やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 天国は待ってくれる 』

映画 『  天国は待ってくれる 』   [劇場鑑賞]

2007年:日本 【2007年2月10日公開】[ 上映劇場  ]
監督:土岐善將
脚本:岡田惠和
原作:岡田惠和 『天国は待ってくれる』

【キャスト】
井ノ原快彦 岡本綾 清木場俊介
石黒賢 戸田恵梨香
蟹江敬三 いしだあゆみ

公式サイト

天国は待ってくれる 天国は待ってくれる 岡田 惠和


あの頃、僕らは永遠だと思ってた。


「僕たちは何でも言い合える友達だったはずなのに・・・」
なぜか、一番大切な想いだけが言葉にならない。


(ものがたり)

東京・築地。子供の頃からいつも一緒に過ごしてきた宏樹、薫、武志の3人は、
かけがえのない大切な仲間だった。3人の友情は、このままいつまでも続くと
思っていた。そんなある日、宏樹の目の前で、武志が薫へ突然プロポーズする。
武志の突然の告白に、宏樹は戸惑い、薫の顔を見ることが出来ない。そんな宏樹を
見つめながら、薫もまた自分の想いを隠してプロポーズを受け入れるのだった。
しかしその数日後、不慮の事故が武志を襲う。意識が戻らぬまま、病院のベッドで
眠り続ける武志。宏樹と薫は、それでも必死に看病を続けた。
いつかまた3人で語り合える日が来ることを信じて・・・。
(チラシより)





劇場鑑賞の感想はコチラ



やっぱり邦画好き…のマイコレクション・岡本綾をみてみる。


[岡田惠和関連作品]








( 感 想 )

幼いころからの、3人の友情と、3人故の複雑な心境を描いている映画でした。
難しい関係ですね。マンガで言うなら「タッチ」のたっちゃん、かっちゃん、みなみの
関係のようなものです。ちなみにみなみちゃんの家は「南風」という喫茶店。
「天国は待ってくれる」の岡本綾さん演じる薫の家も喫茶店。店名は「春」・・・
そして親同士も仲が良いと、、なんだか共通しているところがチラホラ。

映画「天国は待ってくれる」は脚本・脚本が岡田惠和さんということだけあって
とても優しさが溢れている映画だと思います。TVドラマの脚本を数多く手がけられ
ている岡田惠和さんの脚本だけあってキレイにまとまっていました。
特にめちゃくちゃ良いということもなく、めちゃくちゃ悪いということもなくって
感じです。くせがないと思うので見やすい映画だと思います。

さてヒロインの岡本綾さんですが、イメージ的に冷静沈着・クールな女性という
ムードを漂わせる女優さんというイメージがします。初出演の映画「学校の怪談」
では亡霊の役を演じていますが、これもそんな感じのイメージです。このとき
岡本さんは12,3歳で、その位の年齢から落ち着いた役柄が似合っています。
ただ私の知っている岡本さんが出演している作品で唯一イメージが異なるものが
あります。それは映画初主演の「おぎゃあ。」という映画ですね。ちょっと
テンション高めの役でした。他はどの出演作もイメージ的にはクールです。

そして井ノ原快彦さんは予想通り「イイ人」タイプでした。井ノ原さんが出演した
ドラマで「あした天気になあれ」でも「イイ人」タイプの役で私的に好感度大で
とても好きなドラマでした。
清木場俊介さん演じる武志は築地の働く男ですが、清木場俊介さん実際に市場に
いても違和感がないと思いました。蟹江さんも(笑)
この武志が築地で働いていることもあって3人で会える時間が子どもの頃のように
なくとても淋しい思いをしてしまい、一層、薫への想いが強くなってしまい、三人の
聖三角形を崩してしまいます。私はどちらかといえば、この関係はうまくいかないと
思っています。
物語的には「タッチ」もそうですが、どちらかこの世からいなくならなければ、この
ような恋愛感情はうまく成立しないのでしょうね(^^;


1日1クリックの応援よろしくお願い致します♪


[岡本綾関連DVD]




