やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 夕凪の街 桜の国 』


映画 『  夕凪の街 桜の国 』[試写会鑑賞]

2007年:日本 【2007年7月28日公開】[ 上映劇場  ]
監督:佐々部清
脚本:国井桂
原作:こうの史代「夕凪の街 桜の国」
【キャスト】
田中麗奈 麻生久美子 吉沢悠 中越典子 
伊崎充則 金井勇太 田山涼成 粟田麗
藤村志保 堺正章


公式サイト



夕凪の街桜の国 夕凪の街桜の国 こうの 史代





[佐々部清監督関連作品]
夕凪の街 桜の国
夕凪の街 桜の国
カーテンコール チルソクの夏 特別版 四日間の奇蹟 出口のない海 特別保存版 (初回限定生産) 





生きとってくれて ありがとう。

広島−ふたつの時代に生きるふたりの女性を通して、
いま、生きる喜びを痛感する。


(ものがたり)

原爆投下から十三年が経過した広島の街。そこに暮らす平野皆実は、
会社の同僚・打越から愛を告白される。しかし彼女には家族の命を
奪い、自分が生き残った被爆体験が深い心の傷になっていた。
その彼女の想いを打越は優しく包み込むが、やがて皆実には
原爆症の症状が現れ始める・・・。
それから半世紀後。現代の東京に暮らす皆実の弟・旭は、
家族に黙って広島への旅に出る。
その父を心配する娘の七波は旭の後を追う内に、家族が
背負ってきたものや自分自身のルーツに思いを馳せていく・・・。

『夕凪の街』
昭和三三年の広島市街。原爆投下から十余年を経て、復興の
進んだ街は活気を取り戻していた。
母親・フジミと二人でこの街に住む平野皆実は、ある日、
会社の同僚・打越から愛の告白を受ける。しかし彼女は、
原爆で死んだ妹・翼や父親のことが脳裏からはなれなかった。
「どこかで、お前の住む世界はそっちじゃないという声がする・・・。
うちは。この世におってもええんじゃろうか?」
自分が生き残ったことに負い目を感じ、幸せに飛び込んでいけない
皆実を打越は「生きとってくれて、ありがとうな」と
優しく抱きしめるのだった。
ところが突然、皆実は身体に異変を感じ始める・・・。

『桜の国』
平成十九年、夏の東京。石川七波は、最近父親の挙動が不審で
あることを心配していた。今夜も一人、自転車ででかけていく旭を
つけてみると、彼は駅で切符を買い始める。その姿を見ていた七波は
小学校時代の同級生・東子と久々に再会。
二人が電車から長距離バスへと乗り換えた旭の後を追うと、
目的地は広島だった。七波は旭が広島で立ち寄る先や
会う人々を遠めに見ていくうちに、亡くなった祖母・フジミや
伯母・皆実へ思いをめぐらせる。一方東子は皆実の弟・凪生と
付き合っていて、両親から被爆者の末裔である凪生との関係を
反対されていた。自分のルーツと向き合う七波、原爆がもたらした
真実を平和資料館で実感する東子。
二人は、広島でかけがえのない瞬間を過ごしていく・・・。
(公式サイトより)




1945年8月6日は広島に原爆が投下された日…。その8月6日の前に、この映画
「夕凪の街 桜の国」が公開されます。この物語は原爆投下から13年後の昭和33年
が「夕凪の街」の話、そして平成19年が「桜の国」という構成になっています…
 日本映画人気ブログランキング 








