やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 明日の記憶 』
 公式サイト



映画 『 明日の記憶 』 [劇場鑑賞]

2005年:日本 【5月13日ロードショー】 [ 上映劇場 ]


監 督:堤幸彦
脚 本:砂本量 三浦有為子
原 作:荻原浩  「明日の記憶」


 荻原 浩 明日の記憶




[ キャスト ]

渡辺謙
樋口可南子
坂口憲二
田辺誠一
袴田吉彦
吹石一恵
水川あさみ
市川勇
松村邦洋
MCU
木梨憲武
及川光博
遠藤憲一
木野花
渡辺えり子
香川照之
大滝秀治


思い出のすべてを、あなたへ託す。

広告代理店に勤める佐伯雅行は、今年50歳になる。ありふれては
いるが穏やかな幸せに満ちていた。
そんな彼を突然襲う〈若年性アルツハイマー病〉。
「どうして俺がこんな目に…なんで、俺なんだ!!」。
こぼれ落ちる記憶を必死に繋ぎ止めようとあらゆる事柄をメモに取り、
闘い始める佐伯。毎日会社で会う仕事仲間の顔が、通い慣れた
取引先の場所が…思い出せない…知っているはずの街が、
突然”見知らぬ風景“に変わっていく。
夫を懸命に受け止め、慈しみ、いたわる妻。彼女は共に病と闘い、
来るべき時が来るまで彼の妻であり続けようと心に決める。
「お前は平気なのか?俺が俺じゃなくなってしまっても」。
一緒に積み重ねてきた人生をいつか忘れてしまうのだ。
ひりつく想いでそう訊く夫に、彼女は静かに答える。
「私がいます。私が、ずっと、そばにいます。」そして、幾度もの夏が
訪れる…。〈記憶〉を喪失しても、なお忘れなかったものが、いつも
美しい夕映えの空気に映えていた。
(公式サイトより)





渡辺謙サンって、この「明日の記憶」が映画初主演なんですね。
意外でした…。
監督は「サイレン」や「TRICK」の堤幸彦監督です。この映画も
記憶物?みたいですね。堤監督の作品で、こういった雰囲気の
映画を観たこと無いで楽しみです。
キャストは落ち着いた感じの方々かな?と思いましたが、松村邦洋サン
が出演していますね(^^; あととんねるずのノリさんも!

「人を愛すること」「共に生きること」とは?を、この「明日の記憶」は
問いかけてくる映画みたいです。






《 感 想 》

ある意味、ホラーなどより怖い映画です。今まで自分が生きてきた記憶がなくなっていく恐怖を堤幸彦監督の独特な映像で描かれていました。さすがミステリーやホラー映画を作っている監督だけあると思います。その記憶が無くなっていく苦悩を渡辺謙サンが素晴らしい演技で表現していました。迫力ありました。そして夫を支える妻の苦悩を樋口可南子サンの演技が素晴らしい!
キャストはベタラン揃いで安定感のある映画です。
アルツハイマーでなくても、歳をとって行くと、物忘れが多くなってきます。私も最近特に物忘れに対する恐怖は感じてくるようになりました。元気で若い方には、なかなかこの恐怖は身近に感じることができないかもしれませんが、いずれは訪れる老化といかにうまく付き合っていくか?考えさせられる映画です。
この映画の前半では会社生活が中心で描かれています。働くお父さんにとって、いままでやってきたことを急に失ってしまうという恐怖も伝わってきます。何の為に会社に尽くしてきたのか?空しさがジワジワ伝わってきます。
部下たちとの別れの写真を渡すシーンには完全にやられてしまいました。

堤監督の作品で、このような内容の映画は見たこと無かったので、見るまでチョット疑っていましたが、とても素晴らしい映画でした。私的にはトリックの堤監督より、「明日の記憶」の堤監督が好みです。
















  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 18:25 | - | - | - |
コメント
from: tacoss   2006/05/16 12:29 AM
怖すぎて泣けませんでしたよ!
普段、最近増えている自分自身の物忘れが、
もしかしたら・・・なんて
よりによって、仕事前に見たつもりが、
用事を忘れて見に行っていたおまけが
ついてきてしまったので・・・・

TRICKの堤監督なんですか!
それもびっくりです!
from: こっちゃんです。   2006/05/16 4:54 PM
怖いよね。
アルツハイマーという病気の怖さがホント実感ていうか
体感できちゃうよね。

ていうか、こっちゃんアルツかも?

