やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 包帯クラブ 』


映画 『 包帯クラブ 』[試写会鑑賞]

2007年:日本【2007年9月15日公開】[ 上映劇場 ]
監督:堤幸彦 脚本:森下佳子
原作:天童荒太

【キャスト】
柳楽優弥 石原さとみ 田中圭 貫地谷しほり
関めぐみ 佐藤千亜妃 風吹ジュン 岡本麗
大島蓉子 国広富之 塩見三省 原田美枝子

公式サイト





あの包帯がなければ、ただの10代だったと思う。
「包帯一本巻いて世界が変わったら、めっけもんやん。」

人生をあきらめてしまう、その前に。



(ものがたり)
人生のキズをいやす「部活」がある。

〈包帯クラブ〉とは、インターネットを利用し「傷ついた出来事をクラブのサイトにて
受付ける→傷ついた人の傷ついた場所に包帯を巻きに行く→手当てした風景をデジタル
カメラで撮影、投稿者のアドレスに送る」という活動。関東近県の中都市で生活する
少年−少女のディノ、ワラ、タンシオ、ギモ、リスキが集まって〈包帯クラブ〉を結成
した。他人の傷に包帯を巻きながらも、彼らもまた日々悩み、傷ついている。ワラは
子供の頃の両親の離婚や進路、タンシオは恋愛、リスキは家計。ギモにも人に言えない
トラウマがあり、ディノにも・・・・・・。
他人の傷を知ることで、気づかなかったことにしていた自分の傷と向き合いはじめる
ワラ達。なんとなく疎遠になっていたワラの友人・テンポをクラブに誘ってみるが優等生
のテンポは冷たく、その誘いを断る。同じ頃、包帯クラブの活動を偽善だと中傷する
書き込みがサイトに増え、警察に包帯が撤去され、包帯クラブに危機が訪れる。
包帯クラブはどうなるのか?そして、隠されたディノの心の傷とは・・・・・・?
( チラシより )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

堤幸彦監督の最新作「包帯クラブ」を試写会で観ることができました。
原作は「永遠の仔」の天童荒太さんです。永遠の仔はご存知の方も多いかと思いますが
2000年春に日本テレビで放送された内容的に重いドラマです。内容はここでは控えて
おきますが、同じ原作者ということもあり「包帯クラブ」も考えさせられるしっかりした
テーマの映画でした・・・ 日本映画人気ブログランキング
包帯クラブ
関連商品をamazonで検索
CLICK

【堤幸彦監督関連作品】

包帯クラブ プレミアム・エディション(初回生産限定)
包帯クラブ プレミアム・エディション(初回生産限定)

大帝の剣
大帝の剣

明日の記憶
明日の記憶

恋愛寫眞 - Collage of Our Life -
恋愛寫眞
- Collage of Our Life -



四谷くんと大塚くん ~天才少年探偵登場の巻
四谷くんと大塚くん
天才少年探偵登場の巻













とは言っても描き方としてはとても観やすい映画だと思います。物語の表向きは心が
傷ついた人からの依頼で包帯を傷ついた人の傷ついた場所に包帯クラブのメンバーが
巻きに言って心の傷を癒すことなんですが、本質は人は知らず知らず無意識に他人を
傷つけていることもあるということが根底に描かれている物語だと思います。

包帯クラブのメンバーたちも、それぞれに悩みやトラウマを抱えています。
このメンバーたちを演じているのが柳楽優弥さん、石原さとみさん、田中圭さん、
貫地谷しほりさん、佐藤千亜妃さんの5人です。みなさんそれぞれ良い演技をされて
いました。柳楽優弥さんは今回かなりの怪演とでもいいましょか、ハイテンションの
役を見事に演じています。このテンションの高さの裏には辛い過去があり、人の痛み
を実感するために行っている行動です。泥水を飲んだり、バクチクを身体に巻きつけ
たり、裸足で通学したり、目隠しをして歩いたりと、それは世界のどこかで泥水しか
飲めない人々、爆弾の中で暮らしている人々、目の見えない人などのことなどの
気持ちを理解するという理由から行っています。でも彼の本当の辛さは過去のことを
常に背負っていて、それに正面から立ち向かえないことです。
そういう少年を柳楽優弥さんが巧く演じられていました。そして石原さとみさんも
この映画で自然な等身大の演技で柳楽優弥さんとのコンビネーションが見事に決まって
いました。そこにちょっとおちゃらけた貫地谷しほりさんの演技、ヤンキー役の
佐藤千亜妃さん、トラウマを抱えた知的な役の田中圭さんなど、それぞれを個性を
巧く表現していたと思います。

