やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 山桜 』
[劇場鑑賞]

映画「山桜」詳細データは「やっぱり邦画好き…com」で!


篠原哲雄監督は好きな監督の一人です。私の知っている限り篠原監督作で時代劇はこれまで
なかったと思います。前作「クリアネス」では本当に篠原監督なのか?という疑い…。
そして最新作の映画「山桜」。それも藤沢周平さん原作、、果たしてどのような作品に仕上がっているのか…。
そんな疑問?を大きく良い意味で裏切ってくれた、凛としたとても良い映画でした。


これまで映画化された藤沢周平さん原作の作品の中では、私は一番好きな作品です。
野江を演じた田中麗奈さんは時代劇に初挑戦。最近ではちょっぴり気が強い役を演じることが多いようですが、
この映画「山桜」ではこれまでの役とは違う、日本女性を演じられています。
多分、映画「山桜」は田中麗奈さんの代表作になるのではないでしょうか?
そして今後、更に幅広い役を演じれる日本の女優へとステップアップして行くのでは
ないかと感じました(既に飛躍されていますが)。
その田中麗奈さん演じる野江のちょっと遠回りの幸せを見つけるお話です。
その相手が東山紀之さん演じる手塚弥一郎なのですが・・・。

全体的に余計なセリフが削り落とされていて、表情、仕草、などを楽しめる演出になって
いてとても味わえる作りだと思いました。そして山形の風景の美しさが良かったと思います。
その景色の中でひっそりとひっそりと咲く「山桜」が主人公・野江と重なり美しくもあり、
強くもある姿は印象的です。幾本も豪華に咲く桜も素晴らしいと思いますが、
ひっそりと咲く桜には違った美しさを感じます。
主人公2人の周りを固めるキャストの方々も豪華ですが決して派手さを見せず、地味でありながら、
存在感を漂わせる言葉なき演技を見せてくれました。

古き日本の心の美しさをバランスよく見せてくれる、とても素晴らしい映画「山桜」、
現時点で本年度お気に入りベスト1の「ぐるりのこと。」と並び、ベスト1にさせていただきます。
日本映画人気ブログランキング


映画「山桜」詳細データは「やっぱり邦画好き…com」で!


【藤沢周平関連作品】

蝉しぐれ プレミアム・エディション 武士の一分 隠し剣 鬼の爪 たそがれ清兵衛










  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 15:50 | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/1746
{{{   ***STORY*** 江戸後期、北の小国、海坂の地。不幸な結婚生活に耐える野江は、叔母の墓参りの帰り、山道に咲く山桜を見つける。その美しさに心惹かれ、薄紅色の花に手を伸ばすが、枝は思いのほか高い。その野江の背中に男の声が響いた…「手折って
Cartouche | 2008/06/06 12:45 PM
【コメント】★★★★★★★☆☆☆ 藤沢周平の同名短編を映画化。 原作のイメージぴったりというわけではないが、かなり忠実に映画化されている。原作はかなり短い短編なので、一読してから見てもいいと思う。 この短編を読めばわかるが、ラストシーンがとても重要、と
シネマテーク | 2008/06/09 5:23 PM
□作品オフィシャルサイト 「山桜」□監督 篠原哲雄 □原作 藤沢周平(「時雨みち」) □脚本 飯田健三郎、長谷川康夫 □キャスト 田中麗奈、東山紀之、篠田三郎、檀ふみ、村井国夫、富司純子■鑑賞日 6月8日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満
京の昼寝〜♪ | 2008/06/17 10:55 PM
人気ブログランキングの順位は? 風雪に耐えて咲く山桜の下 男はひたむきに正義を貫き、 女は熱い想いを胸に秘めた。 幸せへのまわり道──
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/06/26 11:32 PM
テアトル映画のメンバーズカード「CLUB C」に入っていて、メンバー限定のプレゼントで当選した田中麗奈と児玉清のトークショー付の上映回を無料鑑賞するために、新宿のテアトルタイムズスクエアに行ってきました。 やっぱり関係者以外は撮影禁止とのことで、2人の話
cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー | 2008/07/05 11:12 PM
 




(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.