やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 クリムト 』
映画 『 クリムト 』  [劇場鑑賞]

公開日:2006年10月28日
オーストリア/フランス/ドイツ/イギリス

監督・脚本:ラウル・ルイス

出演:ジョン・マルコヴィッチ ヴェロニカ・フェレ
サフロン・バロウズ スティーヴン・ディレイン
ニコライ・キンスキー サンドラ・チェッカレッリ
ポール・ヒルトン エルンスト・ストッツナー 
アグライア・シスコヴィッチ




私の自画像はない。自分自身に興味がない。
むしろ他人、特に女性に強く惹かれるのだ。












(ものがたり)
1918年。芸術の都ウィーンの華やぎは、まさに終わりを迎えようとしていた。
そして、絵画に新たな潮流を生み出した天才画家、グスタフ・クリムトもまた、命の灯火を
消そうとしていた。彼を見守るのは愛弟子のエゴン・シーレただ一人。朦朧とした意識の
中、クリムトの目には、栄光と挫折の人生がよみがえる。
まるで寓話に満ちた彼の絵のように・・・・・・。
(チラシより)


【 感 想 】

秋公開の主要な邦画はある程度見てしまっているので、ジョン・マルコヴィッチ主演の
「クリムト」見ました。19世紀のヨーロッパの話ですが、わかりやすく、そして美術品
などビジュアル面も楽しめました。とくにクリムトの命が途絶えようとしている時に、
過去の栄光か、それとも幻想か、あの世なのか、この世なのか、見ている私も幻覚症状に
陥るようなストーリー展開は面白かったです。書記官の存在が面白みを出していました。
幻想、幻覚、現実が絵画のように映像表現されているのと、一味違うカメラワークなど
見ていて飽きませんでした。そしてジョン・マルコヴィッチの演技も見応えがありました。
この手の映画が苦手な方には退屈かもしれませんが、最近の大手配給会社の邦画に、
ちょっと飽き気味だったので、新鮮さを感じれて良かったです。


クリムト関連書籍


ジョン・マルコヴィッチ関連DVD


  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 02:13 | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/1170
19世紀末のオーストリアに実在した天才画家クリムトの、人生を描いたファンタジー。 死の床にある男が自分の人生のハイライトを回想する。 クリムトを迫真の演技でみせるのは、『リバティーン』のジョン・マルコヴィ
ショウビズ インフォメーション | 2006/11/02 1:17 PM
(2から) 午後4時25分、一旦映画館から出て、 近くにある回転すし屋「台所屋」で軽く寿司を食べる。 4時50分、再び映画館へ。 『クリムト』を見る。 予想通りの芸術的な映像と 意外性のある演出に完全に惹きつけられた。 主演はジョン・マルコヴィッ
CHEAP THRILL | 2006/11/02 1:46 PM
画家グスタフ・クリムトの、その生涯について、あるいは何派に当たるのか、などは知らなくても、あの印象的な絵はとても好きだ、金箔の使い方が素敵だ・・・、という人もきっと多いと思う。
レザボアCATs | 2006/11/06 9:24 PM
満 足 度:★★★★        (★×10=満点)  監  督:ラウル・ルイス キャスト:ジョン・マルコヴィッチ       ヴェロニカ・フェレ       サフロン・バロウズ       スティーヴン・ディレイン       ニコライ・キン
★試写会中毒★ | 2006/11/15 7:14 AM
今週は、あまり見たい映画が無かったので、期待薄の作品を・・・。 でも、珍しく早起きしちゃったので、2本見ることに。 その1本目。
ひらりん的映画ブログ | 2006/11/16 3:32 AM
クリムト@ル・シネマ 「一目ぼれなら一瞬しかもたないわ」 「明日へのチケット」が立ち見だったので急遽こちらに変更。 20世紀初頭のオーストリア・ウィーンとパリを舞台に死の床のクリムトの過去が夢のように甦ってくる。 短気で気まぐれ、女好き、子だくさん
駒吉の日記 | 2006/11/16 3:52 PM
期待値:31%  画家クリムトの半生を彼の回想で綴るファンタジー。 ジョン・マルコヴィッチ主演。 妄
週末映画! | 2006/11/20 5:35 PM
監督 ラウル・ルイス 出演 ジョン・マルコビッチ、ベロニカ・フェレ、サフラン・バロウズ  冒頭のタイトルバックにクリムトの絵。それをとらえるカメラが回る。絵が回転する。そしてその回転、円の軸が、何か微妙にずれる。このずれが非常に気持ちが悪い。車酔いを
詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記) | 2006/12/02 2:03 AM
監督 ラウル・ルイス 出演 ジョン・マルコビッチ、ベロニカ・フェレ、サフラン・バロウズ  冒頭のタイトルバックにクリムトの絵。それをとらえるカメラが回る。絵が回転する。そしてその回転、円の軸が、何か微妙にずれる。このずれが非常に気持ちが悪い。車酔いを
詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記) | 2006/12/02 2:04 AM
監督 ラウル・ルイス 出演 ジョン・マルコビッチ、ベロニカ・フェレ、サフラン・バロウズ  冒頭のタイトルバックにクリムトの絵。それをとらえるカメラが回る。絵が回転する。そしてその回転、円の軸が、何か微妙にずれる。このずれが非常に気持ちが悪い。車酔いを
詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記) | 2006/12/02 2:05 AM
【コメント】★★★★★★★☆☆☆ ユーゲンシュティール。フランスではアールヌー...
シネマテーク | 2006/12/04 10:20 PM
美神“ミューズ”を描きつづけた画家、グスタフ・クリムト。「エロス」と「タナトス」をテーマに描く究極の愛。1918年、第一次世界大戦のさなかに、病院で死を迎えようとしている男がいた。彼の名はクリムト。ウィーンを代表する天才画家だ。見舞いに来た弟子エゴン
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2007/01/30 10:48 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/05/27 5:05 AM
 




(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.