やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 さくらん 』









映画 『  さくらん 』   [試写会鑑賞]
2007年:日本 【2007年2月24日公開】[ 上映劇場  ]
監督:蜷川実花
脚本:タナダユキ
原作:安野モヨコ『さくらん』
【キャスト】
土屋アンナ 
椎名桔平 成宮寛貴 木村佳乃 菅野美穂
永瀬正敏 美波 山本浩司 小池彩夢
山口愛 遠藤憲一 石橋蓮司 夏木マリ
市川左團次 安藤政信 小泉今日子
公式サイト



さくらん さくらん 安野 モヨコ




てめぇの人生、てめぇで咲かす





(ものがたり)

満開の桜の下、女衒に連れられて、吉原にやってきた八歳の名も無き少女。
美しい金魚が宙を泳ぐ大門をくぐると、そこは煌びやかで妖艶な遊郭。
玉菊屋に買われた彼女はその日、きよ葉として生まれ変わった。
女だらけの国が怖ろしくて脱走、あえなく捕まるきよ葉。
しかし、彼女は厳しい折檻に涙も見せず、いつか自分の足で吉原を出る!と言い放つ。
次第に、意思とは裏腹にぞくぞくするような美貌と誰にも媚びない負けん気の強さで、
きよ葉は売れっ子となっていく。
凄まじい人気を呼んで、誰もが憧れる遊女のトップを勝ち得る。
そして、遂に花魁“日暮”へと成長する・・・。
(チラシより)





試写会鑑賞の感想はコチラ



やっぱり邦画好き…のマイコレクション・菅野美穂をみてみる。

やっぱり邦画好き…のマイコレクション・木村佳乃をみてみる。


[蜷川実花監督関連作品]
さくらん ~花魁音楽画巻~ さくらん ~花魁音楽画巻~

さくらん写真集 さくらん写真集 蜷川 実花

ピンク・ローズ・スウィート ピンク・ローズ・スウィート 蜷川 実花

Milk―成宮寛貴写真集 Milk―成宮寛貴写真集 蜷川 実花

さくらん (出演 土屋アンナ) さくらん (出演 土屋アンナ)



[音楽:椎名林檎 関連作品]













( 感 想 )

当時の時代背景、花魁のリアリティーを求めずに見てまいりました。
女郎の生き方を鮮やかな色彩と独特の音楽で見事に作り上げられた映画だと思います。
時代劇でありながら現代風のアレンジがされていて、異空間を味わえました。
この独特の世界を実現させているのは、やはりフォトグラファーでもある
蜷川実花監督と音楽を担当された椎名林檎さんの独特の世界観が見事に調和した
からではないかと思います。この映像と音楽、そして物語の一見アンバランスの
ようでありますが、私はとても好きな調和ですね。
実は以前、チラっと原作を見たことがあるのですが、あまり好みでないタッチだったので
今回の映画化には期待はしていなかったのです。あの落ち着きのない?タッチが
どうも苦手だったのですが、蜷川実花監督によって私好みの映像となって楽しめました。
主演の土屋アンナさんは時代劇にはマッチしづらいキャラだと思うのですが、今回のような
描き方で違和感無くマッチしていたと思います。そして回りを固める女優陣の方々は
体を張った演技でした。菅野美穂さん、木村佳乃さんなど、他の作品では、なかなか
見ることができない濡れ場を演じています(といっても期待するほどではないと思います)
女性中心の物語なので男優陣はちょっと控えめ、、遊郭で遊ぶ男達ですので、いい加減な
男たちを演じています。そんな男達の中で椎名結平さんはどちらかというと男らしい役
でした。そんな男優陣の中でとても重要だと思う役が安藤政信さん演じる清次。
土屋アンナさん演じる、きよ葉を幼いころからずっと見守っている、清次が背負っている
生い立ちからくる人間性などが見事描かれていました。
物語はそんなに感動的な話ではないと思いますが、遊郭の狭い世界で生きていく女郎たち
が遊郭であそぶ男に恋をしてしまう。花魁によっては、幸せになったり、不幸になったり
とそれぞれの人生が描かれていました。
物語を楽しむより、赤を主体とした映像、そして音楽、金魚や細かいアイテムなどが
目や耳を楽しませてくれると思います。映像にしても音楽にしても、かなり個性的だと
思いますので見る方の年代、好みによって好き嫌いはハッキリわかれる映画だと思いますが、
やっぱり邦画好き…、お気に入りの1本です。