監督は「出口のない海」「半落ち」「チルソクの夏」「四日間の奇蹟」など、どの作品も
人の心をじっくりと丁寧に描いている、佐々部清監督です。佐々部監督も好きな監督の
一人です。その佐々部監督の最新作「夕凪の街 桜の国」も、とても丁寧に描かれた映画
でした。物語は昭和33年の時代から始まります。主人公は麻生久美子さん演じる皆実。
このパートでは皆実と、会社の同僚である打越との純愛を軸に描かれています。しかし、
皆実の父と妹は原爆で命を亡くしてしまって、母親と二人暮らし。弟もいるのですが疎開
で離れ離れで暮らしています。この弟の旭が「桜の国」と繋がる人物です。
皆実は幸せを感じると、自分が生きていていていいのか?という言葉が襲ってくるという
精神状態を背負っているのです。物語の中では、心に打ち付けるセリフがあります。
そして映像面で印象的なのは銭湯シーンです。人々の身体には、いつまでも残っている
被爆の痕。忘れようとしても忘れられない。それが銭湯という公共の場でどうしても目に
入ってしまうという状況がわずかな時間の中で描かれています。そして原爆投下直後の
街の人々の状況は「絵」によって表現されているのですが実写よりも、この「絵」の方が
原爆の怖さが一層伝わってきました。
皆実も被爆者のひとり。原爆症の症状があらわれます。
後半の「桜の国」は、それから半世紀後の話で、東京で暮らす皆実の弟・旭は定年で、
最近行動がどうも何かおかしい。もしかしたらボケてきているのではないかと娘の七波
は心配で夜中に出かける父の後を尾行します。その途中、幼馴染の東子と偶然出会い、
一緒に父親の後を追うのですが、父親が向かった先は広島だったのです。この「桜の国」
のパートでは被爆した家族に対する偏見の目。それは差別とは違い、自分の家族に辛い
思いをさせたくないという心が描かれています。そのような深い問題を描きながら七波の
家族の繋がりを父親の後を追いながら、昭和33年と平成19年を交差させた物語に
なっています。

この映画を観て、どんなに被爆者の方々の辛さ、悲しさ、悔しさをわかろうとしても、
本当の辛さは理解することができないとつくづく思いました。しかし、こういう現実が
あるということを忘れないためにも意味ある映画だと思いました。世界の中で、日本に
そしてその日本の中で何故、広島だったのか?広島に原爆が落ちたのではなく落とされた
とセリフにあります。とても重く心にずっしりくるセリフです。誰かが死ねばいいと
思って原爆が落とされた。それなのに皆実は生きてしまっている。そして原爆症の症状が
悪化したとき、自分が死んで行くことで誰かが喜んでいる。というセリフは、今まで自分
は思いもしなかったセリフでした。

映画「夕凪の街 桜の国」は決してお涙頂戴な作りになっていないと思います。確かに
涙を誘うシーンはいくつかありますが、それ以上に忘れてはならない大切なものを心に
焼き付けることができた映画でした。

 日本映画人気ブログランキング 





[麻生久美子関連作品]

[田中麗奈関連作品]



  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 07:46 | - | - | - |
コメント
from: miyu   2007/07/22 3:56 PM
(〃⌒ー⌒)/どもっ♪
ご心配をお掛けしましたが、戻ってまいりました。
この映画は想像していたよりも心にずっしりとくる
しっかりとした作りの映画のようですね。
悲しいコトに広島や長崎に起きた事が徐々に忘れられてしまうのが現実でしょうから、
やはりこういった映画の意義はより重いものになっていくのかもしれませんね。
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/08/02 3:57 PM
■miyuさま
こちらこそ、この度はお返事が遅くなったことお詫び申し上げます。
miyuさんが更新をお休みするのは珍しいですからね
戻ってこられて良かったです♪

この映画は内容は重いと思いますが、観やすい作品になっていると思いますので機会がありましたら、ご覧になってみてください。
from: 明るい未来   2007/08/03 7:25 PM
.。*゚゚☆*.★.*☆゚゚*。.
★〃☆ε(^・ω・^)З
;*⌒∋(^^)¶トン・トンэ~
〃Жヾ ̄ ̄¬ゞ*;эЭ
“邦画^^好き…”эЭ
さん、こんばんは!

