やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 クワイエットルームにようこそ 』




映画 『  クワイエットルームにようこそ 』[試写会鑑賞]

2007年:日本 【2007年10月20日公開】[ 上映劇場  ]
監督:松尾スズキ
脚本:松尾スズキ
原作:松尾スズキ 「クワイエットルームにようこそ」

【キャスト】
内田有紀 宮藤官九郎 蒼井優
りょう 妻夫木聡 大竹しのぶ

公式サイト


クワイエットルームにようこそ クワイエットルームにようこそ





目醒めたら、「そこ」にいた。

佐倉明日香28歳
めくるめく再生の14日間

(ものがたり)

佐倉明日香。28歳。バツイチ。職業はフリーライター。
締め切りに追われ、仕事に行き詰まる毎日。
同棲相手とも、すれ違いの微妙な状態。
そんなある日、目が醒めたら−見知らぬ白い部屋にいた。
そこは“クワイエットルーム”と呼ばれる閉鎖病棟だった・・・。
(チラシより)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「クワイエットルームにようこそ」は原作・脚本・監督を松尾スズキさんが担当されて
いる作品。“原作とイメージが違ぁ〜う”なんて言わせないぞぉ〜、と松尾さんの声が
聞こえてきそうです(笑)先日、試写会で見ることが出来ました。期待以上の素晴らしい
作品でした!日本映画人気ブログランキング


【関連作品】

クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組)
クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組)

図鑑に載ってない虫 スペシャルコレクターズBOX(DVD2枚+CD1枚)初回限定
図鑑に載ってない虫

イン・ザ・プール
イン・ザ・プール

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組)
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン















松尾スズキワールドを充分に楽しめる作品だと思います。この松尾スズキワールドを受け
入れがたい方にはダメかも知れませんが、そういう方でも一見の価値があるかも知れません。
ドラマの延長線のような映画ではないです。松尾スズキという映画人が作った素晴らしい
映画だと思います。

主演は内田有紀さん。そういえば先日始まった新ドラマ「医龍2」にも出演されていますね。
昨晩録画していたのを見ましたが、面白いですね。画面に釘付けになってました(^^;

さて「クワイエットルームにようこそ」は、内田有紀さん演じる主人公の佐倉明日香が
ある日、目が覚めるとクワイエットルームにいたわけなんですが、このクワイエット
ルームのシーンまでの持って行き方が私には衝撃的。見ている方も、ここはどこ?
わたしはだれ?なぜここにいるの?状態にさせらました。
明日香は目が覚めてから何故、ここにいるのか記憶を辿って行くのですが、見ている方
としては、明日香がクワイエットルームに入るまでの状態はオープニングのシーンしか
情報が無いわけです。この情報と明日香が辿る記憶が見ていて一致しないのです。
このズレがさらに、この物語への興味を深いものにさせてくれます。
そして物語を複雑にしてくれるのが宮藤官九郎さん演じる鉄雄です。
鉄雄は明日香の同棲相手。部屋で倒れていた明日香を見つけたのが鉄雄だったのです。


この物語は明日香が辿る記憶を軸として、女子だけの閉鎖病棟を舞台としたお話。
そこには様々な理由で精神的に病んでいる患者が入院しています。
その患者たちと自分は何かの間違いで入院したんだ、自分は正常なんだ、と思っている
明日香の心と心のぶつかり合いが描かれています。入院患者たちを演じているのは蒼井優
さん、大竹しのぶさん、中村優子さん、高橋真唯さんらが見事な演技を見せてくれます。

宮藤さんをはじめ個性溢れるキャストの方々の演技を見ていると松尾スズキさんを見て
いるようにも錯覚してしまいます。振付けも松尾スズキさんがやってるんですよね。
鉄雄の後輩を演じている妻夫木聡さんのパンク演技も楽しませてくれました。
そしてミキを演じた蒼井優さんもかなりスリムな面立ちになっていて、かなり減量された
のだろうなと思います。女優魂を感じます。

