やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 トンマッコルへようこそ 』
映画 『 トンマッコルへようこそ 』  [試写会鑑賞] 韓国

公開日:2006年10月28日

監督:パク・クァンヒョン 脚本・原作:チャン・ジン
出演:シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘジョン
イム・ハリョン ソ・ジェギョン スティーヴ・テシュラー
リュ・ドックァン チョン・ジェジン チョ・ドッキョン 他


笑顔が一番つよいのです。




(ものがたり)
トンマッコル・・・
ここは争いを知らない、子どものように純粋な村。
自然と共に暮らし、笑顔を絶やさず暮らすこの村に偶然迷い込んだ敵対する兵士たち。
彼らがお互いに銃を突きつけ一触即発の状況でも村の人たちはのんびりマイペース。
じゃがいもの収穫を心配し、イノシシに追いかけられ、のんびり過ごす日常は変わらない。
あたたかい村人たちの暮らしに、いつしか憎みあうことのバカバカしさを覚えた兵士たちは
自然を楽しみ、皆でお祭りをして大騒ぎ!
次第に心を開いて笑顔を取り戻していく。
しかし一方で、トンマッコルに重大な危機が迫っていた・・・
(チラシより)


【 感 想 】
この「トンマッコルへようこそ」は確か9月に試写会で観たのですが、公開日が遠かった
ので、ついつい感想が後回しになっておりました(^^;

とても穏やかで争いということを知らない村・トンマッコルに異なる国の兵士たちが
迷い込み、トンマッコルの村の人と触れ合うことによって心を和らげて、戦争でなく
本当に大切なものは何かを見つけ出す物語。
北と南の朝鮮の人とトンマッコルの人々は言葉が通じ合うのですが、ここに言葉が
通じないアメリカの兵士が迷い込むことで、心のふれあいという面が強調されることで
物語が面白くなっていると思います。それとなんといってもヨイル(カン・ヘジョン)の
笑顔が憎めないです。この笑顔を見るだけで幸せな気分になってしまいます。
でも異なる国の兵士たちは簡単には、いがみ合うことをやめません。何かの拍子に
すぐに、いがみ合ってしまうのですが、これを抑えているのがトンマッコルの村長の
寛大な心です。こんな器の大きな心を持った人間になれるといいですね。
そんな心ふれあう物語をやわらかく、そしてコミカルに描いているのですが、さすが
韓国映画だけあって、残酷性は存在しています。どんなに美しい話でも韓国映画は
残酷シーン盛り込めて、見ているものの気持ちを一旦地獄に落として、ラストへの
涙に引きずり込んでいきます。
ありえなさ一杯の映画ですが、ありえなさが映画の面白いところ。でも単なるありえなさ
だけでなく、しっかりとしたうったえてくるものも含まれています。

異国の兵士たちが交わり、心通わせる戦争映画は、近年では「ククーシュカ ラップランドの
妖精」や「戦場のアリア」などを観ました。描き方は違いますが何か共通するものを感じます。



















  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 02:33 | - | - | - |
コメント
from: miyu   2006/10/26 11:09 PM
そうなんですよね。
あたしも「戦場のアリア」は観ているのですが、
共通するテーマでしたよね。
戦争映画でもこうゆうテーマのものは、
好きです。
おすぎさんがタイトル連呼してるCM流れてますね(^-^;
劇場で流れてた予告は結構雰囲気良かったですよね。
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/10/27 3:48 AM
■miyuさまへ♪
コメントありがとうございます。
なんだか今年はこういうテーマの映画が多いようですね。
民族間で心通わせるテーマっていいですよね!
あっ、CMみたことないですぅ(^^;

コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 『笑顔が一番つよいのです。』  コチラの「トンマッコルへようこそ」は、10/28公開になる韓国のハートウォーミングなコメディなんですが、久々にオンライン試写会が当たったので、観ちゃいましたぁ〜♪  あたしはやっぱり日本人だから、たくさんの北野監督作品
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2006/10/26 11:05 PM
26日6:30.朝日生命ホールにて。 公式サイトはコチラへ。 → http://www.youkoso-movie.jp/ トンマッコルとは「子どものように純粋な村」 という名の架空の村。 1950年代の朝鮮戦争を舞台に 迷い込んだ兵士たちが人種・国籍に関係なく 笑顔で一つにな
ペパーミントの魔術師 | 2006/10/28 4:07 PM
  笑顔が一番 つよいのです。           評価:★8点(満点10点) 2005年 132min 監督:パク・クァンヒョン 主演:シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘギョン 【あらすじ】1950年代の韓国で、米
Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2006/10/29 2:37 PM
トンマッコルへようこそ 2005年   パク・クァンヒョン 監督  久石譲 音楽シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン 、イム・ハリョン 、ソ・ジェギョン 、スティーヴ・テシュラー よかったぁ! 見に行ってよかったぁ! 邦画の今年最高がフラ
猫姫じゃ | 2006/11/01 2:35 AM
原題:Welcome to Dongmakgol 北から南から空から、死地を求めてトンマッコルへと兵士が集う。山奥のメルヘンチックなその村に一体何があるというの、子供のように純粋な心の住む村・・ 1950年、朝鮮半島を分断する戦いも米韓軍の仁川上陸によって終焉を
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/11/02 1:09 AM
韓国で800万人が笑って泣いた・・・という触れ込みの作品。
ひらりん的映画ブログ | 2006/11/03 4:00 AM
『トンマッコルへようこそ』鑑賞レビュー! 笑顔が一番つよいのです....。 トンマッコル、子どものように純粋な村 人々が自然と共に暮らし、笑顔を絶やさず 暮らすこの村で偶然鉢合わせをした 3組の敵対する兵士たち 彼らが村人との交流を通じ
☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2006/11/03 10:47 PM
韓国で800万人が笑って泣いた!!  2005年、観客に最も愛された映画 泣きは
いろいろと | 2006/11/04 9:08 PM
「トンマッコル」 子供のように、純粋な村 戦争が起こっていることなど誰も知らないこの村に、3組のお客さんがやってきた。 ひとり、空から落ちてきた。 ふたり、森からやってきた、 3人、山を越えて来た。 彼らは、戦場から迷い込んだ兵士たちでした。
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/11/06 8:40 PM
昨年9月13日にソウルで見た韓国大ヒット映画がやっと日本で公開 リバイバル記事ですが、ソウルの観客と一緒に見た感想です。 「トンマッコルへようこそ」★★★★ シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン 主演 1950年朝鮮戦争真っ只中、 隊からはぐ
soramove | 2006/11/10 8:54 PM
 この映画の名前を見ると「マッコリ」を思い出すなぁ〜。なんて考えていたら、チケットを買う時に「トンマッコリへようこそ1枚」なんて言ってしまい恥ずかしい思いをしました。と言うわけで、トンマッコルへようこそを見てきました。
よしなしごと | 2006/11/16 3:38 AM
オールナイト明けなのにちっとも眠くならなかった。すなわち、非常に楽しめたわけだ。 戦争を背景にして、「同じ民族、殺し合うなんてバカバカしい」というメッセージは十分に伝わってくるのだから、最後の悲劇はなくてもいいのになぁ。
八ちゃんの日常空間 | 2006/11/19 12:34 AM
トンマッコルへようこそ (2005/韓国) Welcome to Dongmakgol
Kozmic Blues by TM | 2006/11/25 11:31 PM
1950年代、朝鮮戦争中、戦争とはまるで無縁の山奥の平和な村トンマッコル。アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍2人、人民軍の3人がそんな村へやってきて…。久石譲が音楽を担当したこの映画、あなたのご感想をどうぞ。
共通テーマ | 2006/12/06 12:26 PM
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
tenuate online | 2006/12/11 6:14 PM
のんびりと自給自足の生活を営んでいるトンマッコルという村に 予期せぬ6人の客がやって来た。 「トンマッコルへようこそ」
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 | 2007/01/04 8:37 PM
チョン・ジェヨン、シン・ハギュン、カン・ヘジョン、イム・ハリョン ソ・ジェギョン、リュ・ドグァン、スティーブ・テシュラー出演 1950年11月 朝鮮戦争の最中 スミスが操縦するアメリカ軍戦闘機が 朝鮮半島の山中に墜落します 負傷したスミスは村で手当てを受
travelyuu とらべるゆう MOVIE | 2007/01/06 3:18 PM
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
muzoboz0140 | 2007/01/10 3:13 AM
カテゴリ : SF/ファンタジー 製作年 : 2005年 製作国 : 韓国 時間 : 132分 公開日 : 2006-10-28〜 監督 : パク・クァンヒョン 出演 : シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘジョン 50年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁
サーカスな日々 | 2007/03/10 2:20 PM
公式サイト 韓国での大ヒット。 何十万という人が泣いたというらしいこのお話。 思い切り戦争中になぜか戦争もよく知らない村が存在し、そこの村人達の温かさに触れた兵隊さんたちが敵味方なく、心を通い合わせそ
CinemA*s Cafe | 2007/03/21 9:57 PM
久しぶりに韓国映画見ました。 『トンマッコルへようこそ』です。 [原 題] ウェルカム・トゥー・トンマッコル 웰컴 투 동막골 [英 語 題] Welcome To Dongmakgol
Kio -朔北- De nuevo | 2007/05/20 11:22 AM
 




(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.