やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 俺は、君のためにこそ死ににいく 』


映画 『  俺は、君のためにこそ死ににいく  』[試写会鑑賞]
2007年:日本 【2007年5月12日公開】[ 上映劇場  ]
監督:新城卓
脚本:石原慎太郎
【キャスト】
岸惠子 徳重聡 窪塚洋介 筒井道隆 寺田農
木村昇 渡辺大 蓮ハルク 前川康之 中村友也
多部未華子 宮下裕治 的場浩司 中越典子 
桜井幸子 戸田菜穂 宮崎美子 勝野雅奈恵 
中原丈雄 遠藤憲一 江守徹 長門裕之
石橋蓮司 勝野洋 伊武雅刀
公式サイト




[石原慎太郎関連作品]
化石の森 狂った果実 処刑の島 錆びたナイフ






愛する人を、守りたかった。


1945年、知覧−「特攻の母」鳥濱トメが明かした真実の物語。


(解説)
昭和19年秋、太平洋戦争で圧倒的劣勢を強いられていた日本軍は、戦闘機に
250キロの爆弾を搭載して敵艦に体当たりする特別攻撃隊を編成。
本来なら未来を担うべき若者たちの尊い命が多数失われていった。
特攻隊の基地のあった鹿児島県・知覧で軍の指定食堂を切り盛りしていた
鳥濱トメさんは、家族と離れて出撃を待つ若者たちに母親のように慕われた人だった。
トメさんは、大切な着物をコメや魚に代え出撃前の隊員たちにご馳走し、深夜の飲食は
違反だと憲兵になぐれられながらも「明日死ぬ人たちじゃないか。私はどうなっても
いい」と言ってやめなかった。そして彼女は、人に明かせぬ彼らの悩み悲しみ
あるいは恐れを聞き取りつづけることになったのである。
トメさん自身の口から若者たちの真の姿を聞かされた石原信太郎氏は、8年前に
本作を企画し、脚本を書き上げた。


(ものがたり)
太平洋戦争末期、富屋食堂を営む鳥濱トメは、知覧が特攻基地となったことを知った。
トメに会いに来ては飛び立っていく特攻隊員たち。二度と帰らない彼らを引き留める
ことも出来ず、複雑な思いを胸に秘め、母親代わりとして慈愛の心で彼らを見守り
続けていく。悩みながらも軍人としての本分を尽くそうとする中西は遺品の郵送を
トメに託し、仲間に先立たれて死を急ぐ板東は、死んだ後に特攻に志願したことを
父親に伝えて欲しいとトメに頼んだ。しかし、それで全てが終わったわけではなかった。生き残った特攻隊員は、罪の意識を抱え、生の意味を問い続ける。
トメは彼らの試練をもまざまざと目の当たりにすることになったのである。
(チラシより)











石原慎太郎さん脚本、新城卓監督の「俺は、君のためにこそ死ににいく」を試写会にて
見ることができました。以前「秘祭」の記事をUPさせていただいていますが新城監督は
このころから特攻隊の人たちをテーマにした作品を考えていたようです。そしてトメさん
から話を聞いていた石原慎太郎さんの思いが重なって、今回の作品公開に辿りついた
ということです。新城監督と石原慎太郎さんの出会いは「秘祭」だったそうです。

「俺は、君のためにこそ死ににいく」は当時、トメさんが特攻隊の若者たち対して、
自分が出来る精一杯のことが心に伝わってくる映画でした。本当は特攻になんか行って
欲しくはないけど、当時の状況では行くなとも言えず、ただただ母親代わりに特攻隊たち
の心を温かく包み込んだとても優しい女性であり時には明日死にに行く特攻隊たちに
規律を押し付ける上層部に対して意見もいえる力強さも持っていた女性です。
この心が美しい女性像を岸恵子さんが演じられています。とても良い雰囲気が漂って
いました。他に多くの実力派俳優の方々が出演されているのですが、この映画では
一人ひとりは特に光らせていないと思いました。これがトメさんをさらに光らせていた
のではないでしょうか。それから戦争シーンも控えめながらも隼を実物大で再現したり
男たちの大和のVFXのスタッフによる戦闘シーンは程よく見応えがありました。そして
兵隊だけでなく女性たちも巻き込まれた空襲シーンはちょっとエグさはありますが
悲惨な状況をしっかり伝えていたと思います。

それから見ていて、当時の特攻隊や女性達の礼節さがとても良いです。今の時代この
礼節さを感じることがとても少なくなったと思います。自分自身、この礼節さはもっと
意識しなければならないです。