  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 06:26 | - | - | - |
コメント
from: 明るい未来   2007/03/03 3:03 PM
こんにちは!…(^_^;

この
『天国はまってくれる』は
確かにタイトル通りの作品でしたね。

●ごく一般的な、まじめな親友の同級生三人のストーリだったので、なんか?
感情の起伏があまり↑↓無く(^⇔^;終わって閉まった様に思いました…?
■魚河岸の“武志”役『静木場俊介』さんも半分は寝たきり状態で、あとは優しく物静かな二人…
“広樹”と“薫”…
◇なんか私的には“上野耕助”役の『蟹江敬三』さんと上野美奈子役の
「戸田恵梨香」さんらが(二人)役者として目についてしまいました…(ノ-o-)ノ
原作は読んで無いので、それなりに流されたのかなと思いました。★チョツト“欲”を言わせて貰えれば、
カメラワークを、もう少し駆使されたほうが、良かった様にも思いました。
同じ場所の
築地市場の風景のカットが多かったので…。
`武志'と`薫'のなかで、ワンカットでも
何かもっと引きつけるシーンが
(;⌒з')νヾ(^ε^)
あればもっと楽しめたと思いました。
結果的に`武志'は、天国に行ってしまうので(苦笑)…!
※“邦画好き…”さんの御指摘のとうり確かに
「タッチ」系でしたね!…(≧笑≦)ゞ。。。
◎ただ「タッチ」の場合は、
野球を通じて楽しかったり、笑えたり、3人以外の
キャラでも色々と楽しめて、
storyも良かったんですが今回の
『天国はまってくれる』は、
なかなかそこまでは及びませんでしたね…

では!…ゝ(..、)゚。。。
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/03/04 5:00 PM
■明るい未来さま
確かに、ゆるーい波の展開でしたね。
あれカメラワークというか、同じカット使ってませんでした?
そういう気がしながら観ていました。
タッチの物語には及びませんでしたね(^^;

from: 咲太郎   2007/04/01 6:14 AM
正直期待はずれ、可も無く不可も無くといった感じで、上手く撮れば傑作になったかもしれない映画だと思いました。
キャストもイマイチピンと来る人がいない、とりわけ目立つ人が・・・
勿体無い映画でした。
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/04/16 6:22 PM
■咲太郎さま
確かに仰る通りだと思います(^^;
小粒でもピリリとくるようなものが1つあれば
随分変わったでしょうね。

from: kimion20002000   2008/02/06 9:32 PM
tbありがとう。
「おぎゃあ」なんて奇妙なタイトツの映画があったんですか。知りませんでした(笑)
岡本綾は芸能界に疲れちゃったみたいですね。