「桜」「電車」・・・あとなんだ?「タヌキ」だっけ?(ToT)
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/05/17 12:29 PM
コメントありがとうございます。

> tacoss 様へ

怖いですよね〜、私もこの映画を見てから変に意識してしまって余計に物忘れが酷くなったような気がします。

この映画、渡辺謙さんが堤監督に声をかけたみたいですね。

> こっちゃん へ

タヌキぢゃないよ、イヌだよ(笑)
違ったっけ? (^^;
from: 咲太郎   2006/05/17 6:00 PM
お久しぶりです。
ご無沙汰してます。
移転後、初の来訪になります。

本日行って参りました。
やはり、堤監督は期待を裏切らない。

素晴らしい出来でした。

アルツハイマーは若いからって油断できない病気。
しかも若い方が進行が速いときてる。

私はもう前半はひたすら謙さんに同化してました。
後半は酷い現実に目を背けたくなりました。

でも、ラストが良かった。

過去を超越した新たなスタート。
どうなって行くんだろう、二人は・・・・・・。

あの、犬じゃなくて、猫なんですけど・・・。
from: リンゴ   2006/05/18 12:59 AM
こんばんわ☆この映画、すごくリアルで怖かったですねぇw
でもボロ泣きでしたよぉ(´Д⊂あたしも、トリックとかの堤監督も好きですが、こういう映画の堤監督の作品も大好きですねっ!堤監督ならではの、写真を使って、部下が渡辺謙さんに「忘れないでください」っていうシーンは、涙がどばーーーーっ!でした(笑)
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/05/18 10:33 AM
コメントありがとうございます。

> 咲太郎 様へ

おひさしぶりでーす♪
>過去を超越した新たなスタート。
もし自分が遭遇したとき果たしてできることか?とても不安になりますね。その事態になった時には、そういう意識すらなくなっているでしょうしね(^^;
ラストもとても良かったですね。

> リンゴ 様へ

あの写真のシーンはこみ上げてきましたね。。。
記憶が無くなる映像表現は堤監督ならではって感じですね。

from: 座長   2006/05/19 3:06 PM
昨日観てきました。
本当に素晴らしい作品でした。
部下との別れのシーンも良かったですが、香川照之の電話での激励も心を打たれました。

たくさんの人に観てもらいたいですね
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/05/20 10:30 AM
コメントありがとうございます。

