やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 寝ずの番 』
日常 公式サイト



映画 『 寝ずの番 』[ 劇場鑑賞 ] 


2005年:日本 【2006年4月上旬ロードショー】 [ 上映劇場 ]

監 督:マキノ雅彦
脚 本:大森寿美男
原 作:中島らも  「寝ずの番」


 中島 らも 寝ずの番



[ キャスト ]

中井貴一
富司純子
木村佳乃
堺正章
長門裕之
笹野高史
岸部一徳
木下ほうか
真由子
田中章
土屋久美子
石田太郎
蛭子能収
桂三枝
笑福亭鶴瓶
浅丘ルリ子
米倉涼子
中村勘三郎
高岡早紀


バチが当るほど面白い!

上方落語の一門で師匠、一番弟子、おかみさんが次々と亡くなり、
それぞれのお通夜の席で“寝ずの番”をする弟子や故人ゆかりの
温かい仲間たちが、悲喜こもごもの思い出話に花を咲かせる
人情物語。ちょっとエッチで危ない爆笑エピソードの連続のなかに
垣間見える仲間たちの強い愛情、絆が、爽やかな涙、何とも
言えない小粋で心温まる感動を生み出している。



(公式サイトより)






《 感 想 》

やっと観てきました(^^) シネスイッチ銀座は満員御礼♪客層はどちらかというと高めでした(^^;
映画は予告を見ていたので期待以上の笑いは得られなかったものの全体的に楽しめました(^^)
かなり下ネタ満載なのですが嫌らしさはまったく無くいやみの無いギャグで飽きさせません。長門裕之サンの死人の演技にはやられました(笑)そしてこのキャスト陣の中では木村佳乃サンはちょっと異色な感じなのですがイイ味出していて楽しませてくれました。
昔はテレビで落語を見れたのですが今となってはあまり目にする機会がなくなってしまったので少し抵抗感はあると思いますがまったく抵抗なしに見れる映画だと思います。





 1日1クリックだけご協力いただけたら嬉しいです♪

















  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 00:37 | - | - | - |
コメント
from: こっちゃん   2006/04/13 4:20 PM
面白かったですね〜。

これ落語を知ってるともっと楽しいでしょうね(^o^)/
from: miyu   2006/04/13 11:42 PM
あぁ〜やっぱり邦画好きさん行きましたよねぇ〜。
今はこれとかもめが満員みたいですね。
かもめは前売り持ってるんですが、
まだ行けてないんですぅ〜。
これもやっぱり観たいですねっ。
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/04/14 7:02 PM
コメントありがとうございます。

> こっちゃん 様へ

そうですね(^^) でもこのくらいでも充分楽しめますよね!


> miyu 様へ

今、邦画は、この寝ずの番くらいしかないですよね(^^;
かもめ食堂と寝ずの番は、どちらともシネスイッチ銀座ですね。いま一番熱い映画館ですね!
from: tacoss   2006/04/15 12:50 AM
一昨日、池袋で観ました。
年齢層は高かったですね。
お年を召した方達はとても楽しそうに観ていました。
変なところでジェラシーを感じてしまいました。
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/04/16 9:40 PM
コメントありがとうございます。

> tacoss 様へ

やはり年齢層高かったですかぁ(笑)
みなさん楽しんでられていましたよね♪

from: pancopa   2006/04/27 1:50 AM
予告編がまんま見所!?って感じがありましたね。
面白かったですけど(笑)

ちょっと期待しすぎていたかもしれないな〜とちょっぴり辛口な私でした。
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/04/29 5:24 PM
お返事遅くなって申し訳ございません(^^;
ほんとにとんとにすみません(^^;

>pancopa 様へ

仰る通りですね、、まんま(笑)
木村サンと長門サンに私は笑わせてもらいました(^^)

from: miyu   2006/05/04 10:29 PM
や〜っと観て来ました♪
邦画好きさん同様期待以上とはいかなかったのですが、
充分楽しめたと思いますv(。・ω・。)ィェィ♪
にしても、何で前売り1000円だったのかしら?
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/05/06 12:52 AM
コメントありがとうございます。

> miyu 様へ
なんで1000円だったんでしょうね(^^;
まぁ安いにこしたことないで、、よしにしましょう(笑) 

 
from: あっしゅ   2006/10/26 2:47 PM
こんにちわ。あっしゅです。
観ましたよぉ〜。
もう下ネタ三昧でしたねぇ〜。
でもこんなに笑える映画なのに、
中井貴一さんだけは、涙を流すシーンが
あるなど、真剣な姿に感動しました。
こんな映画もあっていいと思います。
有る意味映画館で観なくて良かったと思いました(笑)。
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/10/27 3:42 AM
■あっしゅさまへ♪
コメントありがとうございます。
ハハハ、下ネタだらけでしたね(笑)
機会があったら私もあとで見てみようかな〜(^^)

コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/713
「寝ずの番」 監督 マキノ雅彦 CAST 中井貴一/木村佳乃/木下ほうか・・・ 原作 中島らもstory 落語会の重鎮、笑満亭橋鶴。病院のベットの上。手術の結果は芳しくなかった。弟子たちが集まる中、彼が最後の望んだのは・・・ 「そ○がみたい・・・」っへ?
ミチミチ | 2006/04/07 11:03 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006/04/13 12:38 PM
「さあさ。楽しく寝ずの番や!」え?”寝ずの番”ってお通夜でしょ? 「楽しく」ってそりゃ・・・( ̄∀ ̄*) まぁま、「師匠のあの逝きを祝しまして!(≧∇≦)/□☆□\(≧∇≦ )カンパーイ!!」ってくらいですから、この映画のノリはとんでもありませんよ。 でもこれ
こっちゃんと映画をみまちょ♪ | 2006/04/13 4:18 PM
「寝ずの番」をみました。マキノ雅彦監督第一回作品。マキノ雅彦監督は俳優・津川雅
ブログで豚犬殿下 | 2006/04/13 11:17 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006/04/14 6:37 AM
■観覧場所 伏見ミリオン座■ ■原作 中島らも(講談社文庫、角川文庫)■ ■脚本 大森寿美男■ ■監督 マキノ雅彦■(第一回監督作品) ■CAST 中井貴一 木村佳乃 木下ほうか 田中 章 土屋久美子 真由子 石田太郎 堺 正章 笹野高史 岸部一徳 長
かりめろ日記 | 2006/04/14 10:18 PM
まさかあの中井貴一の口から「お×こ」という言葉が連発されようとは!(爆) そん
いもロックフェスティバル | 2006/04/14 10:59 PM
ほぼ1ヶ月ぶりに劇場鑑賞 見たい作品は遠くでしか上映していなくて 気がつけば1ヶ月経っていました。 さてさて、とても期待して臨みました! 見終わってから数時間たってからの感想は、 玄人向けの作品なんだな・・・・ 素人でも十分楽しめる! 少な
ドリアンいいたい放題 | 2006/04/15 12:51 AM
落語界の咄家のお通夜の席での数々のエピソード、艶話がメインだが破天荒で大胆でハチャメチャだ。こんなお通夜なら何度でも出てみたい・・!? 九州"ぼぼ"、関西"お○こ"、東北"べっちょ"、沖縄"ほーみー"、淡路島&q
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/04/15 5:54 PM
偉人が死ぬ前に遺した 最期の言葉は    ゲーテは 「光を、もっと光を・・・」 ベートーベンは、 「友よ拍手を!喜劇は終わった!」 トルストイは、 「私は真実を愛する」 そして、 笑満亭橋鶴は・・・ いまは山中温泉で
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/04/16 6:18 PM
マキノ雅彦=津川雅彦第一回監督作品。 彼のジイさんが日本映画界の草分け的存在だったとは・・・。 それにしても、予告編に出てくるちょい・エッチな話・・・ ちょっと期待できそうな邦画でしょっ。
ひらりん的映画ブログ | 2006/04/20 3:36 AM
津川雅彦がマキノ雅彦名義での監督第一作。上方落語の一門。今、まさに病室で臨終を迎えようとする長門裕之演じる師匠。笹野高史、中井貴一ら弟子達に何か望みはとたずねられ、「そ…そ○がみたい」。駆り出されたのが中井の嫁(木村佳乃)。おもむろにベッドにのぼり、
新世紀活動大写真 | 2006/04/21 10:28 AM
動物園前シネフェスタ 伊丹十三監督は「お葬式」でデビューした。伊丹監督が亡くなるまで、すべての映画
映画評論家人生 | 2006/04/25 1:33 PM
寝ずの番 を観てきました。 マキノ雅彦(津川雅彦)第一回監督作品です。 予告編でかなり笑えたので、楽しみに観にいきました。 レディースデーということもあってか、劇場は満員御礼!?という位 大勢の御客様で埋め尽くされていました。男性も多かったですし
ダラックマ日記 | 2006/04/27 1:42 AM
感動度[:ハート:]      (公式HP) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] 大人度[:スペード:][:スペード:][:スペード:][:スペード:] 満足度[:星:][:星:][:星:] 【監督】マキノ雅彦 【脚本】大森寿美男 【原作】中島らも 【出演】 中井貴一/木
アンディの日記 シネマ版 | 2006/04/29 1:32 PM
シモネタ、バンザイの楽しい作品でした! 落語家さんたちのお通夜の席は、本当にこんなんじゃないかって勝手に想像しちゃいましたよ〜!かなり露骨な表現のシモネタもあるので付き合いだしたばかりのカップルが観たらちょっと恥ずかしいかも〜! マキノ雅彦(津川雅
☆ 163の映画の感想 ☆ | 2006/04/29 10:20 PM
★★★☆  津川雅彦が、叔父のマキ丿雅弘監督の名を拝借し、『マキノ雅彦』として初めてメガホンをとった作品だそうだ。内容は上方落語の大御所と、その弟子たちの話を描いた大人のコメディーである。 まずちょい役も含めて、出演者が多彩であることに驚くだろう。津川