タイトルの「さくらん」の意味は良くわかりませんが、「さくら」「おいらん」
「錯乱」などがかけあわされたようにも思えます。

1日1クリックの応援よろしくお願い致します♪   


[土屋アンナ関連DVD]


[菅野美穂関連DVD]


[木村佳乃関連DVD]




  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 02:02 | - | - | - |
コメント
from: 咲太郎   2007/02/25 9:24 PM
こんばんは。
邦画好き!さんも気に入られたのですね。
私もすごく蜷川監督の世界観が好きです。
映像と椎名林檎の音楽がとってもマッチしていて
感動しました。
あの赤を基調とした独特の映像美と美しくも激しい濡れ場。
監督のこの作品に賭ける並々ならぬ情熱を感じました。
しかしまさかとは思いましたが
舞台演出家蜷川幸雄さんの娘さんだったんですね。
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/02/28 12:12 PM
■咲太郎さま
私もとても好きな映画です♪
色んなジャンルの音楽がみごとに絡み合って
心地よかったです。
そうそう、そうみたいですね!
from: miyu   2007/03/03 9:33 PM
コレはあたしも非常に楽しめました!
とてもキレイな映像がステキでしたよね。
途中予告編のコンパクトでスピーディな感じと
違って展開がもたついてる感じがしたのですが、
終わってみればお話も結構好きな感じだったし、
ラストもい〜感じに終わってたので、
結果大満足な映画でした!
from: ミカリンゴ   2007/03/04 12:29 AM
昨日みてきました!
前半、ちょっと無駄なシーンが多いかなあ…と思って見ていたのですが、
映像が本当に綺麗でした。
ワンシーン、ワンシーンがポストカードにしたいほど美しい!

ホロリとできるシーンもあり、音楽のマッチ具合にも鳥肌が立ちました。

お気に入りの映画に仲間入りです!
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/03/04 5:03 PM
■miyuさま
花魁エンタテイメント映画としては充分楽しめましたね!
とにかくこの色彩が好きな方は楽しめますね。

■ミカリンゴさま
おっしゃるようにどのシーンを切り取っても絵になりますね。
さすが監督がフォトグラファーだけありますね!
from: 明るい未来   2007/03/13 8:08 AM
花魁“粧ひ”菅野美穂さんも…
ヾ(^з^◯^ε^)ゞ
花魁“高尾”木村佳乃さんも…
(^з^)νヾ(^ε^)
そして、花魁“きよ葉/日暮”土屋アンナさんも…
ヾ(⌒з⌒)(⌒ε⌒)ゝ
…(¨;

おはよう^-^)ν
(^o^;ございます!
『さくらん』は、評価の高い作品だったので(^。^すいてる頃を見計って観て来ました!
☆蜷川実花(ニナガワ ミカ)監督、フォトグラファーだけあって色彩には拘りましたね!

〇しかし花魁の“オムニバス”と言うか、“粧ひ”も“高尾”も“きよ葉/日暮”もとても個々の役が生きていて、
主演の“土屋アンナ”さんも“菅野美穂”さんや“木村佳乃”さんに劣らず、スクリーンをトウシテ迫力が有りましたネ(^-^!
◎玉菊屋の女将(`∞´)おっかな〜い!
またまた“夏木マリ”さん!…
遠慮がない所が、結構好きです…ハ^ハ^ハ
〇そういえば、タイトルの意味ですが“邦画好き…”さんは『さくら、おいらん、錯乱』ですがo(^-^)o
私的には
「咲かない桜の樹…」と「花魁」とかけて「咲魁→さくらん」と、解きました“笑”
※蜷川実花さん、呉美保(オ・ミポ)さんと、女性監督良い結果出されてますね、
気が早いのですが
次回作早く見たくなりました!

