やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 殯の森 THE MOGARI FOREST 』


映画 『  殯の森 THE MOGARI FOREST 』[劇場鑑賞]

2007年:日本/フランス 【2007年6月23日公開】[ 上映劇場  ]
監督:河瀬直美
脚本:河瀬直美

【キャスト】
うだしげき 尾野真千子 渡辺真起子
斉藤陽一郎 ますだかなこ


公式サイト








(ものがたり)

奈良県東部の山間の地。旧家を改装したグループホームに暮らすしげきは、
亡くなった妻の想い出とともに静かな日々を過ごしている。ここに新任介護福祉士と
してやってきた真千子もまた、不慮の事故で子どもを亡くした喪失感を抱えて生きて
いた。介護する側、される側という立場を超えて、少しづつうち解け合っていくしげき
と真千子。ある日、二人はしげきの妻が眠る森に、墓参りへと出かけていく。
だが、道に迷った二人は、森のなかでさまざまな洗礼を受けていく・・・。
(チラシより)





「素晴らしき女性監督たち」のコーナーで河瀬直美監督の「萌の朱雀」「火垂」
「沙羅双樹」の3作品をピックアップさせていただいておりますが、
「殯(もがり)の森」も奈良を舞台にした最新作で第60回国際映画祭コンペティション
部門・審査員特別大賞グランプリ受賞作品です・・・ 日本映画人気ブログランキング 








そういう評価を受けた映画ですから多分、期待して見に行った方も多いかと思います。
私はあまりそういったカンヌだとかアカデミーだとか何故か気にしない方なのです。
どんなに素晴らしい賞をとった作品でも自分が見て気に入らなければ意味ないですし、
逆に気に入った作品が受賞して騒がれたりすると覚めてしまう、スーパー天邪鬼とでも
言いましょうか(^^;

賞をとるということは喜ばしいことなので否定はしませんけどね(笑)
ちなみに河瀬直美監督の「萌の朱雀」「火垂」「沙羅双樹」の3作品を持っていますが、
「萌の朱雀」が第50回カンヌ映画祭カメラ・ドールを受賞していたことなんて、ブログに
記事UPするまで気にもしていませんでした(ゴメンナサイ)それから話は変わりますが作品
を購入する時、一番ワクワクしながら購入するパターンが「得体の知れない作品」を購入
することなんです。多分そういう方多いと思いますが、私もその一人です。
特にストーリーもチェックせず、監督・キャストも気にせず購入しておいて忘れた頃に
見てみる、というパターンがいいですね(笑)こういう買い物の仕方はあまり悩まず、
パっと買ってしまいます。そして見てイマイチだったとしてもあまり後悔することは
ないです。というのは慎重に選別して購入するとどうしても好みが偏ってきてしまって
気がついたら同じジャンルで楽しくないんです。そういった買い物の仕方をしていなけ
れば河瀬直美監督の3作品を購入することは無かったと思います。そしてこの3作品を
見ていたからこそ、河瀬直美監督の作風が何となくでも掴めていて「殯(もがり)の森」
も抵抗なく見ることができたのではないか、と思います。初めて見た河瀬直美監督の作品
は「萌の朱雀」なんですが1度見ただけでは私は河瀬作品をよく味わえなかったんです。
何度も見直しました。それは面白いとか美しいからでなく、他の邦画とは異なる世界観が
漂う映画で内容は理解できなくても言葉にできない「何か」を掴みたかったし、自分に
「馴染ませたい」作品だと思ったからなんです。こういった感覚を持たせる作品は少ない
と思うんです。初見から河瀬監督の作品の良さがわかる程、私は眼が肥えていませんし、
今でも本当の良さがわかっているわけでもありません。それは一枚の何だか良くわから
ない写真を直感でなく、見ているうちにいつの間にか「いいな〜」って思えるような
感覚にもにているかもしれません。

さて本題の「殯(もがり)の森」ですが正直な感想は、もう一度見てみないと何とも…
って感じです。映像の素晴らしさやテーマはわかるので、どうも漠然としていて(^^;
これは今までの作品と同じような感覚です。面白い映画ではないと思います。
でも決して私にとってつまらない映画ではなく、何度も見てみようという気にさせる
不思議な力を持った作品だと思います。これが私の河瀬直美監督の作品に対する感想です。
映像の良さは劇場で味わえたので、できればDVDで自宅で見てみたいですね。