ケントのたそがれ劇場 | 2006/05/02 11:53 PM
伏見ミリオン座で見てきた。以前映画館でチラシ、予告編がおもしろかったので見たいと気になっていた作品。今月あたまに"クラッシュ","ブロークバック・マウンテン"とヘヴィなものを見たので「やっぱり映画はからっとした明るいものがええかなあ。」とも思っていたので
[踊]Dance!Dance!Dance! | 2006/05/03 9:14 AM
古典的下ネタ炸裂、おかしくも、物悲しい人間の一面を暖かみのある笑いで、包んでくれます。 お通夜の夜の「寝ずの番」、故人を偲んで、回顧談に花が咲く。咲いただけでなく、歌
skywave blog | 2006/05/03 10:59 PM
歌と踊りと笑いと涙の人情喜劇。
Akira's VOICE | 2006/05/04 4:46 PM
寝ずの番  『バチが当たるほど面白い!』  コチラの「寝ずの番」は4/8に公開になっていたのですが、やっと観て来ましたぁ〜♪相変わらず「かもめ食堂」は激混みのようでしたが、コチラはちょっと落ち着いたみたいですね。  (○ ̄ 〜  ̄○;)ウーン・・・こっちゃん
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2006/05/04 10:09 PM
寝ずの番 俳優の津川雅彦 が、偉大なる映画人である祖父のマキノ省三 、叔父のマキノ雅弘 からマキノ性を襲名し、マキノ家 3代目監督マキノ雅彦として初メガホンを取った意欲作。 yahoo 性という字、間違っています!姓 中島らも の短編小説「
猫姫じゃ | 2006/05/09 10:51 AM
[ 寝ずの番 ]@銀座で鑑賞。 ガキの時に、深夜番組で「おとなの時間」というのを楽し みにしていた時期がある。その当時はこの「おとな・・・」 という響きになんともいえぬ艶かしさを感じたものだった。 今は、自分も年をとり「おとな・・・」という言葉には、
アロハ坊主の日がな一日 | 2006/05/11 11:58 PM
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(136) 寝ずの番-寝ずの番は 生死一体の大宴会。 通夜には寝ずの番をする。 このことを初めて知ったのは、20年ほど前になくなった祖父の通夜だった。 「死んだ人が寂しくない
ヒューマン=ブラック・ボックス | 2006/05/29 8:15 PM
寝ずの番 2006年4月8日 劇場初公開 公式サイト: http://nezunoban.cocolog-nifty.com/main/ 池袋・新文芸座 2006年9月25日(月)10時20分の回 ゴウ先生総合ランキング: B-   画質(ビスタ): A-   音質(DTSステレオ?): B+
映画と本と音楽にあふれた英語塾 | 2006/10/04 9:17 AM
評価:★7点(満点10点) 2006年 110min   監督:マキノ雅彦 主演:中井貴一 木村佳乃 岸部一徳 長門裕之 田中章 【あらすじ】上方落語界の重鎮である笑満亭橋鶴(長門裕之)は、臨終の時を迎えようとしていた。弟子たちが見守る中、一
Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2006/10/26 2:30 PM
一番不謹慎やったのはサザン歌いながら 手術してたセンセちゃうん?(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ 淡路島では「チャコの海岸物語」は放送禁止ですか?(*/∇\*) 寝ずの番中井貴一 中島らも マキノ雅彦 ポニーキャニオン 2006-10-18売り上げランキング : 1563Amazonで詳
ペパーミントの魔術師 | 2006/10/28 5:02 PM
思いっきり不謹慎なのに、笑った笑った。 どこまでも下ネタなのに、なぜか泣いた。 最初から最期までエロ満載なのに、 なぜか、あったかい気持ちになった。 中井貴一や岸部一徳といった、 ちょっと頼りない弟子たちと、木村佳乃はじめ、 キップのいい姉さん
*モナミ* | 2007/01/14 10:12 AM
「外を見たい」を「そそを見たい」と勘違いしたり、下糸一緒に踊る、死人のカンカン踊りまでは面白かったけど、あとは少々くどい。しもネタが多いので家族では見る時は要注意です・・・。
映画や本を淡々と語る | 2007/05/24 10:44 AM
古典落語を復活させた名師匠、笑満亭橋鶴も臨終の時を迎えようとしていた。 「師匠、なんか、心残りおまへんか。わしら、なんでも、なあ」 ...
写真と映画のブログ | 2009/04/02 2:58 PM
古典落語を復活させた名師匠、笑満亭橋鶴も臨終の時を迎えようとしていた。 「師匠、なんか、心残りおまへんか。わしら、なんでも、なあ」 一番弟子の笑満亭橋次が、橋鶴師匠の死を察しながら、明るい声をあげる。 すると、橋鶴師匠は呻き声のように言葉を発し始めた
映画と写真のブログ | 2009/04/02 2:58 PM
 




(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.