では…(*^−')ノ
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/03/14 11:47 AM
■明るい未来さま
この「さくらん」は物語よりビジュアルと音楽を楽しむ、という感じですね
夏木さんの怖さは他の映画同様、迫力ありましたね!
「咲かない桜の樹…」と「花魁」とかけて「咲魁→さくらん」、それも面白いですね(^^)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/1214
予告を見て、絶対観たいと思った映画がこれ 何とも素敵な映画がまた一本誕生した。 写真家蜷川実花の初監督作品。 まず映像の豪華絢爛さに目を見張る。 セット、背景、風景、衣装全てが美しく、色鮮やか。 蜷川監督の色彩感覚が爆
世界の中心で、愛をうたう | 2007/02/25 9:18 PM
2月25日(日) (前の日からのつづき) 朝5時半に店を出る。 とにかくたらふく肉を食べた。 T社長以外はいっぱいいっぱい状態。 新宿駅前で解散。 ボクは歌枕さんと内博さんを新宿三丁目駅改札まで見送りをする。 6時にコマ劇場前のマンガ喫茶に入り、 マッ
CHEAP THRILL | 2007/02/27 3:10 PM
監督の本業がフォトグラファーと言うだけに、煌びやかな衣装や背景を続分に使った美しい映像。。。その豪華さに、もうストーリーなんてどうでもよく、ポカーンと口を開けて見とれてしまうような2時間だった。原色のコントラストがハッキリした絵。どのシーンも、流れを
見取り八段・実0段 | 2007/02/28 7:44 PM
         さくらん(2007年、アスミック・エース) http://www.sakuran-themovie.com/ 監督:蜷川実加  原作:安野モヨコ 出演:土屋アンナ、成宮寛貴、菅野美穂、木村佳乃、他          8歳で吉原遊郭の玉菊屋に連れて来られた少女・き
ライターへの道〜私の観るもの、感じる事を伝えたい!〜 | 2007/03/02 10:55 AM
さくらんは、安野モヨコが講談社のイブニングで2001年から連載している漫画作品である。現在連載は休載中。 吉原で育ったきよ葉が、花魁になるまでの葛藤や苦涯、事件などの人生模様が描かれている。 漫画は、講談社の雑誌「イブニング」に2001年9月号~2003年第7号まで
世界萌え萌え旅日記 | 2007/03/03 8:05 AM
思わず「SAYURI」と「大奥」と川島なお美の「失楽園」と昔懐かしい「時間ですよ」を連想してしまう・・なんだか錯乱してしまいそうな金魚と桜と遊郭の世界 8歳にして吉原遊郭は玉菊屋へと売られてきた少女きよ葉、女将(夏木マリ)の元で花魁粧ひの付き
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/03/03 2:44 PM
 『てめぇの人生、てめぇで咲かす 花魁をなめんじゃねぇよ』  コチラの「さくらん」は、2/24公開になった安野モヨコさんの同名コミックの映画化で、演出家の蜷川幸雄さんの長女でフォトグラファーの蜷川実花さんの初監督作品なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/03/03 9:02 PM
さくらん 蜷川実花 ★★★★☆ 初監督蜷川実花作品が意外にいい。 むしろ感動した。いろんな意味で「超えてる」 漫画家・安野モヨコ原作。お江戸・吉原を舞台にとあるひとりの花魁に上りつめた女の半生。主演に土屋アンナでおおよそありえないパンキッシュな花魁模
微動電信 | 2007/03/04 7:47 AM
    製作:2007 監督:蜷川実花 原作:安野モヨコ 出演:土屋アンナ、安藤政信、木村佳乃、菅野美穂、椎名桔平、成宮寛貴、 ?  ?  永瀬正敏、遠藤憲一、石橋蓮司、夏木マリ、市川左團次[4代目]                         **
あきすとぜねこ | 2007/03/04 5:53 PM
「さくらん」(PG−12指定)は江戸時代中期の吉原遊郭を舞台に1人の売られた女が花魁となって遊郭を去るまでの伝説を描かれている。今でも残る吉原だが、当時の吉原は大名やお金持ちを相手にした世界であり、一時の夢を男に尽す役割を担っていた。
オールマイティにコメンテート | 2007/03/05 12:46 AM
