やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 人が人を愛することのどうしようもなさ 』


映画 『  人が人を愛することのどうしようもなさ 』
[劇場鑑賞]

2007年:日本【2007年9月8日公開】[ 上映劇場  ]

監督・脚本:石井隆

【キャスト】
喜多嶋舞 津田寛治 永島敏行 美景(みかげ)
伊藤洋三郎 山口祥行 中山俊 城明男
志水季里子 品川徹 竹中直人 
公式サイト





すこしだけ、私に愛をください。


(ものがたり)
人気女優として活躍する土屋名美。だが私生活では同じく俳優の夫・洋介と破局の危機を
迎えていた。多忙を極める名美を横目に、下り坂の洋介は若い女優と浮気。その荒んだ
生活は、長いすれ違いで心身ともに蝕まれていた名美をさらに追いつめていった。現在
撮影中の新作『レフトアローン』では、夫・洋介が名美演じるヒロイン鏡子の夫役として
共演。しかも、洋介の浮気相手の女優まで出演というスキャンダラスなキャスティング
がマスコミの注目を集め、マネージャーの岡野はその対策に忙殺されていた。そんな中、
ひとりの編集者・葛城が名美にインタビューを試みる。「映画『レフトアローン』
−それは愛のない夫婦生活に絶望した女優・鏡子の切ない物語。俳優である夫の言葉の
暴力、そしてたび重なる不倫・・・。耐えきれず電車に飛び乗った鏡子は車内で自らに下品
な化粧をほどこし、ネオンの街角で声をかけてきた男たちに体を売る。それは自分を女
として見なくなった夫への復讐か、それとも自分を取りもどすための女としての本能なの
か?−」劇中の鏡子と自分を重ねるかのように、葛城に映画の解説をする名美。
だがそこには・・・・・・。やがて誰もが想像しなかった衝撃の結末が訪れる。
( チラシより )


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予想をはるかに上回る、とても見応えのある、石井隆監督の最新作でした・・・
日本映画人気ブログランキング
人が人を愛することの
どうしようもなさ

関連商品をamazonで検索
CLICK

【喜多嶋舞関連作品】

女優・喜多嶋舞 愛/舞裸舞 映画「人が人を愛することのどうしようもなさ」より
女優・喜多嶋舞 愛/舞裸舞
映画「人が人を愛することのどうしようもなさ」より


GONIN2
GONIN2

人が人を愛することのどうしようもなさ
人が人を愛することの
どうしようもなさ













【 感 想 】

公開の一週間前に「“名美シリーズ”傑作選オールナイト上映」を見た後、首をながぁ〜く
して楽しみにしていた「人人(関係者の間では略して、ひとひとと言っているみたい)」
を観てきたわけですが、いやぁ〜予想以上の映画で、とても満足させてもらいました。

物語の構成は、映画の中の映画の中の映画の中と映画の中・・・という作りになっていて
女優・名美の現実と映画の中を女優・喜多嶋舞さんのとても見事な演技が、更に映画を
素晴らしいものにしていると感じることができました。(胸中絶賛状態)
物語の中にいままでの石井隆監督の作品、名美シリーズの「天使のはらわた 赤い教室」
「夜がまた来る」や「GONIN」シリーズや「花と蛇」などのエッセンスが含まれて
いて石井隆監督作品を好きな私は、それだけでも楽しめましたが、何よりも喜多嶋舞さん
の演技に見事に引き込まれてしまいました。もちろん身体を張った演技なんですが、
そういう部分はもちろんのこと、名美を演じる喜多嶋舞さんがいて、名美が演じる女優
の喜多嶋舞さんがいて・・・一人でさまざまな「女」を演じる喜多嶋舞さんの女優として
の力を見せ付けられました。これまでも石井隆監督の作品では様々な女優の方々の名演を
観ることができましたが、今回の「人が人を愛することのどうしようもなさ」の名美を
演じる喜多嶋舞さんの演技は、寂しさや悲しさ、そこからくる異なる欲求、そして精神
状態が一線を越えたときの行動など、とてもパワーのある演技でした。

キャスティングは、これまでの作品にも出演されている顔なじみの面々です。実は私は
竹中直人さんは石井監督の出演している竹中さんの演技が一番好きです。
そして名美シリーズオールナイト上映でのトークショーで石井監督の大ファンだと仰って
いた津田寛治さんの名美のマネージャー役が見事にハマっていたと思います。

