やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 ハザード(HAZARD) 』


公式サイト


映画 『  ハザード(HAZARD)  』  [DVD鑑賞]


2002年:日本 【2006年11月11日公開】 [ 上映劇場  ]


監督:園子温
脚本:園子温


【キャスト】

オダギリジョー ジェイ・ウェスト 深水元基

池内博之 石丸謙二郎



飛ぶことだけを考えていた

ニューヨーク、危険(ハザード)に飛び込んだ、ある若者の物語



(ものがたり)

1991年、日本。
「すべるだけの日曜日、どこへ行こうか」
恋人との冷めた関係。退屈なクラスメート。希薄なリアル。
シンの現在地。
「一日がつるつるしてしょうがない」
ふと目に止まった旅行ガイド。 ニューヨークの危険地帯。
本を握りしめ、走り出す。
眠い国、日本。でも眠れない国、日本。
そこから一刻も早く抜け出したかった。
ニューヨークに渡ったシンは自ら危険を求めて、彷徨う。
リーとタケダ
2人の素性は誰も知らない。 だがこの町では知れた顔。
町の底から聴こえてくる声に耳を澄ます。
「仲間が欲しければ、どうすればいい。敵が欲しければ、どうすれば」
戸惑いつつも、受け入れた時。何かが見えてくる。
鏡に写った孤独な顔を叩き割る。さあ。
鼓動が滑走路を走り出す。飛ぶ準備は出来ているか。
星の島。キメたパーティー。もう起きる時間だ。
やがて走り出す。世界を手に入れることを夢見て。
(公式サイトより)  日本映画人気ブログランキング









園子温監督の作品を見ていると人間がどこかに秘めている潜在意識をギリギリの映像で
表現されていて、それがデンジャラスでもあり、刺激的でもあります。

この「ハザード」はニューヨークを舞台にクレイジーな3人の青年のクレイジーな日々が
ドキュメンタリータッチで描かれている作品。この青年達の価値観は私はあまり共感でき
ないのですが、映画としてはとても面白いです。主演はオダギリジョーさんで、日本から
刺激を求めて危険な場所を求めてニューヨークにきた青年の役です。そこで出逢ったのが
2人のクレイジーな青年なんですが、その一人であるリーがクレイジーではあるのですが
とても魅力を感じました。

大きな目標や夢があるわけでなく、刺激だけを求める日々、彼らにとって刺激=犯罪でも
あり、犯罪の目的が刺激であるわけです。共感はまったくできませんけどね(^^; 

物語の続き、結末がとても気になる終わり方なのでちょっとだけ消化不良感がありますし、
これといって明確な核を掴み取ることができない映画なんですが、園子温監督の世界に
見事に引き込まれました。

ニューヨークでクレイジーな日々を過ごしたシンが日本に戻り渋谷の街の若者に絡まれる
ラストシーンはニューヨークと渋谷のクレイジーレベルの違いを見せ付けてくれるシーン
でなかなか見応えがありました。
 日本映画人気ブログランキング










  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 17:55 | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/1088
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006/09/25 8:59 PM
 




(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.