やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 象の背中 』



映画 『  象の背中 』
[試写会鑑賞]

2007年:日本【2007年10月27日公開】[ 上映劇場  ]
監督:井坂聡 脚本:遠藤寮男
原作:秋元康
【キャスト】
役所広司 今井美樹 塩谷瞬 南沢奈央
井川遥 高橋克己 白井晃 手塚理美
益岡徹 笹野高史 伊武雅刀 岸部一徳 

公式サイト





最期まで、一緒にいてくれる人はいますか?

幸せな家庭、会社での地位。
何不自由なく暮らしてきた48歳サラリーマンに
突然言い渡された死の宣告。
余命半年−
その時、彼はかけがえのない愛を知る。



(ものがたり)

象は、自らの死期を察知した時、群れから離れ、死に場所を探す旅に出るという。
自分の死を見せたくないのだろうか? それとも、この世への未練を断ち切るためだろうか?
・・・俺には出来ない。姿を消すことは出来そうにない。愛する人に見送られたい

余命半年。「今」この幸せを、生きていく。

妻と2人の子供、幸せな家族4人。何不自由なく暮らしてきた48歳の中堅不動産会社
部長・藤山幸弘は、今まさに人生の“円熟期”を迎えていた。しかし、ある日突然、
医師に肺がんで余命半年と宣告されてしまう。その時、彼が選択したのは、延命治療で
なく、今まで出会った大切な人たちに直接会って、自分なりの別れを告げることだった。
これまでの人生を振り返って自分が生きた時間とはこういうものだったと、しっかり
見極めて死にたいと思ったのだ。それは妻・美和子と、夫婦としてあらためて向き合う
ことでもあった。すべてを妻にさらけ出した夫。そして、夫のすべてを受け入れた妻。
23年間を共に過ごしてきた夫婦にとって、この最後の半年間は、忘れ得ない、かけがえ
のない時間となる・・・(チラシより)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

役所広司さん演じる藤山幸弘は癌で余命半年と宣告を受けるところから物語がはじまります。
この宣告シーンの見せ方、演出、そして役所さんの演技にひきつけられました・・・
日本映画人気ブログランキング


【井坂聡監督関連作品】

g@me.


破線のマリス


マナに抱かれて


[Focus]













そして次の瞬間に藤山が居たのは、自分が手がけてきたプロジェクトの建設予定地です。
この空き地に独り立つ藤山は今までのこと、そしてこれからのこと等、心の中がきっと
乱れているだろうなと思います。そこで今井美樹さん演じる妻の美和子からの検査の結果
がどうだったか?という電話・・・藤山は妻に本当のことを隠します。

このシーンで藤山の今までの人生の価値観を想像することができます。

藤山の余命半年の決意は「死ぬまで生きたい」。延命治療をせず、できるだけ癌のことは
隠して、今まで通り生きていこうとします。
そんな決意の中、藤山が最初に真実を明かしたのは塩谷瞬さんが演じる長男。多分、藤山
にとって長男は未だ頼りないと思って、真実を打ち明けることでしっかりして欲しかった
のではないかと思いました。
実はこのシーンで私は早くも涙することに・・・いきなりかよって感じでした(^^;

この映画、一見、美談、理想主義と思わせるようで、家族思いの優しい男でなく、実は男
の身勝手さ、そして弱さ、情けなさをさらけ出し、周りの人たちに支えらている男の物語
だと私は思いました。

いきなり涙を誘われた長男への告白シーンの後、井川遥さん演じる愛人の元へ藤山が訪れ
たシーンで、さっきの涙が一気に冷めてしまいました。
映画「象の背中」を美談、理想という角度で見ると、この愛人を登場させることに疑問を
持つと思います。これはラストの方で、藤山が岸部一徳さん演じる藤山の兄と会話する
シーンがあるのですが、ここで全て納得できました。男のエゴです。
このエゴで家族がどんなに辛い思いをするか?藤山は自分の父親のことで、その辛さを
味わっているにも関わらず、自分も同じことをやろうとしてるんですよ。
なので愛人登場は、この物語において重要なファクターだと私は思いました。

病気物の映画ですが、良いシーンが沢山ちりばめられています。特に藤山が過去出会った
人物に再会するシーンは再会相手の俳優さんも良くて見応えがあります。その中の一人で
藤山の会社が倒産に追い込んだ取引先の社長との予期せぬ再会がなかなか良いです。この
笹野高史さん演じる社長のセリフがいいんです。

この映画の良さを感じるのは主人公の周りの人間たちの「さりげない優しさ」です。
主人公はカッコ良く死んで行こうとしているのですが実はカッコいいのは「さりげない優しさ」
を与える周りの人物たちです。

あとどうしても気に入らなかったのはホスピスでのバルコニーのセットが違和感がありま
した。せっかくラストを美しくしようとしているのに嘘臭く、徹底した美しさを追求して
いないように感じました。何故、こういう些細なことを気にしてしまったかというと、
藤山の自宅は不動産会社の管理職らしく、世田谷か目黒にありそうな立派な家を使って
いて、内装も拘っていたのに・・・という、些細なことなんですけどね(^^;
それからエンドロールのスナップでこの映画が安っぽく思えてしまえたのは残念です。
日本映画人気ブログランキング



