれあり) なんでただの「ポセイドン」かなぁー、などと思ってしまった。どうみても「ポセイドン・アドベンチャー」のほうがしっくりくる内
たいむのひとりごと | 2006/06/06 6:07 PM
今年60本目の映画です。 『パーフェクト・ストーム』の監督さんだからあのような結末になってしまったらどうしようってドキドキしながら98分間映画を楽しむことが出来ました。ただのB級パニック映画にちょっと豪華キャスティングというような感覚で見れたのでかな
Alice in Wonderland | 2006/06/08 3:54 PM
豪華客船が大波を受けて転覆した時の様子を描いた作品です。
水曜日のシネマ日記 | 2006/06/11 8:34 AM
『ポセイドン』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 大晦日の夜。北大西洋を航行中の豪華客船“ポセイドン号”に巨大な波が押し寄せ船体が180度転覆の危機に。生存者達は船内に残る者と、混乱する船内で出口を探すサバイバルに向かう者達と別れる事に
映画と秋葉原とネット小遣いと日記 | 2006/06/11 11:16 AM
ポセイドン観てきました。 海猿に続く船モノのパニック映画。 これがポセイドン号 近代的な客船だね。 外観は全てCGを使用しているらしく、オープニングシーンでは、実写では不可能であろうカメラワークをみせてくれる。 そしてこの船が、巨大な波におそわ
ナイス旦那日記 | 2006/06/12 12:51 AM
  先週の土曜日に観た映画の2本目の紹介です。 『ポセイドン』 監督:ウォルフ
cinemaclub-blog | 2006/06/14 12:23 AM
オリジナル版1970年代のディザスター・ムービーの代表「ポセイドン・アドベンチャー」は数年前に自宅鑑賞して独り大いに盛り上がった。 今回のリメイク、これまたなかなかに心拍数の上がりっぱなしの・・個人的に表現するなら‘しょんべん手パニクリサバイバル映画’だ
雑板屋 | 2006/06/14 3:02 AM
見たい映画が溜まってきたので一挙3本見てきました。 これは2本目。 (招待券も溜まってたので2本は無料です) むかーーーし、テレビで見た事のある「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイク。 パニック映画なんだろうけど、CG技術が超進歩したので・・・ 迫
ひらりん的映画ブログ | 2006/06/14 3:28 AM
オリジナル「ポセイドン・アドベンチャー」が1972年製作 だからもう34年前になりますね。 僕の生まれた年に出来たというのが、何か不思議だ。 でも、オリジナル版を見ていないので、何も言えないんですね。 DVDで安く出てますが、やはり映画館で見てなんぼの
Osaka-cinema-cafe | 2006/06/14 11:50 PM
72年に製作されたパニック映画の金字塔「ポセイドン・アドベンチャー」を最新の映像技術を駆使してリメイクしたパニック超大作。 出演は「バックドラフト」「スカイ・ハイ」のカート・ラッセル、「ウォルター少年と、夏の休日」「ステルス」のジョシュ・ルーカス、「炎
Imagination From The Other Side | 2006/06/15 8:39 PM
『ポセイドン』原題;ThePoseidon制作データ;2006米/WB ジャンル;パニック 上映時間;98 監督;ウォルフガング・ペーターゼン出演;ジョシュ・ルーカス/カート・ラッセル/エミー・ロッサム/マイク・ヴォーゲル観賞劇場:6/14(水)ピカデリー1◆STORY◆大晦日の夜
ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ | 2006/06/19 11:33 AM
「ポセイドン」★★★ ジョシュ・ルーカス、カート・ラッセル、エミー・ロッサム主演 ウォルフガング・ペーターゼン 監督、アメリカ、2006年 あんな大津波が来るのが何故分からなかったんだろう、 まあ、昔はそうだったんだろうな。 そんなふうに設定を飲み込
soramove | 2006/06/21 9:22 PM
 私事で恐縮ですが、自分が十代の頃ロードショーで観た作品が3本たてつづけにリメイクされます。この作品と『日本沈没』、そして『犬神家の一族』。
シネクリシェ | 2006/06/23 7:11 AM
2006年6月3日公開  何故か知らないけど海の映画が大好き!なウォルフガング・ペーターゼン監督、「Uボート」「パーフェクト・ストーム」に続き、1972年公開の名作をリメイクした本作でついに”海の三部作”完成!( ̄▽ ̄
金言豆のブログ ・・・映画、本について | 2006/06/23 10:16 PM
監督:ウォルフガング・ペーターゼン 出演:カート・ラッセル、ジョシュ・ルーカス、ジャシンダ・バレット、リチャード・ドレイファス、ジミー・ベネット、エミー・ロッサム 評価:80点 公式サイト (ネタバレあります) 972年製作「ポセイ
デコ親父はいつも減量中 | 2006/06/25 9:48 AM
豪華客船に乗って年越しパーティーちょうどカウントダウンの時船が 巨大波に襲われて・・・これって リメイク??確か似たような映画がむか〜しあったような・・・
めざせイイ女! | 2006/07/09 3:51 PM
ポセイドン 2006年  ウォルフガング・ペーターゼン 監督カート・ラッセル 、ジョシュ・ルーカス 、ジャシンダ・バレット 、リチャード・ドレイファス 、ジミー・ベネット 申し訳ございません。 お見それいたしました、、、http://yaplog.jp/eigahiromi/archiv
猫姫じゃ | 2006/07/11 5:16 PM
はい、これももうやってないですよね・・・。 だいぶさぼっちゃったな~^^; 監督  ウォルフガング・ペーターゼン 出演  カート・ラッセル  ジョシュ・ルーカス  ジャシンダ・バレット            リチャード・ドレイファス  ジミー・ベ
PLANET OF THE BLUE | 2006/08/10 9:21 AM
パニック映画は大好きです。 オリジナルに有った、深い人間ドラマは潔くカット。 それが功を奏したと思います。 妄想感想いきます。
オイラの妄想感想日記 | 2006/08/16 7:11 PM
1972年、ジーン・ハックマン主演の「ポセイドン・アドベンチャー 」を ウォルフガング・ペーターゼンがリメイク。 本当は映画館で観たかった。(T^T) DVDで鑑賞。 大みそかの夜。 北大西洋を航海中の豪華客船ポセイドン号ではカウントダウン・パーティの真っ最
映画、言いたい放題! | 2006/10/11 2:02 AM
評価:★6点(満点10点) 2006年 98min   監督:ウォルフガング・ペーターゼン 主演:カート・ラッセル ジョシュ・ルーカス ジャシンダ・バレット     エミー・ロッサム 北大西洋の真ん中で大勢の乗客を乗せた豪華客船が、異常ともい
Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2006/10/13 12:17 AM
河川や湖、そして海岸周辺で起きる水辺の事故などに対応するのが消防の水難救助隊です。水難救助隊で専任隊として配置されている隊はほとんどなく、多くが救助隊との兼任となっています。水難事故の際に、専用の水難救助資機材や救助艇(消防艇)を用いて人命救助を行な
東京消防庁を目指す!!消防官への道 | 2006/12/06 1:39 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/27 4:59 AM
原題:Poseidon 「ポセイドン・アドベンチャー」からアドベンチャーを取ったら!?・・どちらかといえば1972年当時のCGに較べ格段に進歩したVFX技術をみせる映画みたい・・ 豪華客船ポセイドン号でのニューイヤーパーティーのさなか、異常波浪(
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/06/13 12:56 AM
 




(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.