監督は堤幸彦監督ですが、この「包帯クラブ」の舞台となった高崎の街の描写、人物
たちの描写なども、独特なタッチで描かれていますが、今までの作品よりは控えめな
感じがしました。映像が控えめな分“音”の演出にこだわっていたのではないかと
思います。BGMが自然な感じで流れているところに、注意を引きたいシーンになると
BGMを突如STOPさせるなど、思わず“何?何?”と身体を乗り出してしまいそうに
なったりしました。ビジュアルも包帯を使ってアーチスティックな映像が特徴です。
予想以上に楽しめて、かつテーマにも考えさせられる映画です。

包帯クラブは、とても素敵なクラブだと思いますが、ただ街に巻いた包帯を残してしま
うのは、いま問題となっている落書きと同じだことだと思いますので、後始末もしっかり
できればもっとよいクラブですね!

そして、どんなに注意をはらって発言や行動しても傷つく人がいるということは
心にとめなければならいと改めて意識付けられました。 日本映画人気ブログランキング

[柳楽優弥関連作品]





  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 11:51 | - | - | - |
コメント
from: 咲太郎   2007/09/16 6:19 PM
主演のふたりのやりとりが個人的に大好きでした。
音がなくなるあの演出、実に効果的でしたね。
そう、無意識のうちに誰かを傷つけてしまっているというのは、私も心の片隅に留めておこうと思いました。
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/09/19 4:26 PM
■咲太郎さま
まったく異なる二人の演技のコンビネーションはとても良かったですね!
私も無意識のうちに失言などしているので、気をつけなければと思いました(^^;
from: あん   2007/09/22 8:33 PM
きゃあ、エントリーの文見ても、コメント欄見ても、優しい人柄が滲み出てますね。
私、昔から顔に似合わず(顔は優しいw)ばりばりキツイ事言うタイプで、今も気をつけていません。
でも、お二人のコメントとか読んでいると、反省しました...。

TBさせて頂きました。
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/09/25 2:16 PM
■あんさま
性格悪いっすよ→やっぱり邦画好き(笑)

from:   2007/10/01 2:20 AM
質問です。
ベスト3がピンクで表示しているのはわかるのですが
この包帯クラブが水色で★なのはどいう意味があるんですか?
from: >お返事 やっぱり邦画好き…   2007/10/01 4:15 PM
■谷さま
アハハ(^^; わからないですよね〜ゴミンナサイ
そこだけに限らず、自分にしかわからない表示の仕方をしている所が多々あるんですよね(^^;

今回の★は、新しく取り入れたマークですが、ベスト10に新しく入ってきた作品という意味でつけております。ブルーは目立つようにしただけです(^^;
意味不明なものが多いと思いますが、色々思いつきで実験的にやっているので、見ている方はなんぢゃ?と思われるでしょうが、お許し下さい。
そのうち(^^;サイト説明をつくろうかと思っているのですが、色々多すぎて、且つコロコロと変えちゃうのでなかなか手付かずになっております。お許し下さい。
from: ストーリーアナリストGO   2008/02/27 12:17 PM
こんにちは!