土屋アンナ主演の花魁もの。 原作も脚本も音楽も、主要ポストは女性という異例な布陣。 特別協賛まで「女性向け下着通信販売会社」でした。
ひらりん的映画ブログ | 2007/03/07 2:31 AM
 フォトグラファー蜷川(にながわ)実花が演出する色彩豊かな映像世界にふさわしいロ...
ロケ地ドットコム | 2007/03/08 11:27 PM
SAKURAN [MOVIX亀有/SC9/レイトショー] 公式サイト 『花魁をなめんじゃねぇよ』 このちらしを紹介したのは11月17日だから、3ヶ月以上も待っていたことになります。菅野美穂が出ている!それだけで観るつもりの映画でしたから(笑) そしたら、序盤だけじゃないで
八ちゃんの日常空間 | 2007/03/08 11:37 PM
写真家蜷川実花さんの初監督映画です。 蜷川さんの写真はきちんと見たことがないので
はらやんの映画徒然草 | 2007/03/11 6:25 PM
男と女の求めるすべてがあった吉原遊郭に、 後に伝説となる一人の花魁がいた・・・ なめんじゃねぇ〜よ。 てめぇの人生、てめぇで咲かす!
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/03/11 7:48 PM
楽しみにしていた「さくらん」を観に行きました。ストーリはだいたい原作と同じなのですが、後半はオリジナル?? 惣次郎との関係がメインだと思いきや、かなり出番が少なくてビックリ。そしてオリジナルと思われる後半は少々勢い不足な印象です。原作を知らないとスト
Tokyo Sea Side | 2007/03/20 1:19 AM
 監督:蜷川実花×原作:安野モヨコ×脚本:タナダユキ×音楽:椎名林檎×主演:土屋アンナという顔ぶれ女性たちだけで作った映画「さくらん」を先日、京都シネマにて鑑賞。何ヶ月前から、チラシでの宣伝この色の鮮やかさに、目を見張るものがあり、そして若き女性たち
銅版画制作の日々 | 2007/03/20 4:02 PM
さくらん公開中ストーリー ☆☆映画の作り方☆☆総合評価  ☆☆完成度   ☆☆お
シネマ de ぽん! | 2007/04/06 11:46 AM
 遊郭ものといえば一昔前は五社英雄、そのはるか以前は溝口健二のお家芸でしたが、最近はあまり見かけなくなりました。たまに『SAYURI』のような作品が出現すること
シネクリシェ | 2007/04/27 10:50 PM
監督:蜷川実花 出演:土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂、永瀬正敏 、安藤政信、小泉今日子、石橋蓮司、夏木マリ 評価:74点 公式サイト (ネタバレあります) 綺麗でおしゃれな映画で、面白かった。 原色バリバリの映像美と、土屋ア
デコ親父はいつも減量中 | 2007/07/22 8:31 PM
さくらん お蘭によって吉原の玉菊屋に連れてこられた8歳の少女。 “きよ葉”と名付けられた彼女は、高級花魁・粧ひに面倒を見られることになった。 玉菊屋から脱走を図り続けるきよ葉だったが、粧ひに導かれ吉原一の花魁を目指す事を決意する。 やがて17歳となっ
紅梅日記 | 2007/09/11 12:21 AM
さくらん 監督 蜷川実花 出演 土屋アンナ 椎名桔平 成宮寛貴 木村佳乃 菅野美穂 日本 2007
Blossom Blog | 2007/10/15 11:11 PM
さくらん’07:日本 ◆監督:蜷川実花◆出演:土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂 ◆STORY◆江戸時代。8歳で吉原の遊郭「玉菊屋」に売られた少女、きよ葉。女だらけの世界に耐えられず、何度も脱走を試むきよ葉だったが、先輩女郎たちの生き様に
C'est Joli | 2008/03/11 10:47 PM
あらすじ8歳で吉原遊郭の玉菊屋に連れて来られた少女きよ葉は何度も脱走を図るがあえなく失敗。気位が高い花魁・粧ひ(菅野美穂)は、そんなきよ葉に花魁としての生き方を教える。やがて17歳になったきよ葉(土屋アンナ)は、玉菊屋にやって来た青年・惣次郎(成宮寛
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/04/06 10:21 PM
 




(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.