 日本映画ブログランキング 


  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 21:46 | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/1392
生きていること 死にゆくこと すべての境界を越えて いま つながる命の物語
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/06/03 4:47 PM
第60回カンヌ国際映画賞でパルムドールに次ぐ、 グランプリ(審査員特別大賞)を受賞した作品です。 なんと、公開前に国営放送のBSハイビジョンで特別放映されるらしい というので、人にお願いして録画してもらいました。 公開前なのに、製作側は太っ腹ですね。 で
映画、言いたい放題! | 2007/06/04 8:49 PM
「河瀬直美監督『殯の森』がカンヌ映画祭でグランプリ受賞」というニュースが飛び込んできました。誰しも、かどうかは判りませんが、僕は情けないことにタイトルの字が読めない。これには困りました。5月27日閉幕した第60回カンヌ国際映画祭で、日本からコンペ部門に出
とんとん・にっき | 2007/06/10 8:06 AM
これまでの河瀬直美監督の劇映画は、具体的に何が好きかを言葉にできた。
長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ | 2007/06/13 12:54 AM
         殯(もがり)の森(2007年、日本/フランス、組画) http://www.mogarinomori.com/ 監督・脚本:河瀬直美 出演:うだしげき、尾野真千子、渡辺真起子、他          妻を亡くし、山間部のグループホームで介護スタッフとともに共
ライターへの道〜私の観るもの、感じる事を伝えたい!〜 | 2007/07/13 2:28 PM
どんな人間も、いつかは死ぬ。恐らく、すべての人間にとって、平等に訪れる唯一のものが死なのだと思います。もちろん、その死のあり方は、人様々だし、そこには、経済力や権力が大きく左右する場合もありますが、少なくとも、今のところは、権力や財力で死ぬことを回避
日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2007/07/14 7:05 PM
「殯(もがり)の森」監督・プロデュース・脚本:河瀬直美出演:うだしげき、尾野真千子、渡辺真起子、斉藤陽一郎、ますだかなこ奈良県の一地方の町の少し外れにある古い庄屋(?)を改造したグループホームに暮らしている集団があった。住人は7人の老人と3人の若い女性
再出発日記 | 2007/09/23 1:23 AM
 こういう映画は、観てすぐではなく、半年から1年以上経ってから語るべきものなのかもしれません。  そして観る時は、神経を研ぎすませ、身じろぎもせずに鑑賞するようなタイプの作品なのかもしれません。  こ
シネクリシェ | 2007/10/03 6:12 AM
映画[ 殯(もがり)の森 ]をユーロスペースで鑑賞。 僕のサラリー時代の同僚が、河瀬直美監督を絶賛していたのを思い出した。 その同僚は、河瀬監督の[ 萌の朱雀 ]を観て、感銘を受け一時期、映画美学校のドキュメンタリー科に通ったほどである。今やその同僚も
アロハ坊主の日がな一日 | 2007/10/25 11:35 PM
監督:河瀬直美 出演:うだしげき、尾野真千子、渡辺真起子、斉藤陽一郎、ますだかなこ 評価:66点 公式サイト (ネタバレあります) 2007年度カンヌ国際映画祭グランプリ(審査員特別賞)を受賞した作品。 エンタメ性など全く期待していなかったが、ここ
デコ親父はいつも減量中 | 2007/10/28 9:36 PM
『萌の朱雀(もえのすざく)』でカンヌ国際映画祭でカメラドールを受賞し、世界中から注目されている河瀬直美監督の最新作。監督自身の故郷である奈良を舞台に、人間の生と死を描く人間ドラマ。役者初挑戦のうだしげきが、妻を亡くし、心の空白をうめようと懸命に生きる
サーカスな日々 | 2007/11/26 3:29 AM
生きていることの意味、それはゴハンを食べること、オカズが美味しいということ、そして何かを感じること・・カンヌで審査員特別賞の河瀬直美監督作品・・ ここは奈良県山間地、軽度の認知症を患う人たちのグループホームに新人介護福祉士の真千子(尾野真千子
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2008/01/19 1:47 AM
殯の森(2008/04/25)ますだかなこ斎藤陽一郎商品詳細を見る監督:河瀬直美 CAST:うたしげき、尾野真千子 他 カンヌ映画祭 カメラドール賞...
Sweet*Days** | 2008/08/04 10:28 AM
■動機 「萌の朱雀」を見て、存在を思い出した ■感想 てっきり自分を生める穴を掘ったものかと・・・ ■満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ■あらすじ 妻を亡くし、山間部のグループホームで介護スタッフとともに共同生活を送るしげき(うだしげき)。そこに、
新!やさぐれ日記 | 2008/08/07 9:10 PM
 




(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.