やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 天使の卵 』
映画 『  天使の卵 』  [劇場鑑賞]

2006年:日本 【2006年10月21日公開】[ 上映劇場  ]

監督:冨樫森 脚本:今井雅子 原作:村山由佳

【キャスト】

市原隼人 小西真奈美 沢尻エリカ 戸田恵子 北村想 三浦友和


公式サイト







ぼくは、ちゃんと愛せていましたか?




(ものがたり)

何があっても、僕が守り抜く、この腕で・・・
歩太19歳、春妃27歳 その恋は、美しすぎて、悲しすぎた



そのひとの横顔はあまりにも清冽で、凛としたたたずまいに満ちていた・・・

19歳の歩太と27歳の春妃。

ときに迷い、ときに傷つきながら、愛を深めていくふたり。
だが幸福な季節(とき)はあまりにも美しく、短すぎた・・・。
不器用だけど、どこまでもピュアだった愛。愛する人を亡くした喪失感。
遺された者たちが、抱えきれぬほどの絶望や後悔を抱きながらも、
希望を見出すまでの魂の軌跡をリアルに、そしてファンタジックに
描き出した青春映画・・・。
(チラシより)



【 感 想 】

実は試写会が当たっていたのですが、虹の女神とかぶってしまい、天使の卵は初日の
指定券を取ることができたので、試写会はパスしました。

ということで初日、富樫森監督、市原隼人さん、小西真奈美さん、沢尻エリカさんの
舞台挨拶がありました。私にとって初めて見る方ばかり、貴重な体験です。

ちょっと頭が弱そうでいて、あかぬけなく、田舎のあんちゃんっぽくて、でも
どこか憎めなくて、純粋で、まっすぐな青年。そんな役は市原隼人さんにぴったりですね。
この「天使の卵」に限らず「虹の女神」でもそんな役柄です。
小西真奈美さんはどこか影がある女性、それもはっきりとした影でなくすこしぼやけてる
そんな影には淡い光がさしている。そういう美しさを漂わせている雰囲気がとても
良かったです。
沢尻エリカさんは、今年は色んな役にチャレンジしている感じがします。「オトシモノ」
「手紙」「シュガー&スパイス」、そして「天使の卵」。この秋出演の4本の中では
私は「天使の卵」の夏妃が一番良かったと思います。

物語としては、見ている私の心の奥には無理に入ってこようとせず、一歩引いた感じが
しました。この距離間がなんとなく心地よい映画でした。突き刺さすようなこともせず
でも、しっかりひっそり心のどこかに入っている感じです。

最近のラブストーリーって女性が積極的な話が多いような気がします。この映画では
夏妃が歩太に対してとても積極的です。でもその積極性が憎めなく可愛いです。

男の子はどちらかというと鈍感。そんでもってもしかしたら目の前に幸せがあるかも
しれないのに、違う方を求めてしまう。そういう話です。

そして、この映画の切ないところは、大切な人を守ってあげられない、助けて
あげられないことに対して苦しむ姿を描いているところです。主人公3人の苦しみが
絡み合っています。

そういう切ない、辛い感情と恋心に、もみじの風景が実に美しいです。オープニングの
タイトルバックから、もみじが描かれています。このもみじがひとつの重要アイテムに
なっているのではないでしょうか?色々なシーンで使われていました。特に印象に残る
シーンは小西さんがもみじまみれになるシーンは印象的でした。

物語自体深く掘り下げていないのですし、監督のコメントでも多くの原作ファンを
満足させられることはできない、空気感を大切にしたいとコメントがありました。

私は「天使の卵」の空気感は好きです。




ドラマ 『天使の梯子(てんしのはしご)』

2006年10月22日 テレビ朝日



恋をした、あの時のお姉ちゃんのように…。

輸入食器ブランドに勤める斉藤夏姫(=なつき ミムラ)は10年前、最愛の姉・春妃(はるひ)を
失い、初恋の相手・歩太の人生をも変えてしまった、つらい過去を持っている。
このときから夏姫は、重い十字架を背負って生きるようになった。自分のせいで姉は
死んだのではないか、歩太を壊してしまったのではないかという罪悪感に常にさいなまれ
てきたのだ。

あれから10年…。夏姫は仕事をこなし、恋人もつくり、一見、自由に生きているように
ふるまっていた。過去の失恋や姉の死に縛られていないように、わざと見せかけていた
のだ。
そんなある日、夏姫は教師時代の教え子・慎一(渡部豪太)と再会する。
慎一は8歳年下の大学生。8歳下、といえば、亡くなった姉とかつての恋人と同じ
年齢差だった。夏姫の心に無性に当時の切なさがよみがえるが、そんなことは知らない
慎一は「本気で俺のことを好きになってほしい。夏姫さんにふさわしい頼りがいのある
男になるから」と、一途に情熱をぶつけてくる。
だが実は、慎一には、1年ほどつきあっていた彼女がいた。同じ大学に通う、由里だ。
慎一から別れを告げられても納得できない由里は、夏姫に「許さない」とくってかかる。
そんな由里に、夏姫は10年前の自分の姿を重ね合わせてしまう。
そんな中、夏姫は春妃が亡くなって以降、人物画を描かなくなった歩太に人物を描かせようとしはじめる。
歩太という男の影に感づいた慎一は、次第に猜疑心にさいなまれ、2人はすれ違ってしまうが…!?
(公式サイトより)