今回の素晴らしさを感じた要因に映像のダークな美しさがあります。石井監督作品は物語
の内容からして、どうしてもダーク。それも重量感ある映像なんですが、今回はそこに
美しさが加わっていたと思います。エロチックな映像もこの美しい映像がいやらしさを
マイルドな描写にしていたと思います。それでも受け付けない方はいると思いますが…

邦画ジャンルの中では石井隆監督作品は少し異例だと思いますのでオススメはいたしませんが
やっぱり邦画好き…としては石井隆監督作品の中でもお気に入り度NO1といえる作品です。
 日本映画人気ブログランキング

[石井隆監督関連作品]





  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 04:32 | - | - | - |
コメント
from:   2007/09/04 2:37 AM
石井隆監督はいろんな意味で衝撃を受けました。
ある方の花と蛇がエロくておもしろいという
話を聞いてDVDを購入したのですがあたりでした(ぉぃ

AVって「やる」ことがわかっているから
つまらないんですよね。
どういう過程でそういうシーンになったかが
おもしろいと思うんですよ。

そういう意味で、女性誌anan1513号も
おもしろいと思います。
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/09/04 2:10 PM
■谷さま
仰る通りですね!それぞれのジャンル、それぞれの楽しみ方がありますが、
邦画というジャンルで石井監督のギリギリの大人の愛を
映像で表現されている監督ですね!
from: tohjiro   2007/09/09 11:06 AM
疾走するアスリートを間近で観たような感動がありますよね。ほんとうにパワーがある映画であり、喜多嶋舞さんの演技だと思いました。今は精気をもらったような、不思議な充実感、高揚感に包まれています。ダークな美しさ、というのもまさにその通りですね!
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/09/09 3:46 PM
■tohjiroさま

>疾走するアスリートを間近で観たような感動

仰る通りですね!!!

この手の映画を観終えたあと、余韻に浸れることは
あまり少ないのですが、この映画は別格でした。

喜多嶋舞さんは本当に素晴らしかったです。
from:   2007/09/10 9:31 PM
見てきました。
これはストーリーがよい!

新宿で見ましたが映画館の場所が・・・・
わかりにくい・・・慣れの問題?
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/09/11 5:36 PM
■谷さま
ストーリー良かったですね!
シネマート新宿、わかりにくかったですか?
JRからちょっと遠いですけどね、、、、(^^;
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/1493
木村拓哉主演映画「HERO」見てきました 本日公開、木村拓哉主演映画「HERO」を早速見てきました。 『これはいい映画だったなぁ』が映画を見終わって感じました。 映画のスケール感は正直あまりありません。 ドラマも特別編もなんかいも繰り返しみてしまったから
木村拓哉主演映画「HERO」映画・試写会・画像情報 | 2007/09/09 4:50 AM
人が人を愛することのどうしようもなさ  R18 http://hito-hito.jp/ シネマート新宿にて 花と蛇の石井隆監督作品 この映画の中で映画の撮影の中に2つの映画の撮影が同時進行していて...
単館系 | 2007/09/10 9:28 PM
{/kaeru_en4/}いまどき、桜が満開とは珍しいこともあるもんだ。 {/hiyo_en2/}狂い咲きっていうのかしら。 {/kaeru_en4/}狂い咲きっていやあ、喜多嶋舞だよな。 {/hiyo_en2/}石井隆監督の最新作「人が人を愛することのどうしようもなさ」の主演女優のことでしょ。 {/kae
【映画がはねたら、都バスに乗って】 | 2007/10/03 10:15 PM
「さて、今日もずっと前に観た映画の話をしちゃうかな」 ----あ〜あ。石井隆の長いタイトルの映画ね。 こういうの苦手な方じゃなかった。 女性がいたぶられて堕ちていく話でしょ? 「う〜ん。でもね、 その実、石井隆の映画は 女性が悲惨な目に遭いながらも物語の最後に
ラムの大通り | 2007/10/08 11:10 PM
―――今回は、いつも以上にエロに触れていますので、苦手な方はご注意を。 映画[ 人が人を愛することのどうしようもなさ ]を新宿シネマートで鑑賞。 70席ぐらいしかない狭い映画館。そのせいか劇場内は、ギラギラした性欲まじりの視線とオヤジ臭がまん延しちょり
アロハ坊主の日がな一日 | 2007/10/26 1:59 AM
 




(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.