特攻隊たちは誰一人、お国のため、なんて気持ちで死んでいったのではないと思います。
表面はそうでも、心の中で家族のため、愛する人の為と悲痛な思いだったのではないで
しょうか?あるシーンで誰の為に特攻に行くのか解らない....という身の上の青年が
います。決してお国の為に死にに行くとは言いません。胸が締め付けられるシーンです。

この映画は死んで行くだけでなく元特攻隊と生き残ったことの辛さも描かれています。
そして生きていくことの大切さも・・・・・

1日1クリックの応援よろしくお願い致します♪   



[岸恵子関連作品]



※お詫び

先日、この記事にTBを頂いていたと思いますが、スパムTBの整理中に誤って削除して
しまったようです。本当に申し訳ございません。 ブログサーチしてみたのですが、
ブログ名を覚えていなかったので、見つけることができませんでした。
大変お手数ですが再度TBを頂けるとありがたいです。貴ブログの記事は読ませていただいて
おります。宜しくお願い致します。


  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 22:58 | - | - | - |
コメント
from: ジェニファー   2007/05/15 2:51 PM
お世話になってます。今、楽天のみっしゅさんの
ところでお名前を拝見して飛んできました。
私もランキングこのたび参加することになりました。 と言っても やっぱり邦画好きさんみたいな
大きな所ではありません。

でも 今 やっぱり一位に輝いていらっしゃるのを
拝見してうれしかったです。
あこがれのやっぱり邦画好きさんなので
毎日また応援に 伺いますね。
おかげさまで もうすぐ50万hitです。
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/05/16 6:01 PM
■ジェニファーさま
ご無沙汰でーす♪
といってもちょくちょくブログには遊びに行かせて
いただいておりました(^^;

あこがれなんて。もったないない(笑)
ジェニファーさんほとにほんとに私がブログの初心者のころからお世話になっている方ですので、こちらこそ憧れです♪
私もこれから応援させていただきますね!

from: マリモ   2007/05/26 10:06 PM
私、この映画観ました。とてもいい映画ですよ。(たまにショッキングな場面もあるけど…)
from: マリモ   2007/05/26 10:07 PM
私、この映画観ました。とてもいい映画ですよ。(たまにショッキングな場面もあるけど…)
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/05/29 4:52 PM
■マリモさま
ごらんになられたんですね。
人それぞれ戦争に対する考え方がありますよね
でも皆、二度とこのようなことがないことを
願っているのは確かですね
私も良い映画だと思いました。
from: 明るい未来   2007/05/29 9:37 PM
“邦画(^^)好き…”さん
今晩は!v(^o^)

この作品、
当時の、特攻隊員の食事所、
“富屋食堂”の女将さんの実話から、物語りが作られと言う事で、

『俺は、君のためにこそ死ににいく』

鑑賞してきました。

不思議と
“鳥濱(とりはま)トメ”さん役の“岸惠子”さんが、御本人に見えてしまいました!

☆オープニングの
昭和18年(1943年)戦時中の、少年達のあの笑顔から、
一片して、将来の日本の歴史の為に無くなられた、延べ5000人余りの日の丸特攻隊の勇士な姿には、悲痛な思いでみてました。

◎トメさんのまわりの
“中西(徳重聡)”君や
“坂東(窪塚洋介)”君の、残された物が背負う苦しみなどが、事細かく表現されている事も、中身の濃い作品に仕上がっていたと思いました!
☆“中越典子”さんご無沙汰だったので、とてもウレシカッタです!
…ε(^^)з