> 座長 様へ

香川さんの電話のシーンも良かったですね!
良い作品でした(^^)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/721
結構騒がれてる堀江ちゃんの娘のブログ発見!?例の夜の側近だったって噂もチラホラ。全貌はやっぱり…
堀江を切る悪者達 | 2006/02/11 7:05 PM
吹石一恵に関するblog:長谷部ノーチャンス、スコットランド戦 『 明日の記憶 』 観たい映画『明日の記憶』
堤さやか | 2006/05/14 6:39 AM
この日の試写会(5/4)は【ほぼ日刊イトイ新聞】主催だったんだけど、『明日の記憶』上映後に糸井重里さんと渡辺謙さんのトークショーがあったの。 これまでで初めて!!と言えるほど長かった(笑)スタッフから巻きが入りつつ、1時間半! こんな機会は滅多にないし、普
honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 | 2006/05/14 8:35 AM
及川医師「映画をご覧になったようですから、問題を出しますよ。さて、次に挙げる俳優のうち、この映画で登場しなかったのは誰でしょうか?」
ネタバレ映画館 | 2006/05/14 3:28 PM
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:][:ハート:][:ハート:]   5/13公開  (公式HP) (公式ブログ) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 演出度[:ダイヤ:][:ダイヤ:][:ダイヤ:][:ダイヤ:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:][:星:]
アンディの日記 シネマ版 | 2006/05/14 5:48 PM
『本と映画のランデヴー第六弾』   今回は、まず小説を読んで感動し、そのあと10日後に映画を観たので、まだ原作の記憶がかなり鮮明に残っていました。こういうパターンで映画を観たのは初めてでしたが、レビューを書くには都合が良かったと思います。では、まず原
ケントのたそがれ劇場 | 2006/05/14 7:31 PM
映画「明日の記憶」を見に行った。50歳目前に突然降りかかる「若年性アルツハイマー病」涙腺が壊れた〜〜〜何度も涙がこぼれた。渡辺謙さんの迫真の演技に感動しました。 脇役にいい役者さんがたくさん出てた。香川照之・水川あさみ・坂口憲二・及川光博他。 見終わっ
アンナdiary | 2006/05/14 8:01 PM
劇中の痴呆判定テスト、主人公佐伯(渡辺謙)とともに、私も真剣に受けてしまいました。最初に言われた3つの言葉、思い出せません。このごろ物忘れが・・・(自分の都合の悪いも
skywave blog | 2006/05/14 9:25 PM
原作は山本周五郎賞受賞作(未読でし)。映画『明日の記憶』。監督は堤幸彦。5月13日の公開に先駆けて感想いってみよー。 映画『明日の記憶』 働き盛りの広告代理店部長・佐伯雅行。デカい仕事が決まって部全体のテンションはかなり上がりめ。一人娘の結婚式も近い
APRIL FOOLS  | 2006/05/14 9:41 PM
ほぼ日も応援している「明日の記憶」。 公式HPはコチラ。 私の記憶力はコチラ。 渡辺謙、サイコーです。テレビよりもスクリーンに映え、 なんか、圧倒的な力を感じた。 謙さんの私生活のことも踏まえて、すごく熱い感動。 「生きる」とは。「家族」とは。 今までの私
永遠の自分探し  って迷子やん!! | 2006/05/14 11:28 PM
明日の記憶・・・MEMORIES OF TOMORROW 記憶ものがヒットするのは何かそこに共感するものを少なからず人は持ちえているからなんだろうけど、忘れるというのは自己消滅への不安からなんだろうか。 実はど忘れするという事がかなり増えてきたので、少なからず「明日は
シャーロットの涙 | 2006/05/14 11:57 PM
「明日の記憶」は働き盛りの50代目前の営業部長が突然若年性アルツハイマーと診断され、その後の生き方を探していくストーリーである。
オールマイティにコメンテート | 2006/05/15 9:42 PM
劇場にて仕事前に鑑賞 正確には、本当はその時間帯に行かなければいけない 説明会のことを忘れてすっぽかして鑑賞。。。。 これも何かの因縁だろうか? 非常に重い作品 涙など流せなかった! 食い入るようにして見てた。 明日は我が身? 自分自身が
ドリアンいいたい放題 | 2006/05/16 12:30 AM
久々に映画館での試写会でした。  開場し席につこうとすると、ステージ上にはマイクスタンドが3本。「もしや...」と期待に胸を膨らませつつ、いつもより前の方の席を選びます。着席し 待つこと約30分。 ブザーが鳴って さぁ開映時間。 おおっ!出ました
