やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 晩春 』
やっぱり邦画好き…の、小津安二郎の味… No.03

映画 『 晩春 』 1949年:日本
監督:小津安二郎 脚本:野田高梧 小津安二郎
【キャスト】
笠智衆 原節子 月丘夢路 杉村春子 青木放屁
宇佐美淳 三宅邦子 三島雅夫 坪内美子
桂木洋子 谷崎純 高橋豊子 紅沢葉子

公式サイト


(ものがたり)
曾宮周吉は娘・紀子と二人暮らし。婚期を逃がしかけている娘に周吉は心配しきり。
父親の不便を考えて嫁がないのでは、と。父の再婚相手と目される女性の登場で不機嫌に
なる紀子。周吉は「娘がいると再婚のじゃま」と嘘を言い、ついに紀子は結婚に踏み切る。
(松竹HPより)




【 感 想 】

オープニングの北鎌倉の風景が洒落ていて、この時点で引き込まれてしまいます。
親子愛がとても良く表現されている映画だと思います。父親として娘のことを
思い嘘をついてまで嫁がせようとする姿、そして2人暮らしで自分が嫁いだ後の
父のことを思いなかなか嫁ごうとしない娘…。
この「晩春」の面白みは、父にたいする娘の嫉妬心が見事に描かれている所ですね。
まるで父と恋人のギリギリの線の存在で描いているところにいい意味での嫌らしさも
感じます。その様を原節子さんが見事に表現しているところが見ていてスゴイと
思います。セリフなきシーンで心の描写を一番感じ取ることが出来ます。

それとこの映画のコミカルさを杉村春子さんの演技で盛り上げています。
ガマグチネコババのシーンなど、爆笑ではありませんが、自然な面白さがあります。

小津監督の作品をいくつかみていると笠智衆さんの「そうかい」というセリフが
耳に残ります。最近、自分も年取ったせいか、すごく歳が離れた年上の方と付き合う
ことが少なくなってきたせいか、この「そうかい」というセリフがやけに印象的です。

そしてこの「晩春」のラスト付近での笠智衆さんのセリフ。「幸せになるんだよ…」
というセリフが父親が嫁ぐ娘に対する愛情がたくさんこもった優しさが伝わります。
でもその反面、淋しさも伝わってくるのが切ないですね。

「晩春」は親子の愛情が描かれている映画ですが、ひっそりとロマンス的な要素も
含まれている映画ではないかと感じます。

















  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 10:21 | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/1146
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006/10/31 12:17 AM
 




(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.