この「クワイエットルームにようこそ」は、何が正常で何が異常か見ていてとても怖さを
感じます。物語は閉鎖病棟内での話しですが、考え方によっては、これが今、私たちが
生きている世界なのかも知れません。
「正常」と「異常」の基準なんてないかも知れません。人によって正常と感じるもの異常
と感じるもの、それぞれ違いがあると思います。物語では蒼井優さん演じるミキは見てい
る限り異常とは見えません。逆にりょうさん演じるナースの方が何か異常ではないかと
思えたりします。ある線を越えるか越えないかだけ。その線とは何か?考えさせられる
映画です。

自分がある日目が覚めたら「クワイエットルーム」にいた時のことを想像するととても恐怖
を感じます。そして、もしかしたら今、生きてる世界がクワイエットルームかも・・・・
日本映画人気ブログランキング



【出演者関連作品】

堤幸彦原案「ホテルサンライズHND ~最後のステイ~」
ホテルサンライズHND ~最後のステイ~

死んでもいい デラックス版
死んでもいい

タイガー&ドラゴン「三枚起請の回」
タイガー&ドラゴン「三枚起請の回」

北の国から 2002 遺言
北の国から 2002 遺言




  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 16:32 | - | - | - |
コメント
from: クララ   2007/10/16 11:33 AM
前半は思いっきりツボにはまりました。
でも後半は打って変わって重くのしかかってきて。
大竹しのぶさんの演技が不気味で怖くてムカついて(笑)
改めて凄い女優さんだなぁと思いました。
そうなのそうなの、ある意味りょうさんの方がヤバイんでないの?
って思ったりしましたよね。
ホント・・・冗談でなく、ある日、目が覚めたら「クワイエットルーム」に居たなんて
妙に現実感があって怖いです〜。゜゜(´□`。)°゜。
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/10/21 12:53 PM
■クララさま
大竹さんの怪演は見応えありましたね〜
りょうさんとの組み合わせが観ていて、腹立たしさを
増幅させてくれました(笑)
でもりょうさんのラストはよかったですね^^

from: ブリ   2007/10/27 10:18 AM
はぢめまして。ブリといいます。人気ブログランキングから来ました。
雑誌で松尾スズキと宮藤官九郎さんの対談を雑誌で見てチェックしてたのですよ。いやぁ面白かったです。前半はクスクス笑ったな。病院で妙にハイテンションな鉄ちゃんと冷めている明日香の会話がツボでした。
ちょい役のブッキーも楽しそうに演じていたし大竹しのぶが「浮いちゃうのでは・・?」とも思える演技だったのですが。みんな演技達者だしちゃんと旨くまとまっていましたね。
ミキが明日香に「どっちも名前みたい」といいますが松尾スズキもどちらも苗字みたいですね。

更新頑張ってください。でわでわ。
from: hito   2007/10/27 3:43 PM
こんにちは。
面白かったですね〜もっと笑い満載の映画かと思っていたのでかなりイメージ違いましたけど。お知り触って「落ち着く〜」のシーンには吹いてしまいました。

蒼井優ちゃんさすがでしたし、個性的な人が多くてかなり楽しめました〜
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/10/28 9:33 PM
■ブロさま
はじめまして!
ストーリーの面白さと、やはりキャストの方々のすばらしい演技は見所ですね!
確かに松尾監督の名前もどっちも苗字のようですよね(笑)
大人計画の方々の名前は、みんな面白いですよね。
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/10/28 9:36 PM
■hitoさま
おしり触って・・・ は確か松尾監督の実生活からのアイデアのようですね(笑)
キャストのみなさんそれぞれ強い個性の方々ばかりで
楽しませてくれましたね!
from: 龍女   2007/11/02 3:55 AM
映画の日に観に行って来ました。
 いやあ、濃い映画でしたね。
 殆ど台詞ない箕輪はるかサンは閉鎖病棟が似合いすぎておかしいです。
 