こっちゃんと映画をみまちょ♪ | 2006/05/16 4:52 PM
渡辺謙 樋口可南子主演 若年性アルツハイマー病に侵された夫と、共に喪失を乗り越えようとする 妻の情愛を描いた『明日の記憶』を観て来ました。
[混]ミックスランチ | 2006/05/16 8:53 PM
広告代理店に勤める佐伯雅行は 穏やかな幸せに満ちていた。 そんな彼を突然襲う<若年性アルツハイマー病>。 こぼれ落ちる記憶を必死に繋ぎ止めようと あらゆる事柄をメモに取り、闘い始める佐伯。 そんな夫を懸命に受け止める妻、枝実子。 彼女は共に病と闘
Enjoy Life♪ | 2006/05/17 3:49 PM
『明日の記憶』鑑賞レビュー! Asita no kioku 俺が変わってしまっても 俺が俺じゃなくなっても平気なのか 私がいます。私がずっと そばにいます 思い出のすべてを、あなたへ託す。 製作年?2006年 製作国?日本 公開日?2006年5
☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2006/05/17 5:59 PM
自分がもしそうなったとしたら どうする? とても身近な題材で、謙さんにとても感情移入してみることが出来た。 アルツハイマーは20代、30代、40代でもなりうる病気 だそうだ。 私は最近、結構物忘れが激しいことがあるので もしそうだったら嫌だな
世界の中心で、愛をうたう | 2006/05/17 6:03 PM
タイトルの”明日の記憶。”つまり”未来の記憶”という意味が汲み取れなかった私だった。この作品をどう判断していいのかわからないだめな私、ということなんだろうなぁ。(以下ネタバレあり)「あなたはアルツハイマー病です」宣告されたのが自分なら「死
たいむのひとりごと | 2006/05/17 9:47 PM
「思い出が消え去ったとき、一番大切なものが見えてくる」 監督:堤幸彦 原作:萩原浩 出演:渡辺謙、樋口可南子、坂口憲二、田辺誠一、袴田吉彦、吹石一恵、水川あさみ、市川勇、松村邦洋、MCU、木梨憲武、及川光博、遠藤憲一、木野花、渡辺えり子、香川照之、大滝
きょうのあしあと | 2006/05/18 12:00 AM
思い出のすべてを、あなたへ託す。 公式サイト 【ストーリー】 広告会社の営業マンとして働く雅行は、時に家庭を返り見ないほど仕事に没頭してきた。大きなプロジェクトと娘の結婚を控え、忙しい日々を送っていたが、50歳を前にしたある日、原因不明の体調不
甘口★映画の森 | 2006/05/18 12:53 AM
期待値:93%  ハリウッド・スター Ken Watanabe の初主演映画。 若年性アルツハイマー
週末に!この映画! | 2006/05/18 8:01 PM
『お前は平気なのか? 俺が俺じゃなくなっても。』 『私がいます。 私が、ずっと、そばにいます。』 思い出が消え去ったとき、 一番大切なものが見えてくる。
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/05/18 10:24 PM
見る価値のある作品だと思う。 「見ておくべきだ」と言っても言い過ぎではないと思
いもロックフェスティバル | 2006/05/18 10:49 PM
■観覧場所 ピカデリー■ ■原作 荻原浩■ ■監督 堤幸彦■ ■脚本 砂本量 三浦有為子■ ■CAST 渡辺謙 樋口可南子 吹石一恵 水川あさみ 及川光博 遠藤憲一 香川照之ほか■ ■あらすじ■ 広告代理店の仕事にも脂が乗り、家庭円満、一人娘は結婚
かりめろ日記 | 2006/05/19 12:09 AM
【映画的カリスマ指数】★★★★★  失う怖さ、変わらぬ希望  
カリスマ映画論 | 2006/05/19 1:20 AM
人生の 記憶を記録に 明け渡し   観たのはいいが、なかなか書けないでいる。落ち込むかもしれないな、落ち込みたくないな、でも観ようかな。何故って、あの「ケイゾク」ついこの間の「サイレン」の堤監督、まさか。それと、渡辺謙さんがどうしても映画化のエグ
空想俳人日記 | 2006/05/19 7:13 AM
いや~身につまされる映画でした。 「・じ月を見ている」以・久々夫婦で見にいったんですが。 見終わって”重いよこれ・・”ってしきりにバルが言うてました。 「オレ、めっちゃ不安やし」・・ちょっとどういう意味よ。(爆) 映画館を出てからちょっとして、 ”3
ペパーミントの魔術師 | 2006/05/19 12:26 PM
若年性アルツハイマーを扱った話題の映画、「明日の記憶」を観てきました。 [明日の記憶」公式サイト 原作の小説を読んで感動した渡辺謙が自ら映像化を働きかけ主演及びエグゼクティブ・プロデューサーを務めたことで話題にもなりました。 明日の記憶 (原作小説)
映画倶楽部 祇園座 | 2006/05/19 3:28 PM
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(130) 明日の記憶-途中までは 感動の名作だった。 チラシによれば、本作品は、 「ハリウッド滞在中に原作と出会い、是非映画化したいと願い出た熱い想いがこもる本作は、渡辺謙
