やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 TANNKA 短歌 』
第19回東京国際映画祭 日本映画・ある視点

映画 『  TANNKA 短歌 』   [劇場鑑賞]

2006年:日本 【2006年11月11日公開】[ 上映劇場  ]

監督・脚本:阿木燿子  原作:俵万智 『トライアングル』

【キャスト】
黒谷友香 黄川田将也 村上弘明
高島礼子 西郷輝彦 萬田久子
中山忍 本田博太郎

公式サイト









水蜜桃の 汁吸うごとく 愛されて 前世も我は 女と思う

二つの愛で、揺れて、濡れる。

年上の“彼”のゆるやかな愛
年下の“彼氏”の刺激的な愛


(ものがたり)

33歳のフリーライター薫里(かおり)はカメラマンのMという9年越しの恋人と仕事も
恋も充実した日々を送ってきた。たとえそれが「不倫」であっても、薫里の心を温かく
包み、肉体をも新たに目覚めさせてくれたのはMだった。
薫里はその時々の赤裸々な思いを短歌に綴っていく。
ある日、薫里に新しい恋が訪れる。相手は行きつけのバーの知り合い、ヴァイオリニスト
の卵・圭。年下の圭の初々しさに惹かれ、自然の成り行きで体を重ねる。
人生経験の浅い圭にさまざまなことを教え、“育てる喜び”を覚えてゆく薫里。
そんな薫里を、親友・美佳は複雑な思いで見守っている。
結婚しつつも不妊という深刻な悩みを抱える美佳と、自由に2人の男性と恋をし、
子供を欲しがらない薫里との間に微妙な距離ができていく。
そんな折、薫里は女優・大里響子を取材する。
20年前にシングルマザーになった響子の自信にあふれた物腰、妖艶さ−圧倒的な
存在感が、薫里の琴線に確かに触れた。
Mと圭、2人の男性の間で揺れ動き、以前より明らかに落ち着きを失くしていく薫里に、
これからの生き方の結論を出す日が近づいていく・・・。
(チラシより)




【 感 想 】

上映前に阿木燿子監督、黒谷友香さん、黄川田将也さん、村上弘明さんの舞台挨拶が
ありました。
阿木監督キラキラ光っていました。こんな華やか日本の監督見たことありません(笑)
知らない人が見たら今回も女優として出演だと間違ってしまいそうです。
阿木監督がそんな身形ですから、主演の黒谷さんは監督以上の衣装で登場。大胆な衣装で
とても美しかったです。

映画の方ですが、阿木監督が仰るには映画『TANNKA 短歌』は女性の為の映画と
いうことです。これはこの映画見る上でとても重要です。あくまでも女性のための
映画です。そういうコンセプトで映画が作られています。特に男性は黒谷さんの濡れ場
目当てで行くのは間違いです。「蛇の生殺し」状態にさせられます(意味不明)
黒谷さんの濡れ場は数多く用意されていますが、男性にとってはオアズケ状態に何度も
させられてしまうでしょう(まったく楽しめないわけではありませんよ)
こういう気分にさせられた男性はきっというでしょう「黒木瞳さんみたいに思いっきり
見せてくれよ!」と(笑)
そういう願望を抱いてみていると不完全燃焼で劇場を後にするハメになってしまいます(^^;

そういったことで冒頭で述べた通り阿木監督の仰った「女性のための映画」ということで
この映画をみなくてはいけません。この視点で見れば「TANNKA 短歌」はOKだと
思いますが、これがまた見る人の恋愛経験、状況によって主人公・薫里の恋愛に反感を
持ったり、また同意できたりするのではないでしょうか?

原作が「トライアングル」ということです。薫里が2人の男性と関係持つのですが、
この2人の男性がまったく異なる境遇の設定になっていますので、男性の視点で見ても
面白いです。青年と中年の視点で映画を味わうことができます。ただ若い男性が見る
場合、中年の視点で本質をみることは納得できない部分があるかと思います。青年の
視点でみる場合は、女性という生き物の嫌な面を見ることができると思います。この
青年の視点での恋愛は他の映画でも良く描かれています。

全体を通して、三人の登場人物に共感は抱くことは難しいかと思います。そういう気持ちを
代弁してくれているのが、周りの登場人物です。ズバっと言ってくれます。

この映画「TANNKA 短歌」というタイトルだけあって、シーンの切り替わりが
短歌によって切り替わっていきます。この短歌とベリーダンスのイメージ映像が薫里の
心情を表現しているのが面白いです。