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/11/04 8:49 PM
■龍女さま
濃いかったですね〜
結構見るのに体力が必要な感じもしました(笑)
箕輪さん確かに似合ってましたね(^^;
from: 咲太郎   2007/12/06 1:29 AM
お久しぶりです
久々に邦画を観ました
「恋の門」も好きな映画ですが
こちらも楽しめました。
冒頭からまんまと松尾監督の術中に嵌ってしまいました。
そうなんですよね
フィクションなのに、とても他人事には思えない
リアリティがあり、恐怖しました。
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/12/13 7:38 PM
■咲太郎さま
こちらこそご無沙汰しております。
咲太郎さんも松尾監督の術中に嵌ってしまいまいましたか(笑)
何が正常で誰が正常なんて、ほんとわからないですよね。
人それぞれの感覚ですからね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/1368
監督:松尾スズキ 出演:内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、大竹しのぶ、妻夫木聡 「フリーライターの明日香。締め切りに追われるある日、目が覚めたら見知らぬ白い部屋の中にいた。手足を縛られた状態で、何があったか思い出そうとしていると入ってきたのは
日々のつぶやき | 2007/10/27 3:35 PM
■状況 109シネマズ佐野にて無料鑑賞券で観賞 ■動機 松尾スズキと平岩紙と主題歌 ■感想 満足。 ■あらすじ 仕事も恋愛も微妙な28歳のフリーライター明日香(内田有紀)は、ある日目が覚めると見知らぬ白い部屋にいた。そこは“クワイエットルーム”と呼ばれ
新!やさぐれ日記 | 2007/10/27 5:26 PM
人気ブログランキングの順位は? 佐倉明日香 28歳・ライター・バツイチ めくるめく 再生の14日間 わたしは ここ で 生まれ変わるのだ
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/10/28 9:59 PM
個性あふれる豪華キャストで それぞれの役どころがとてもおもしろかったです{/face_warai/} 何とも言えない笑いが「松尾ワールド」の良さなのかな{/eq_1/}{/eq_1/} ひとつ心残りは (個人的なそれも小さな小さな事ですが{/face_ase2/}) エンドロールでハリセン
happy♪ happy♪♪ | 2007/10/29 7:32 AM
「クワイエットルームにようこそ」の試写会に行って来ました。 今回は、CINEMA CAFEによるブロガー試写会です。 会場は、豊洲のシネコンです(やはり映画館で観れるのは嬉しい) もっとブロガー試写会を増やして貰えると嬉しいなぁ。
アートの片隅で | 2007/10/29 1:59 PM
ブロガー試写会に招待されました。 場所は豊洲のシネコン。 遠いけれど、綺麗ですよね。 お店、沢山あって楽しいし♪ でも遠い。(T^T) 佐倉明日香、28才、バツイチ。職業フリーライター。 締め切りに追われ、仕事に行き詰まる毎日。 同棲相手とも、すれ違いの
映画、言いたい放題! | 2007/10/29 2:51 PM
久しぶりの映画鑑賞です。お友達の試写での評判がよいので映画館へ。監督・原作・脚本:松尾スズキ 歌:LOVES. 出演:内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、妻夫木聡、大竹しのぶ、中村優子 制作データ:2007/日本 アスミック・エース上映時間:118分仕事も恋愛も
たーくん'sシネマカフェ | 2007/10/31 9:53 PM
28歳でバツイチの明日香は、締め切りに追われるフリーライター。同棲相手の放送作
映画細胞〜CinemaCell | 2007/11/01 10:22 PM
ある日突然、精神科の閉鎖病棟に閉じ込められた、ひとりの女性の物語です。
水曜日のシネマ日記 | 2007/11/02 11:30 AM
静粛に ただいま人間 改造中   とりあえず、内田有紀殿、お久し振りでございます。いろいろおありになったかとは存じますが、素晴らしき世界の中で、もがき楽しみ活躍するよな好抜擢な役柄を思う存分演じなされたこと、惜しみなく拍手を贈らさせて頂きとうござ
空想俳人日記 | 2007/11/02 11:00 PM
クワイエットルームにようこそ(2007) Director : 松尾スズキ Genre : ヒューマン Runtime : 118 min Cast : 内田有紀, 宮藤官九郎, 蒼井優, りょう, 大竹しのぶ, 妻夫木聡 Company : アスミック・エース 参考リンク → CINEMA TOPICS ONLINE わたしは ここ