シアターN渋谷
(13:30)にて
『夕凪(ユウナギ)の街
桜の国』
鑑賞してきました。

この作品、2つに分かれているので、
 ↓△函付けさせてもらいます。

 嵳柴/ユウナギの街」☆昭和33年、“ピカ”の犠牲になられた被爆者、
“平野皆実(ミナミ)”
(麻生久美子)さんの、背負っている病と、心の悩みを丁寧に描かれていて、
この時代の
“原爆ドーム”の風景を、綺麗に再現されていたのには、ビックリしました!
◎同僚の、
“打越(ウチコシ)”
(吉沢悠)さんの、優しい気持ちが、
“ピカの病”を乗り超えて、
“皆実/ミナミ”さんを包みこんでくれた時には、嬉しい気持ちで一杯でした。
疎開されていた弟の、“旭”(伊崎充則)さんと、
“打越”さんとの、川辺のシーンは、心が痛みました。

そして…
◆嶌の国」平成19年◎退職された、
“旭”役の
“堺正章”さん、この役柄がピッタシで、今回の御目当ての俳優さんでした!
久しぶりに持ち前の^^“堺正章”さん的な、
つづく、ε(;^-^)з
from: 明るい未来   2007/08/03 7:52 PM
ε(^o^*)y…start!

独特な仕草が好きでした!
GOOD!…ε(^^)з

娘役の
“七波(ナナミ)”こと
“田中麗奈”さんと、
友人役の
“東子”こと
“中越典子”さんが、物語りの重みを、少し軽くしてくれたので、後半のストーリが楽しめました。
この作品を観る前に、“七波/ナナミ”と“東子”の役柄を、
2人のイメージからどうコナサレルのか、楽しみに待っていたのです…
〇鑑賞後^^イメージ通りになっていたので良かったです。

 慷柴笋粒后
◆愃の国』
を一つにまとめてくれた、母親役
“藤村志保”さんが
物語りの軸として、最後まで崩さずいてくれたので、2つに分かれている作品も、観やすかったです。

※“邦画^^好き…”さんの^^感想ドウリ
丁寧に描かれてましたね!
スンナリ心の中に入ってくる作品で、
自分の知らない事を沢山教えてくれた映画でした。
物語りの雰囲気からしても、
1時間58分、飽きる事なく^^観れて良かったです!

では、『怪 談』と、
『天然コケッコー』
観てきます!