from: >お返事 やっぱり邦画好き   2008/02/09 1:27 PM
■kimion20002000さま
あったんですよ(笑)
岡本綾さんは好きな女優なので、復帰して欲しいんですけどね〜
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この友情は永遠 ”聖なる三角形”は”永遠の三角形” 目覚めた愛を貫こうとした、武志 友情を守り抜こうとした、広樹 友情と愛情に心揺れる、薫 あの頃、僕ら3人は 永遠だと思っていた。 3人で過ごせる時間、あと、30日。
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/02/18 10:50 PM
“聖なる三角形”は“永遠の三角形”あの頃、僕らは永遠だと思ってた。   ■監督 土岐善將■原作・脚本 岡田惠和 ■キャスト 井ノ原快彦、岡本綾、清木場俊介、蟹江敬三、いしだあゆみ、戸田恵梨香、石黒賢□オフィシャルサイト  『天国は待ってくれる』 &
京の昼寝〜♪ | 2007/02/23 10:44 PM
天国は待ってくれる heaven can wait . maybe.... 2007年   土岐善将 監督井ノ原快彦 岡本綾 清木場俊介 石黒賢 戸田恵梨香 蟹江敬三 いしだあゆみ リメイクじゃないのね、、、 HEAVEN CAN WAIT 。だってホステージ に、出てきたでしょ?
猫姫じゃ | 2007/02/26 6:02 PM
出演 井ノ原快彦、岡本綾、清木場俊介戸田恵梨香 ほか 久々に泣きましたね。最後ま
いろいろと | 2007/02/26 11:06 PM
あの頃、僕らは永遠だと思ってた。「僕たちは何でも言い合える友達だったはずなのに・・・」なぜか、一番大切な想いだけが言葉にならない。
頑張る!独身女!! | 2007/02/27 10:20 PM
男女3人の聖なる三角形。 ずっと一緒にいられると思ってた。 永遠に変わらないと思ってた。 ・・・ムリやろそれって。 それを守ろうとした3人の物語。 愛情と友情のなかで揺れ動いた3人の物語。 ・・・あ~でも、この二人だったら 清木場俊介さん、男の中の男っ
ペパーミントの魔術師 | 2007/02/28 1:58 AM
「イノッチ〜!」 エンドロールを見ながら、この作品を見終わった直後の感情を表すとこんな感じ。 感極まって、ストレートに感情を表現したくなりました。 宏樹、武志、薫の3人の幼馴染の成長と友情を描いた「天国は待ってくれる」 涙を誘われる良い作品でした。 V6
Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐ | 2007/03/03 9:14 PM
「天国は待ってくれる」は男2人女1人幼なじみの3人の親友の変わらぬ友情の中で1人の男が思いを寄せる親友の女に告白するが、事故で3年間意識不明になるが奇跡的に回復し、残った時間でそれぞれの親友に思いを伝えるストーリーである。親友関係の3人にはそれぞれの
オールマイティにコメンテート | 2007/03/04 6:20 PM
 最近映画を観て泣いてないな〜。と言うことで、天国は待ってくれるを見てきました。
よしなしごと | 2007/03/13 8:31 PM
おぉ!デスノートを観終わったら日付変わっちゃってるよ(笑) ブームになっていたけど、ジャンプで読んでなくて内容とか詳しくわからないんだけども、日テレでやってた時に映画見たら楽しくて早く続編がみたいなとワクワクしてたわけです。 そんな続編が14日からレンタ
141chanの気まぐれ日記 | 2007/03/16 12:35 AM
監督: 出演:井ノ原快彦 岡本綾 清木場俊介    公開:2007年 日本 公式HP 試写会第4弾は、天国は待ってくれるでした♪ 岡田准一くんのお友達「いのっち」主演という事で行ってまいりました。でも苦手なジャンル!!! さらに主演
Cold in Summer | 2007/03/23 10:10 AM
監督: 出演:井ノ原快彦 岡本綾 清木場俊介    公開:2007年 日本 公式HP 試写会第4弾は、天国は待ってくれるでした♪ 岡田准一くんのお友達「いのっち」主演という事で行ってまいりました。でも苦手なジャンル!!! さらに主演
Cold in Summer | 2007/03/23 10:10 AM
この映画を観ていると、『若者のすべて』 というドラマを思い出す。 EBIが演じる守という青年が半植物状態で眠っている病院に 仲間が集い語りかけるシーンが目に浮かぶ。 脚本は同じく岡田惠和。 監督は『シュガー&スパイス』の中江 功 大好きな演出家。
世界の中心で、愛をうたう | 2007/04/01 6:18 AM
聖三角形の意味するものとは・・天国からの帰還、"ホッとひといき"に集まる穏やかで暖かな人々が織り成す、けれども、じれったさの募るラブストーリー・・ 宏樹(井ノ原快彦)と薫(岡本綾)と武志(清木場俊介)は固い友情で結ばれた幼馴染、舞台は
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2008/01/05 1:44 AM
人気脚本家の岡田惠和が初めて書き下ろした同名の小説を映画化した切ないラブストーリー。友情と愛情の間で揺れ動く幼なじみの男女3人の関係を丁寧につづる。新聞社勤務の柔和な青年をV6の井ノ原快彦、築地で働く威勢のいい青年役を本作が映画初出演となる歌手の清木場
サーカスな日々 | 2008/01/14 4:41 PM
 




(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.