【出演者関連作品】

バベル スタンダードエディション
バベル

温かなお皿
温かなお皿

犬死にせしもの
犬死にせしもの

叫 プレミアム・エディション







  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 12:56 | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/1429
今井美樹、いまだに美しいです。というかサラリーマンの妻にしてはちょっと綺麗過ぎます。生活感が感じられません。
八ちゃんの日常空間 | 2007/10/09 11:33 PM
{/hiyo_en2/}あそこに見えるビルは何? {/kaeru_en4/}キリンビールの本社だ。 {/hiyo_en2/}役所広司ってキリンビールのCMにも出ていたわよね。 {/kaeru_en4/}ああ、たしか一番搾りのCMに出ていた。 {/hiyo_en2/}ほんとにいろんな映画やCMに出ているわね。 {/kaer
【映画がはねたら、都バスに乗って】 | 2007/10/13 6:57 PM
当たり前に過ごしていた日常な中で、 余命半年と医師に告げられ 延命治療でなく「最後まで生きる」という事を選択。 残された時間はあとわずか{/hiyo_shock1/} 今までに出会った大切の人たちに直接別れを告げようと決意する。 この作品は女性の目から見ると、理解
happy♪ happy♪♪ | 2007/10/20 11:19 AM
「象の背中」の試写会に行ってきました!で、なんと、この試写会には、スペシャルゲストがありまして、この映画の主題歌「最期の川」を唄っているケミストリーだったのです{/atten/}そのアナウンスがあった途端、もう場内は騒然{/roket/} 試写会へ行って、こういうゲス
Yuhiの読書日記+α | 2007/10/20 9:29 PM
象の背中『象の背中』(ぞうのせなか)は、秋元康原作の小説。産経新聞紙上に連載され、2006年に単行本として出版された。これまでの恋愛ものが主であった秋元の著作とは異色の作品で、末期の肺癌で、余命半年と診断された48歳のサラリーマンの心情と
まみの記録 | 2007/10/25 9:45 AM
「象の背中」は余命半年と宣告された48歳の中年男性が延命治療をせず、残された時間で家族や今までお世話になった人に対してケジメをつけていくストーリーである。残された時間で何ができるのか?それを考えさせられる内容として観る事ができるだろう。
オールマイティにコメンテート | 2007/10/31 9:17 PM
公開日 2007/10/27監督:井坂聡出演:役所広司/今井美樹/井川遥/塩谷瞬/南沢奈央/高橋克実/伊武雅刀/岸部一徳 他【あらすじ】妻とふたりの子ども、幸せな家族4人。会社での地位も得て順風満帆に暮らす藤山幸弘は、今まさに人生の“円熟期”を迎えていた。だが、ある日
Good job M | 2007/11/01 5:29 AM
秋元康の小説が原作。 主人公は役所広司 、妻に今井美樹 、 子供達に塩谷瞬 、南沢奈央 、 愛人に井川遥 、 岸部一徳が主人公の兄を演じています。 末期ガンで死を迎えるようになった 男の心の旅路を描いています。 思ったほど、泣くことはなかったです。 宣伝に乗
花ごよみ | 2007/11/02 9:02 PM
□作品オフィシャルサイト 「象の背中」□監督 井坂聡 □原作 秋元康(「象の背中」扶桑社刊) □脚本 遠藤察男□キャスト 役所広司、今井美樹、塩谷瞬、井川遥、白井晃、益岡徹、伊武雅刀、岸部一徳 ■鑑賞日 10月27日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満
京の昼寝〜♪ | 2007/11/04 11:08 AM
(c)「象の背中」製作委員会 象の背中 公式サイト 昨日は映画の日でしたが、夫がたまたま仕事休みだったので 一緒に行ってきました^−^ 映画館は3ヶ月ぶり〜。 監督は「愛の流刑地」の井坂聡監督、出演は役所広司、今井美樹、井川遥。 ☆*゚ ゜
無節操ニンゲンのきまま生活 | 2007/11/04 11:13 PM
人気ブログランキングの順位は? 象は、なぜ死を覚悟したとき、群れから離れ 死に場所を探す旅に出るのだろうか? 「今」この幸せを、生きていく── 人生で最も輝いた、夫婦の180日間。
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/11/06 12:30 AM
原作:秋元康 監督:井坂聡 出演:役所広司、今井美樹、塩谷瞬、南沢奈央、井川遥、高橋克実 「不動産会社に勤める48歳の藤山幸弘は妻と二人の子供と平凡に幸せに暮らしていて。しかしある日突然末期の肺がんであることを告知される。余命半年という医師の宣告に、
日々のつぶやき | 2007/11/15 11:10 AM
のほほ〜んと過ごす毎日。 もしも余命6ヶ月であると宣告されたらどんな日々を送るんだろう? そんなことを考えさせられる作品だ。 私より先にこの映画を観たという娘に 「泣けたけど、いまいちだった。」 と、感想をメールした。 「どうして?」 「う〜ん
こころね* | 2007/11/23 6:37 PM
【象の背中】 10月27日土)公開 監督 : 井坂聡 出演 ...
MoonDreamWorks★Fc2 | 2008/03/21 10:42 AM
◎肺ガンで「余命半年」と宣告された男は、残された時間を通じて自分の人生と関わった...
横田のつぶやき<映画・交友 | 2009/01/12 7:11 PM
 




(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.