ヒューマン=ブラック・ボックス | 2006/05/20 12:51 PM
‘夫婦の結び’の映画だと思う。 テーマとなるのは若年性アルツハイマー。 荻原氏の原作は1年以上前に読了。 その際非常に感銘を受けた。読みながら涙でグダグダ。。。 その映画化には期待もあった。 堤幸彦監督で主演は渡辺謙さん。文句のつけ様もない完璧な演
雑板屋 | 2006/05/24 1:33 PM
   明日の記憶は、ここには無い。自分が覚えている事は、もちろん今までの記憶だ。  記憶の中にはすっかり忘れてしまった事もあるし、未だに覚えている過去の出来事もある。  人間の脳が覚えている事は、もちろん限られている。引出しからすぐ
とにかく、映画好きなもので。 | 2006/05/24 8:37 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006/05/26 10:05 AM
監督=堤幸彦。原作=荻原浩。脚本=砂田量/三浦有為子。 49歳、バリバリの広告代理店部長が若年性アルツハイマー病を発症し、次々に記憶を失ってゆく。☆☆☆☆
ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre! | 2006/05/28 7:20 PM
「明日の記憶」 本作品は、若年性アルツハイマー病に侵された働き盛りの男性の話。 ここ数年、“記憶”を扱った作品が多く公開されているが、 その中でも現実の厳しさを一番感じられたモノであると思う。 エグゼクティブ・プロデューサーも務めている渡辺謙が、
わたしの見た(モノ) | 2006/05/29 12:11 AM
明日の記憶 2006/05/13公開 監督:堤幸彦 渡辺謙 樋口可奈子 坂口憲二 吹石一恵 木梨憲武 この映画観たら木梨憲武が大嫌いになるかも。 主人公の雅行は結婚をひかえた娘をもち、 大きなプロジェクトを仕切っている忙しい営業マン。 キッチリ
お熱いのがお好き | 2006/05/29 3:00 PM
『明日の記憶』(2006 / 日本 / 堤幸彦) Text By 仙道 勇人  会話の途中で今まさに話そうと思った事柄が出てこない――誰もが一度は経験したことがあるであろうこの現象は、大抵の場合「ど忘れ」と呼ばれて省みられることは殆どない。「最近『ど忘れ』が酷くてさー」「
I N T R O+blog | 2006/05/29 7:37 PM
広告会社の営業マンとして働く佐伯雅行(渡辺謙)は、大きなプロジェクトと娘の結婚を控えて忙しい日々を送っていたが、ある日原因不明の体調不良に襲われる。妻の枝実子(樋口可奈子)と共に病院を訪れた雅行は、医師から「若年性アルツハイマー」の診断を受ける・
ルーピーQの活動日記 | 2006/05/30 11:46 PM
人が存在する理由、それは必要だと言ってくれる人がいるからだと思います。この映画は、若年性アルツハイマーに犯された佐伯雅行という人物(渡辺謙)が、妻(樋口可南子)に支えられながら、病気を受容して生きて行こうとする姿を描いた物語です。 広告代理店の第一
文学な?ブログ | 2006/06/04 12:53 AM
父方の祖父は、定年を迎えて暫くした頃より認知症を発症した。当時幼かった自分は祖父と同居していなかった事も在り、その病状を詳しく知る由も無かった。当時の話を親から聞いたのはそれからかなり経ってからで、失禁や徘徊、見ず知らずの通りすがりの人間を知り合いと
ば○こう○ちの納得いかないコーナー | 2006/06/04 1:32 AM
『明日の記憶』・・・萩原浩2004年10月出版の同名小説を映画化したものだ。 『アルツハイマー病』を知っているだろうか? 脳の神経細胞が萎縮する・・・平たく言えば脳ミソが縮んで痴呆になる病気だ。 老人の痴呆症のほとんどはこの病気なので特別珍しい病気で
ON THE ROAD | 2006/06/05 12:37 AM
http://www.ashitanokioku.jp/最寄りの映画館で鑑賞。これは心理(?)ホラーですか(汗かなり怖いんですが・・・・物語と関係ない部分の感想を・・・カメラワーク、あれはやめてくれ。景色を
勝弘ブログ | 2006/06/05 9:59 PM
この映画、観ようかどうしようか凄く迷ってて。 とても関心のあるテーマなんですが、観るのがちょっと怖いなって思ってたんです。 でも関心の方が、恐怖より大きくなって、観ることにしました。 監督:堤 幸彦 出演:渡辺 謙  樋口可南子  坂口憲二  吹
PLANET OF THE BLUE | 2006/06/08 1:42 AM
「あなたと生きる」     俺が変わってしまっても、  俺が俺でなくなってしまっても平気なのか?                                   私が、                                   私が
