やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 ポストマン 』 / 日本 映画 邦画





映画 『 ポストマン 』 [劇場鑑賞]

日本【2008年3月22日公開】[ 上映劇場 ]

監督:今井和久 脚本:鴨義信
【キャスト】
長嶋一茂 北乃きい 原沙知絵 田山涼成 菊池隆則 遠藤久美子
渡邉邦門 佐野夏芽 小川光樹 前田耕陽 大塚寧々 木梨憲武
古手川祐子 犬塚弘 谷啓 竹中直人 野際陽子

(C)2008[ポストマン]製作委員会 公式サイト 





手紙がつなぐ家族の絆





(ものがたり)

美しい自然に囲まれた千葉県房総町。郵便局員である海江田龍兵もそんな街を愛する
一人。2年前に妻の泉に先立たれ中学3年生の娘・あゆみと、小学3年生の息子・鉄兵
を男手一つで育てている。ある日、進学を控えたあゆみは寮生活となる高校への進学
希望を伝えるが、龍兵は「家族はひとつ屋根の下で暮らすべき」と猛反対。2人の気持
ちは徐々にすれ違っていく中、龍兵は泉の三回忌を機に形見分けを親族に提案する。
「お母さんのことを忘れようとしている」と怒るあゆみに、龍兵は思わず手をあげて
しまい、二人の溝は益々深くなってゆく・・・
見かねた泉の母・園子が、大きな箱をあゆみの部屋にそっと置いていった。その中には
まだ小学生だった龍兵が転校する泉に宛て、それから結婚するまでの16年間、二人の
間で交わされ続けた古い手紙の束が入っていた。龍兵の泉への愛情の深さと仕事への
誇りを感じたあゆみ−
一方、龍兵は配達中に顔なじみの老人が自宅で倒れているのを発見する。彼のポケット
には投函する予定だった手紙が入っていた。−手紙が届くのは元気な証拠− かつて
その老人が言っていた言葉が、龍兵の頭をよぎる。「この手紙を待っている相手いる。
この手紙を届ければ、絶対に助かる。」−そう信じ、龍兵は宛先の住所を目指して
バタンコ(配達用の自転車)のペダルを力強く踏み込んだ。
( チラシより ) 日本映画人気ブログランキング



【北乃きい関連作品】

幸福な食卓 プレミアム・エディション
幸福な食卓

スピードマスター プレミアム・エディション
スピードマスター

ライフ DVD BOX
ライフ DVD BOX

ユビサキから世界を
ユビサキから世界を













ストレート・ど真ん中。デジタル化によって失われつつ、手紙がもたらす心と心の
つながりを温かく描かれた良い作品でした。

長嶋一茂さん演じる郵便配達員の海江田龍兵は、自転車での配達、携帯電話は持たない
という、超アナログ人間で一途な男。家族は一つ屋根の下で一緒に食事をして暮らすも
のだ、と寮生活を必要とする進学を希望する北乃きいさん演じるあゆみの意見を頑なに
拒みます。何故、龍兵がこのような信念を持つようになったか、背景などがとてもわかり
やすく描かれていました。
この“家族”とは?ということと、龍兵が勤める郵便局を舞台とした“手紙”を確実に
届けることの大切さと難しさを局員たちを通して表現されています。
このテーマを中心として龍兵が配達する町の人々、龍兵、息子・鉄兵を含めた、それ
ぞれの“手紙”のエピソードが繰り広げられます。
このエピソードがなかなか良いのです。特に息子・鉄兵のお母さんへの手紙はとても好
きです。今回、北乃きいさんのあゆみという役が一番、感情表現が難しい役どころでは
ないかと思うのですが、鉄兵のお母さんへの手紙に関連する重要なシーン等、北乃さん
はとても良く演じられていたと思います。

龍兵が自転車で遠方へ手紙を届けるシーンなど、映画ならではのありえないシーンなの
ですが、あえてこのような表現をしたことでオチが活きていると感じました。
あと、とても印象的なのは空のすがすがしさ!
悲しいことがあると何かと雨を降らせてしまう映画が多いのですが、「ポストマン」では
そのような表現はほとんどされていないのがとても良いですね!