こういった小技と黒谷さんの身体をはった演技を登場人物それぞれの視点から楽しめる
映画でした。




黒谷友香関連DVD










  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 01:34 | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
女優、黒谷友香(30)の初主演映画「TANNKA 短歌」(阿木燿子監督、11月11日公開)が26日、都内で開催中の第19回東京国際映画祭で上映され、大胆濡れ場を見せた黒谷らが超セクシー衣装で舞台あいさつを行った
One phrase@Geinou | 2006/10/27 10:00 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006/10/29 4:02 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006/10/29 6:47 PM
アクセス解析を見ていたら、このチンケな俺のブログに「短歌」をキーワードに検索して
株と思索と短歌のサイト | 2006/11/02 12:05 PM
中山 忍(なかやま しのぶ、ナカヤマシノブ 生年月日1973年1月18日)は東京都小金井市出身でオフィースアミューズ所属の女優で歌手であります。中山忍の姉は女優の中山美穂です。ここでは中山忍について紹介してきます。
昼ドラ ドラマ紹介 | 2006/11/09 9:01 PM
本日公演開始のこの"TANNKA 短歌"は、歌人・俵万智の初長編小説「トリアングル」を作詞家・阿木燿子の監督で作製された女性向け官能ラブストーリー。
Love@Movie | 2006/11/11 2:46 PM
『TANNKA 短歌』鑑賞レビュー! 二つの愛で、揺れて、濡れる 水蜜桃の汁吸うごとく愛されて 前世も我は女と思う…。 女流歌人・俵万智の処女小説 『トリアングル』を原作に 女性のしなやかな官能美を描く物語 仕事と恋に満ち足りていたはず
☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2006/11/12 10:03 AM
女優・黒谷友香が大胆なセックスシーンに挑戦した映画「TANNKA」 (監督・阿木耀子)が11日、ついに公開されました。 黒谷友香らは東京・六本木シネマートで舞台あいさつしたそう。
日常の気になるニュースを語ってみる | 2006/11/12 1:58 PM
DEPOTのおすすめ度:★★☆☆☆ 公開日:2006年11月11日 配給:東映 監督:阿木燿子 出演:黒谷友香,黄川田将也,村上弘明 鑑賞日:2006年11月11日 MOVIX三郷 シアター12(座席数287) 【ストーリー】 フリーライターの薫里は、妻子あるカメラマンMと9年越
CINEMA DEPOT's BLOG | 2006/11/12 11:04 PM
水蜜桃(すいみつ)の 汁吸うごとく 愛されて 前世も我は 女と思う 二つの愛で、揺れて、濡れる。
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/11/13 8:18 PM
女優・黒谷友香は先週テレビにたくさん出演していましたよね。黒谷友香がゲスト出演したのは「笑っていいとも!」「ごきげんよう」「メントレG」「メレンゲの気持ち」「行列のできる法律相談所」などなど・・・。
日常の気になるニュースを語ってみる | 2006/11/17 11:34 AM
黒谷友香 TANNKA情報満載です!
http://10tyouget.livedoor.biz/index20.rdf | 2006/11/17 12:57 PM
映画 短歌情報満載です!
http://free7.livedoor.biz/index20.rdf | 2006/11/17 2:29 PM
TANNKA 短歌情報満載です!
http://tvdrama.livedoor.biz/index20.rdf | 2006/11/17 2:55 PM
俵万智の「トリアングル」を基にした官能的なラブストーリー。 2人の男性の間で揺れ動きながら人間として成長していく姿を追う。 監督は本作初の作詞家阿木燿子。 映画初主演となる『SHINOBI』の黒谷友香は、見事な肢体
ショウビズ インフォメーション | 2006/11/23 6:16 PM
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
tenuate online | 2006/12/11 6:14 PM
TANNKA 短歌posted with amazlet on 08.02.24東映ビデオ (2007/05/21)売り上げランキング: 1548Amazon.co.jp で詳細を見る  歌人・俵万智の初長編小説『トリアングル』の映画化  作詞家・阿木燿子の初監督作品,黒谷友香の初主演
cinema days 『映画な日々』 | 2008/02/24 1:43 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2008/07/08 2:06 PM
濁流に 句楽ともを 削られつ  空想俳人などと名づけて日記をつけるように始めた、このブログ。2005年8月からだから、もうかれこれ3年が経つ。  そして空想俳人と命名したのも、その前年の2004年から、ちょっとだけマジに俳句を学んだ(学んだからと
空想俳人日記 | 2008/10/25 8:22 AM
 




(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.