★.。.・:*゚☆゚*:・.。.★
2段ベットで早く寝ます
…m(Ээ ̄⊇⊆ ̄ε)m
。。゚ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゚̄。。
/з^^)-))/_・ε\H!
゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚ ̄ ̄ ゚゚゚̄
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/08/09 11:51 AM
■明るい未来さま
麻生さんがとにかく良かったです!、あの川辺のシーンは心締め付けられました。
桜の国では田中麗奈さん、中越典子さんを見るのが楽しみで、期待通りでよかったです。
佐々部監督らしさの漂う丁寧な映画でしたね!
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
         夕凪の街 桜の国(2007年、アートポート) http://www.yunagi-sakura.jp/ 監督:佐々部清  原作:こうの史代 出演:田中麗奈、麻生久美子、吉沢悠、堺正章、他          昭和33年広島、皆実は同僚の打越から求愛されるが、
ライターへの道〜私の観るもの、感じる事を伝えたい!〜 | 2007/07/19 8:47 AM
人気ブログランキングの順位は? 広島のある 日本のある この世界を愛する すべての人へ 広島 あの日から十三年 消し去れぬ想い そして、現代 ふたつの違う時代に生きる二人の女性が、 今ひとつの物語を紡ぎはじめる。 生きとってくれて
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/08/04 12:21 AM
ヤクルトホールで行われた「夕凪の街 桜の国」の試写会に行ってきました。 こんな内容の映画です。 『原爆投下から13年後の広島。そこに暮らす平野皆実(麻生久美子)は、打越に愛を告白される。だが彼女は、原爆で父と妹を失い、自分が生き残っているという事が深い
Thanksgiving Day | 2007/08/11 11:39 AM
 期待以上の作品でした。心揺さぶられる作品であるにもかかわらず、よくみると書法はきわめてストレートで技巧的なところはほとんどありませんでした(あるいは決して目立たぬような技巧を駆使しているのか)。  
シネクリシェ | 2007/08/12 10:05 AM
希望は咲き誇る。
Akira's VOICE | 2007/08/12 12:31 PM
昨日、劇場にて鑑賞 心に負った傷は大きい 転んで怪我をした。 そのすり傷や切り傷は人間の自然治癒力で時間と共に治る ただ、その転び方によっては深く心に傷が付く 自分でつまづいて転んだ。 よほど、心弱い人でなければ心に傷つく
すれっからし塾講師のシネマライフ | 2007/08/14 12:23 AM
昭和20年(1945年)年8月6日、 広島市は人類史上最初の原子爆弾の投下を受けました。 『何度夕凪が終わっても このお話はまだ終わりません。』「夕凪の街 桜の国」
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 | 2007/08/15 8:50 PM
ピカあるいはピカドン、その新型爆弾の毒にやられて苦しむ人が、いかに多かったことか、その威力は遠く岡山にあってさえ窓ガラスを震わせたという・・・ 昭和33年広島、平野皆実(麻生久美子)は父と妹を原爆で亡くし、弟の旭は叔母の養子となって遠く水戸に
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/08/18 11:05 PM
佐々部清監督作品「夕凪の街 桜の国」です。 と言っても、文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞などを受賞したという、こうの史代さんの原作も読んでいないし、まったく予備知識なしで観に行ったのですが。
明日へのヒント by シキシマ博士 | 2007/08/24 9:18 AM
夕凪の街 桜の国 試写会(イマジカ試写室) 「原爆は落ちたんじゃなく落とされたんよ」 一瞬で人も街も吹き飛ばされた。誰かに死んでしまえと思われていた。 とてもとても恐いことです。そこにいたというだけの人が全てを失い、かろうじて生き残った人も「どう
駒吉の日記 | 2007/08/24 5:29 PM
あの日の あの場所 消せぬ遺伝子   この映画、一応は2部構成。原爆投下から13年後の広島を舞台にした「夕凪の街」と、それから50年後の現在の東京を描いた「桜の国」。  まず「夕凪の街」。母フジミ(藤村志保)と2人で暮す平野皆実(麻生久美子)。彼女
空想俳人日記 | 2007/08/25 9:06 PM
広島行は乗車券価格お得な格安3900円広島県広島発着の夜行バス便の予約、出発到着時刻や混雑に関して確認できます。乗車場所は広島 広島駅新幹線口 ホテルグランヴィア前や西条 広島大学学生会館前などになります。
夜行バス 広島 | 2008/03/18 5:45 PM
あらすじ昭和33年広島、皆実(麻生久美子)は同僚の打越(吉沢悠)から求愛されるが、彼女は被爆した心の傷と、自分が生き残った罪悪感に苦しんでいた。半世紀後、皆実の弟の旭(堺正章)は家族に黙って広島へ向い父を心配した七波(田中麗奈)は、後を追う内に家族の
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/08/23 12:45 PM
友人が試写会を観に行ってほめてました。 割と評判いいですよね。 原作は漫画なのですね。 第9回手塚治虫文化賞新生賞、 平成16年度文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞を受賞した、 こうの史代の同名コミックの映画化だそうです。 昭和33年広島、 平野皆実は同
映画、言いたい放題! | 2008/11/04 4:06 PM
夕凪の街 桜の国 [DVD] (2007/日本) 昭和33年広島、皆実は同僚の打越から求愛されるが、彼女は被爆した心の傷と、自分が生き残った罪悪感に苦しんでいた。やがて、皆実に原爆症の症状が現れ始める。半世紀後、皆実の弟の旭は家族に黙って広島へ向い、父を心配し
みかんのReading Diary♪ | 2009/01/20 5:18 PM
 




(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.