※映画としての、善し悪しを語れない一作で、悲しみのあまり
涙(;_;)が、出て来てしまいました!
…ε((´≧ω≦`))з

では、ただいまっ!
ε(^^)З¶…⊆ ̄”、
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/1311
人気blogランキングへ 昨日、「俺は君のためにこそ死にに行く」の試写を観てきた。この映画は特攻隊員の母といわれた鳥濱トメさんと死にに行く特攻隊員を描いたもので、石原慎太郎東京都知事が8年前に企画し、脚本を書き上げた。映画の随所に石原氏らしさが垣間見え
池下事務所(社会保険労務士・行政書士・マンション管理士)のくらしの相談室 | 2007/05/06 12:16 PM
愛する人を、守りたかった。昭和19年(1944年)秋、特攻隊の出撃基地となった鹿児島県知覧町を舞台に、若くして命を散らしていった特攻隊員と彼らに暖かく接して出撃する最後まで見送っていった食堂経営者・鳥濱トメさんとの交流を軸に描くストーリー。■特攻隊を
シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー | 2007/05/14 11:23 PM
公開日 2007/5/12監督:新城卓製作総指揮・脚本:石原慎太郎出演:徳重聡/窪塚洋介/筒井道隆/多部未華子/中越典子/戸田菜穂/伊武雅刀/岸恵子 他【あらすじ】昭和19年秋、太平洋戦争で圧倒的に不利な戦況に陥っていた日本軍は、少ない戦力の中で敵と戦う最後の手段とし
Good job M | 2007/05/15 6:35 AM
「俺は、君のためにこそ死ににいく」を鑑賞してきました”特攻の母”として慕われた鳥濱トメさんの視点から、特攻隊員たちの熱く哀しい青春を実話を基にし描いた戦争群像劇。トメさんと長年親交を深めた石原慎太郎氏が脚本を製作総指揮を担当。ストーリーは・・・昭和1
日々“是”精進! | 2007/05/15 12:27 PM
「俺は、君のためにこそ死ににいく」は太平洋戦争で敗戦濃厚だった日本帝国軍が行った飛行機特攻で命を散らした若者たちとそれを見守る事しかできなかった鳥濱トメさんの生涯が描かれている。石原東京都知事総指揮の映画としても話題だが、この時代からみた特攻について
オールマイティにコメンテート | 2007/05/16 1:09 AM
特攻隊員から 母のように慕われた 鳥濱トメさん。 彼女に聞かせてもらった 隊員たちの真実の声。 苛酷な時代を生きた、 美しい日本人の姿を 残しておきたい。 『思い返せば返すほど、み〜んな素晴しか、美しか若者たちでございもした。』 愛する人
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/05/16 8:25 PM
ホタル帰る―特攻隊員と母トメと娘礼子/赤羽 礼子 ¥1,575 Amazon.co.jp 休みの日が『俺は、君のためにこそ死ににいく』の初日上映と重なったので映画館に行ってきた。 石原慎太郎製作総指揮ということで、井筒監督の言葉を借りるならば、どんな「戦争美化映
競馬の予備校(・皿・)y━&大人の笑学校 | 2007/05/19 12:18 PM
期待値: 76%  石原慎太郎 脚本の戦争映画。 岸恵子、徳重聡、窪塚洋介、筒井道隆 出演。 ストー
週末映画! | 2007/05/20 10:54 PM
今となっては現職の東京都知事から、美しい日本と美しかった日本の若者達を取り戻すために書いた脚本といわれると、いささか政治的な匂いがしてしまう・・・ 1941年12月日本軍はハワイ真珠湾奇襲に成功するも、1942年6月ミッドウェー海戦に惨敗して背走を続け
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/05/21 1:19 AM
昨日までこの映画を観たいとは微塵も思ってなかったが、 映画を観に行こうと思いたち予告編を観まくった結果、 どうしてもこの映画が観たくなった。 特攻隊の話、石原慎太郎氏脚本・監修ってことよりも、
映画君の毎日 | 2007/05/21 9:04 AM
昨日、現在上映中の映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」を鑑賞してきました。
FREE TIME | 2007/05/21 10:53 PM
さっそく・・・・・ ゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン ホンダラさん さっそくコメント感謝です
「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! | 2007/05/22 12:19 AM
都知事、入魂の一作。 「俺は、君のためにこそ死ににいく」というまるで軍歌みたいなタイトルに、製作委員会のクレジットにズラズラと並んだ右系メディア。 ある意味で、久々に政治的な遠慮の無い思いっきりの良い戦争映画であ
ノラネコの呑んで観るシネマ | 2007/05/22 2:18 AM
{{{   ***STORY***                 2007年  日本 昭和19年秋。太平洋戦争で不利な戦況の日本軍は、最後の手段として戦闘機に爆弾を搭載し、敵艦に体当たりする特別攻撃隊を編成。鹿児島県の知覧飛行場はその特攻基地となった。軍指
Cartouche | 2007/05/24 12:19 PM
昨日ZARDのボーカル坂井泉水さんが死去したことを知った。思えば俺が高校から大学時代にかけての頃が人気絶頂だった人だけに正直ビックリしてショックを受けた。未だに「揺れる想い」を初めて聞いた時の「あぁ~何ていい曲なんだ!」と心の底から感動してドキドキし
徒然なるままに… | 2007/05/29 9:55 PM
俺は、君のためにこそ死ににいく 第二次世界大戦末期、 一億総特攻全国民玉砕の世相の中、 陸軍最大の特攻基地のあった鹿児島知覧の 富屋食...
『映画な日々』 cinema-days | 2008/09/21 3:04 PM
 




(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.