【 感 想 】

「天使の卵」の続編ということで10年後の歩太と夏妃の物語です。
ドラマ版ということで、物語は映画と違い、明確に表現されていて理解しやすいです。
そしてふんだんに映画でのシーンが回想シーンとして使われていました。
映画を見ていなくてもある程度、いきさつがわかるような構成になっていると思います。
ドラマをみたら、もう1度「天使の卵」を見たくなりました。やはり回想シーンで映画の
シーンを使ったのは戦術なんでしょうか?(笑)

私はドラマ「天使の梯子」に関しては、イマイチ感はありました。これはどうしても
「天使の卵」を見た後で、雰囲気を味わった者からすると、やっぱりドラマだよなぁって
感じです。物語は悪いとは思いません。それとどうしても回想シーンで映画のキモと
なるシーンを使いすぎているのが映画に対して○印の私からするともったいないと
思います。どちらかというとじっくり暖めて映画で続編を作って欲しかったです。

















  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 05:19 | - | - | - |
コメント
from: あんぱんち   2006/10/21 8:24 PM
同じ会場で見たのでしょうか?(笑)
監督の言う空気感が伝わってきませんでした。
市原の演技だけで拒否反応が・・・
「虹の女神」も黄色信号点滅かなぁ・・・
あさって観る「手紙」に期待したいです。
from: miyu   2006/10/21 9:25 PM
あたしも邦画好きさんのように優しい目で
観れたら良かったんですけどね〜(^-^;
確かに雰囲気は良かったと思います。
キャスティングにも違和感はなかったですし、
それが監督のおっしゃる空気感なのでしょうか。
だとしたらそれを感じ取る事は出来たようなのですが、
物語をちゃんと理解する事は出来なかった気もします。
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/10/22 11:43 AM
コメントありがとうございます。
■あんぱんちさんへ
体質的に会わない映画、俳優さんっていますよね(笑)
同じ会場だったかも(^^)

■miyuさんへ
私は、甘甘なんで(笑)あてにならない感想です(^^;
多分一般的にはmiyuさんの感想と同じ方がほとんどだと思います。

言葉で表現できない感覚ってそれぞれ違いますしね(^^)
from: サトウノリコ   2006/10/23 12:34 PM
私はこの作品の空気感は大好きですね。
小西さんと沢尻さんのお芝居がすごく良かったです。
これから原作読もうと思ってます。
原作を知っている方とは、
また見方も違うのでしょうね。
最後に出てきた”絵”が凄く素敵でしたね^^
TBさせて頂きます。
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/10/24 5:46 AM
■サトウノリコさまへ♪
コメントありがとうございます。
サトウさんも空気感良かったですか!(^^)
お二人の演技良かったですね!
そうですね、この映画、絵がとても素敵な映画だと思いました(^^)
from: miyu   2006/10/24 9:17 PM
あたしもドラマ観ちゃいました(^-^;
映画イマイチでした〜とか言いながら
ついついチェックしてしまいましたヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
確かに映画のシーン使い過ぎですよね?
邦画好きさんのようにもう1度観たい!
とか観てみよう!って思う人もいるかもしれないけど、
もう充分!って思われちゃうんじゃないかしら?
と他人事ながら心配になっちゃいました(´▽`*)アハハ
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/10/25 3:23 AM
■miyuさまへ
コメントありがとうございます。
miyuさんもご覧になられたんですね!
その気持ちよくわかります(笑)

映画のシーンは使いすぎですね。
なんだか映画を見にいかなくてもイイよって
いってるみたいでした(笑)
でも多分、ドラマを先にみた方に映画も見たいと
思わせたかったのかも知れませんね。

コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
市原隼人(いちはら はやと、イチハラハヤト、生年月日1987年2月6日)は、神奈川県出身で、芸能事務所スターダストプロモーション所属の俳優です。現在は、映画やドラマに出演して大活躍です。ここでは市原隼人の情報について紹介していきます。
男性芸能人 アイドル 俳優 タレントを紹介します | 2006/09/20 4:58 PM
今日も1人で舞台挨拶。。。今回の獲物wは『天使の卵』まぁ〜戸田さんが出てるから見たいと思ってた訳で(爆)ぐびなま(ぉぃ 生・小西真奈美は「UDON」(ココ)、生・沢尻エリカは「シュガー&スパイス」(ココ)、以来のともに2回目。あさっての「手紙」で沢尻エリ
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2006/10/21 8:13 PM
 『ぼくは、ちゃんと愛せていましたか?』  コチラの「天使の卵」は、10/21公開の村山由佳さんの同名ベストセラー小説「天使の卵 エンジェルス・エッグ」の映画化なんですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ〜♪  かわいらしいコニタンが、自らこの映画を結構気に
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2006/10/21 9:14 PM
秋の沢尻エリカシリーズ 第2弾 といっても この作品の主演は 小西真奈美さん、市原隼人さんです。 「フラガール」で感動した方 お次は 「天使の卵」ですよ。 原作は直木賞作家の村山由佳さん 発売以来ミリオンセラーを 達成しています。 一本槍歩太(市原隼人)と
bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ | 2006/10/22 6:24 PM
「天使の卵」は村上由佳さんの原作「天使の卵」を映画化した作品で、19歳の彼と27歳の彼女との愛した短い日々が綴られている。22日放送の「天使の梯子」と連動しているだけに注目作品だし、何より8歳の年齢差とこの恋愛について心理分析してみたい作品となった。
オールマイティにコメンテート | 2006/10/22 8:16 PM
「無茶苦茶切ない小説を書きたい。」とは、この作品の作者である 村山 由佳が語った言葉ですが、この作品、無茶苦茶どころか、死ぬ程切ない…、そんなラヴストーリーです。 私の大好きな作家さんの大好きな作品の一つがこの『天使の卵』です。 よく恋愛を例えて、燃え
Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐ | 2006/10/22 8:47 PM
      天使の卵(2006年、松竹) http://www.tentama.jp/ 監督:富樫森  原作:村山由佳 出演:市原隼人、小西真奈美、沢尻エリカ、戸田恵子、三浦友和、他          美大を目指し浪人中の19歳の歩太と大学生の夏姫はつき合っていた。 だ
ライターへの道〜私の観るもの、感じる事を伝えたい!〜 | 2006/10/23 12:26 PM
http://www.tentama.jp/原作山村由佳山村由佳さんはおいしいコーヒーのいれ方のシリーズで知りました。当時ジャンプコミックスの文庫化があったころ赤いカバーでイラストいりでした。そのイラストが今回の天使の卵で出
勝弘ブログ | 2006/10/24 2:27 AM
美大を目指す青年と美人姉妹の恋愛物語です。
水曜日のシネマ日記 | 2006/10/24 4:07 PM
何があっても、僕が守り抜く、この腕で・・・ 歩太19歳、春妃27歳 その恋は、美しすぎて、悲しすぎた・・・ ぼくは、ちゃんと愛せていましたか?
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/10/25 8:51 PM
さて、21日の映画ハシゴ観、「シネマヴィレッジ8」で、「銀河鉄道の夜」を観てから
欧風 | 2006/10/26 6:52 AM
さて、21日から公開されてる「天使の卵」についての感想を書きましたが、22日夜9時から、テレビ朝日系で続編である
欧風 | 2006/10/26 7:02 AM
10月に公開される村上由佳原作の「天使の卵」の試写。監督は冨樫森。出演は市原隼人、小西真奈美、沢尻エリカほか。見終わったあとに、影も形も残らない。かげろうのような映画だった。映画化するには、あまりにもハードルが高い原作だったのではないだろうか、「天使の
やまたくの音吐朗々Diary | 2006/10/27 10:57 AM
出演 市原隼人、小西真奈美、沢尻エリカ ほか 映画の内容は こちらを どうぞ 最
いろいろと | 2006/10/28 1:35 AM
満 足 度:★★★★        (★×10=満点)  監  督:冨樫森 キャスト:市原隼人       小西真奈美       沢尻エリカ       戸田恵子       北村想       鈴木一真 、他 ■ストーリー■  歩太
★試写会中毒★ | 2006/11/04 1:33 PM
「天使の卵」. 「UDON」を見に行ったとき,上映前の予告編で流れていて,強く印象に残っていた映画だ 一本槍歩太(いっぽんやりあゆた:市原隼人)は,夏姫(なつき:沢尻エリカ)という彼女がいる,美術大学志望の浪人生. しかしある日,満員電車で出会った女性の
オレメデア | 2006/11/10 10:53 AM
天使の卵公開中ストーリー ☆☆☆映画の作り方☆☆☆総合評価  ☆☆☆ 近くにいた
シネマ de ぽん! | 2006/11/13 10:01 AM
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
tenuate online | 2006/12/11 6:14 PM
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
muzoboz0140 | 2007/01/10 3:13 AM
天使の卵 卵=天からの手紙「この命を宜しくお願いします」 村山由佳の原作を映画化。 10年後を描いた続編『天使の梯子』も TVドラマ化され...
『映画な日々』 cinema-days | 2008/10/23 2:15 AM
 




(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.