なかなか、ヘビーなテーマでしたが
そこは堤監督、飽きさせることなく魅せてくれましたね。

優弥くん、よかったですね。
まさに怪演ですかね・笑

では、また。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/1525
堤 幸彦監督の待望の新作! 期待度100%で観に行きました。 私は堤監督の大ファンです。 なので、私の見方はかなり偏ったものであるかもしれない ということをまず最初にお断りしておきます。 堤監督はこういう割としっかりした芯のある映画を撮っ
世界の中心で、愛をうたう | 2007/09/21 5:23 AM
巻きます 効きます 人によります まず言っとく。原作よりも映画のほうがずっといい! 喜劇なのか?!この映画。 会話のテンポとそれぞれのキャラが立っている。 原作で感じた違和感や共感できなかった部分
描きたいアレコレ・やや甘口 | 2007/09/22 8:24 PM
人にではなく、場所に包帯を巻く。人の痛みがわかる人間なんてそうザラにはいないよなぁ〜
八ちゃんの日常空間 | 2007/09/23 10:00 PM
人気ブログランキングの順位は? 心がスッと軽くなる、 奇跡のストーリー キズが、 キズナを強くする。 あの包帯がなければ、ただの10代だったと思う。 人生をあきらめてしまう、その前に。 包帯一本巻いて何かが変わったら、めっけもんや!
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/09/24 3:34 PM
http://www.ho-tai.jp/ 最寄りの映画館にて。 なんの予備知識を持たずに看板だけみて見ました。 最初、包帯クラブと名乗る悪と戦うストーリーかと(爆) そうではなくて、心の隙間をお...
単館系 | 2007/09/24 10:13 PM
評判がいいので観に行きました。 いわゆる当ブログにおいてはココロ系映画としている範疇で、そういうのは描き方も含め、失敗してると癪に障るんだけれど、これ良かったです。この映画、評判いいならまだ日本は壊れてないな、未来はあるかな、と思える作品です。 も
しぇんて的風来坊ブログ | 2007/09/25 10:50 PM
映画の内容は、タイトルのまんま、「包帯クラブ」というサイトを運営し、 人々の傷ついたその場所に、包帯を巻く仲間のお話です。 依頼者が傷ついたその場所に、包帯を巻いた写真を撮り、 依頼者のアドレスに送ります。 依頼者の許可が下りれば、「包帯クラブ」のサイ
「ボブ吉」デビューへの道。 | 2007/09/26 11:44 PM
包みたい 喪いたくない 諦めない   象使いのお話もそれなりに良かった。河毛俊作監督作品の「星になった少年」。でも今では憶えているの、坂本龍一の音楽くらいかな。やっぱり柳楽優弥くんと言えば、是枝裕和監督の「誰も知らない」になっちゃうかあ。インパク
空想俳人日記 | 2007/09/27 6:49 AM
包帯クラブ一見、普通の学生生活を送っている女子高生”ワラ”は実は心の奥底に深い闇を抱えている。ある日、出来心から病院の屋上フェンスを越えたワラはそこで、奇妙なアクセントの関西弁を話す高校生”ディノ”と出会う。   ==================
次は何を観ようかな 〜なりのオススメDVD〜 | 2007/12/17 7:51 PM
心に傷を負った人々を癒すため、依頼の場所に包帯を巻いて回るクラブを結成した若者たちの青春ストーリー。「家族狩り」の天童荒太が書き下ろした原作を、『明日の記憶』の堤幸彦監督が映像化した。奇抜な行動を繰り返す主人公ディノを『誰も知らない』柳楽優弥、ディノ
サーカスな日々 | 2008/05/26 3:25 AM
よくこの作品は感動巨編と書かれたりしているが感動はしない(僕はしなかった、衝撃は受けたけど..
天童 荒太 | 2008/06/29 10:02 PM
あらすじ高校生のワラは、タンシオ、ギモ、偶然出会った不思議な少年ディノたちと「包帯クラブ」を始める。インターネットで傷ついた出来事を投稿してもらいその人が傷ついた場所に包帯を巻く。その風景をデジカメで撮影し、投稿者に送るのだ・・・。感想この映画めっけ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/10/14 7:15 AM
 




(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.