日本映画人気ブログランキング



【長嶋一茂関連作品】

ミスター・ルーキー
ミスター・ルーキー



  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 05:59 | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/1664
岐阜 モデルハウス
岐阜 モデルハウス | 2008/01/20 12:54 AM
自分は会社で郵便の仕分け、出す処理もやってます。 その郵便局に貼ってあったポストマンのポスターを見て非常に見たくなったので 今日見て...
単館系 | 2008/03/24 6:41 PM
 日本  ドラマ&ファミリー  監督:今井和久  出演:長嶋一茂      北乃きい      原沙知絵      田山涼成 【物語】 千葉県房総町。郵便局員の海江田龍兵は、バイクで配達する局員が多い 中、未だに自転車にこだわり続け、その配達も早くて
江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 | 2008/03/25 1:47 PM
「ポストマン」は千葉の房総を舞台にデジタル化の進む中でアナログの郵便物とバタンコに拘る郵便局員の郵便物を配達する姿と、家族との修復を描いた郵便ストーリーである。昨年郵政民営化で民間となった郵便局だが、郵便物に込められた思いは人それぞれ大きいのは今でも
オールマイティにコメンテート | 2008/03/26 12:48 AM
■動機 誘われたのでなんとなく ■感想 思ったよりも全然面白かった ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 郵便局員の海江田龍兵(長嶋一茂)は2年前に妻(大塚寧々)に先立たれ、中学生の娘あゆみ(北乃きい)と、小学生の息子鉄兵(小川光樹)と暮ら
新!やさぐれ日記 | 2008/03/26 8:02 PM
 長嶋一茂さん主演の映画ということで正直あまり期待してなかったんだけど、泣ける映画だ。 /がって、こんなweb上で書くのもどうかなって思うけど、手紙のよさを実感するね。 アナログ人間の自分は言ってみればこれからどんどん風化していってしまうのかなっていう不
★黄金郷(エルドラド)を求めて★ &ccedil;a va? | 2008/03/31 6:06 PM
 かねてからちょっとエロいと評判の「ブラブラバンバン」を観に道玄坂を上がった。 この映画は基本的には高校のブラスバンド部を描いた作品。  スイングガールズっぽい映画かな、と思いきや違った。これは、ストーリー性云々よりも音楽映画に近いかも。  しょっぱ
★黄金郷(エルドラド)を求めて★ &ccedil;a va? | 2008/03/31 6:08 PM
人気ブログランキングの順位は? 手紙に込められた想い その想いを伝えるために 手紙が繋いだ愛 春の訪れとともに あなたの想い、届けます 思いは、届く。 手紙がつなぐ家族の絆
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/04/02 11:27 PM
富士山のふもと田園風景の中の赤いポスト、収集された手紙は郵便局を経て、房総の漁村の町へと届く・・そこから始まる物語、意外にも感動で泣かされる・・ ポストマンで連想するのは、プリーズ・ミスター・ポストマン・・ ♪言葉にならない気持ちとか  素直
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2008/04/03 1:33 AM
監督:今井和久 出演:長嶋一茂、北乃きい、原沙知絵、田山涼成、菊池隆則、犬塚弘、谷啓、竹中直人、野際陽子、遠藤久美子 「千葉県房総町、郵便局の配達員をする海江田龍平は二年前に妻泉を亡くし、あゆみと鉄平二人の子供と三人で暮らしている。間もなく高校受
日々のつぶやき | 2008/04/11 9:54 AM
はっきり言い切る。 長嶋一茂がめちゃくちゃいい。ますます、好きになった。解説:
ポノちゃんのブログ | 2008/04/19 11:57 PM
ポストマン バタンコ(郵便配達用の赤い自転車)に拘り続ける アナログ配達員一家のお話。 【個人評価:★★☆】 (自宅鑑賞) JP郵政グ...
『映画な日々』 cinema-days | 2009/04/11 12:57 AM
 




(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.