京の昼寝〜♪ | 2006/06/28 8:25 AM
寝ないで番をするから寝ずの番。 する事はただ一つですv 妄想感想いきます!
オイラの妄想感想日記 | 2006/07/08 12:54 AM
『明日の記憶』 大手広告代理店の部長を務める佐伯雅行(渡辺謙)は、50歳を目前に大きなプロジェクトと娘の結婚を控えていました。そんな仕事も家庭も順風満帆だった中年男性に突如、病が襲います。病名は若年性アルツハイマー。 この病は決して他人事ではなく、実
Tokyo Bay Side | 2006/07/21 10:53 PM
「堤監督の新作キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」(堤監督好きです) と、思いつつストーリーを見たら、若年性アルツハイマー病…。 本業の絡みもあったり(謎)、 作品自体もかなり真面目な話しっぽいので 二の足を踏んでしまい、公開終了ギリギリで映画館へ〜!
きょうのできごと…。 | 2006/09/27 3:45 PM
明日の記憶 (2005/日本) オススメ♪ 広告代理店に勤める佐伯雅行(渡辺謙)は、平凡だが幸せな暮らしを送っていたが、ある日突然若年性アルツハイマー病に襲われる。あらゆる事柄をメモに取り、病魔と必死に闘い始める夫を、懸命に受け止め、慈しみ、いたわる
みかんのReading Diary♪ | 2007/01/20 11:10 AM
友人の脚本家・三浦有為子が参加した作品。 公開時にメールを貰いましたがDVDでやっと観ました。 相変わらず、友達甲斐のない奴です。( ^ _ ^; 家庭を顧みずに仕事に没頭してきたバリバリの広告会社の営業マンの佐伯雅行は、 大きなプロジェクトと娘の結婚を控え
映画、言いたい放題! | 2007/02/01 9:40 PM
明日の記憶『明日の記憶』(あしたのきおく)は、荻原浩の小説。及び、それをもとにした映画。あらすじ家庭も省みず仕事に生きる49歳、やり手のビジネスマンを、不可解な体調不良が襲う。もの忘れが極端に激しくなり、ひどいめまい、いらいら、幻覚に
こころの部屋 | 2007/05/12 10:16 AM
誰にでも突然襲い掛かる可能性のある若年性アルツハイマー病。人を愛すること、そして一緒に生きていくことを素晴らしさを伝える素晴らしい映画!                       評価:★10点(満点
Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2007/06/02 12:47 PM
「明日の記憶」(あしたのきおく)渡辺謙(わたなべけん、渡部健)樋口可南子(ひぐちかなこ、加奈子)家庭も省みず仕事に生きる49歳、広告代理店のやり手営業マン、佐伯雅行(渡辺謙(わたなべけん、渡部健)。仕事においては大きなクライアントとの契約が決まり、...
映画村 | 2007/06/28 11:47 PM
TVで放映していた『明日の記憶』を観ました若年性アルツハイマーによって失われていく記憶の隙間に、生きることの美しさを描いた、第18回山本周五郎賞を受賞した、荻原浩の小説の映画化です>>『明日の記憶』関連製作年度:2005年・日本上映時間:122分監督:堤幸彦出
おきらく楽天 映画生活 | 2007/07/02 9:38 PM
観逃した訳ではない、"私の頭の中の消しゴム"の二番煎じとの思いで見送っていた。けど、極めて切実で身近な現実感にこころ動かされずにはいられない・・ アルツハイマーの国内患者数は150万人といわれ10%は65歳未満の若年性という、脳が萎縮し
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/07/04 2:03 AM
先日 “明日の記憶“ という邦画をテレビで放映されていた背中越しに聞きながらなので しっかりは見ていないのだ やはり 映画はロードショーで見るに限る最大の理由は 放送時間の制限から映像がカットされることだこのストーリーは アルツハイマーを告知された広
Cigarの見る風景 | 2007/07/04 3:08 PM
明日の記憶は私の頭の中の消しゴムを見た時と同じ様な感じだけど 恋人同士と違って夫婦の話で明日の記憶の方が内容が良かったし 俺は20代もアルツハイマーは他人事で無く誰でも発症の可能性あり 渡辺謙は鍵師の頃から好きだがハリウッド進出してから凄く良くなって
別館ヒガシ日記 | 2007/07/05 8:16 PM
堤幸彦監督、渡辺謙、樋口可南子、坂口憲二、田辺誠一ほか出演。第18回山本周五郎賞を受賞した荻原浩の同名長編が原作の人間ドラマ。 広告代理店でバリバリ働く佐伯雅行(渡辺謙)は、平凡だが幸せな暮らしを送っていたが、ある日突然若年性アルツハイマー病に襲われ
Yuhiの読書日記+α | 2007/08/05 11:33 AM
 




(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.