RE:ねこのうたたね | 2007/11/03 1:27 AM
映画の日 仕事前に強引に劇場鑑賞 コミカルに楽しく鑑賞できる作品だが、実はテーマは重い シュールに楽しんだ シュールに面白かった けど、怖いよね 紙一重だから・・・・ このストレス社会に生きていて、いつ自分がそうなってもお
すれっからし塾講師のシネマライフ | 2007/11/03 2:16 AM
現在、全国ロードショー中です。監督、脚本・・・松尾スズキ原作・・・松尾スズキ『クワイエットルームにようこそ』(文藝春秋刊)出演・・・内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、中村優子、高橋真唯、馬渕英俚可、筒井真理子、宍戸美和公、平岩紙、塚本晋也、平田満
MY HIDEOUT〜私の隠れ家〜 | 2007/11/09 12:11 PM
≪ストーリー≫ 佐倉明日香は28歳のフリーライター。ようやく手にした署名コラムの執筆は行き詰まり、同棲相手ともすれ違いが続く微妙な状態。そんなある日、明日香は気がついたら、真っ白な部屋のベッドに拘束されていた。やってきたナースに「アルコールと睡眠薬の過
ナマケモノの穴 | 2007/11/11 1:38 AM
目が覚めたら記憶が覚束ない、 そして身体は動かない。 ・・・クワイエットルームのベッドの上で〜〜〜「クワイエットルームにようこそ」
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 | 2007/11/12 9:32 PM
笑えるんだけど笑えない、痛くもシュールな・・・ ‘哀しい女の物語’に泣きそうになりました。 ‘クワイエットルーム’とは精神病棟の隔離部屋のことだったんだ。。。 この映画の初っ端はいきなり‘クワイエット’とは相反するツカミで、 いや〜、これから何が
future world | 2007/11/17 1:48 AM
クワイエットルームにようこそをシネマライズで見て来た。 佐倉明日香(内田有紀)は、仕事も恋愛も上手くいかない28歳のフリーライター。明日香の同棲相手で、弱々しく自分をも
Schicksal | 2007/11/18 7:43 PM
芥川賞候補にもなった松尾スズキの同名小説を自身が監督し、映画化した作品です。 佐倉明日香は28歳のフリーラーター。仕事は行き詰まり、同棲相手とも上手くいっていない状態にいました。ある日、気がついたら、真っ白な部屋のベッドに拘束されていました。「アルコ
日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2007/11/28 8:53 PM
今日は12月1日 1日と言えば何の日? そう、日本全国、月に一回、どんな映画でも1000円ポッキリで観られる日 映画の日です! というわけで、間もなく終わってしまうであろう 前々から観たかった 松尾スズキ監督のクワイエットルームにようこそに行っ
世界の中心で、愛をうたう | 2007/12/06 1:32 AM
  Welcome to The Quiet Room ようこそ、この世界の果てのワンダーランドへ   10月30日、MOVX京都にて鑑賞。あの「大人計画」の主宰者、松尾スズキが、原作・脚本・監督を手がけた作品「クワイエットルームにようこそ」、主役には9年ぶりの長編映画
銅版画制作の日々 | 2007/12/11 2:20 AM
映画[ クワイエットルームにようこそ ]を渋谷シネマライズで鑑賞。――去年の作品一覧を読み返していたら、[ クワイエットルームにようこそ ]の記事を途中まで書いたままにして放置にしていたことに、気がついた。 “忘れちゃいないか、あの映画2007”のラストは
アロハ坊主の日がな一日 | 2008/02/06 10:28 PM
クワイエットルームにようこそ 松尾スズキの芥川賞候補作品を 自身で脚本・監督。 クワイエットルーム=精神科閉鎖病棟 個人評価 ★★ ...
『映画な日々』 cinema-days | 2008/10/21 2:45 AM
あらすじ佐倉明日香は28歳のフリーライター。ようやく手にした署名コラムの執筆は行き詰まり同棲相手ともすれ違いが続く微妙な状態。そんなある日、明日香は気がついたら真っ白な部屋のベッドに拘束されていた。アルコールと睡眠薬の過剰摂取により丸2日間昏睡状態だ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/11/11 9:54 PM
 




(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.