やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 ハチミツとクローバー 』
 公式サイト



映画 『 ハチミツとクローバー 』 [試写会鑑賞」

2006年:日本   【2006/07/22ロードショー】 [ 上映劇場 

監 督:高田雅博
脚 本:高田雅博
原 作:羽海野チカ


 羽海野 チカ ハチミツとクローバー (1)



 ハチミツとクローバー vol.0―Official fan book





[ キャスト ]

櫻井翔 (竹本祐太)
伊勢谷友介 (森田忍)
蒼井優 (花本はぐみ)
加瀬亮 (真山巧)
関めぐみ (山田あゆみ)


恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった

美大を舞台に竹本、はぐ、森田、真山、あゆの5人の若者が
繰り広げるラブストーリー。“全員片想い”の淡く切なくリアル
なお話。何気ないことに喜びをわかち合い、たわいも無い事で
喧嘩した日々。初めての恋、淡い恋、不器用な恋、終わらない恋、
一途な恋・・・・・片想いの楽しさとみんなと笑い転げるキラキラ
した瞬間を切り取り、主人公たちの揺れ動く心を繊細なタッチで
描き出した青春恋愛映画!
(チラシより)




昨年「NANA」が公開された後、この「ハチミツとクローバー」の
映画化が発表されて話題になりました。そして今年の夏休みに
待ちに待った公開となります。出演者はヤン母校、木更津キャッツ
アイ等に出演された桜井翔サン、CASSHERNの伊勢谷友介サン、
男たちの大和、星になった少年、亀は意外と速く泳ぐの蒼井優サン、
8月のクリスマスの関めぐみサン、そして加瀬亮サンという方々です。
「NANA」の映画化は賛否両論でした。まあ人気原作の映画化は
難しいと思いますが、原作で表現できない映画ならではの良さを
期待したしたいと思います(^^)
(2006/03/01)







《 感 想 》

「ハチミツとクローバー」の試写会に行ってきました。

まず、パンチはありません。強烈に心にぶつけてくるものが無くて、ちょっぴり(この“ちょっぴり”がポイント)淡く切なく甘酸っぱくって感じでしょうか・・・
人は好きになった人に何をしてあげることができるか?ってことを後半では描かれているように思えます。そこまでは、この映画のテーマ?「みんな片思い」ということで、とてもとても中途半端な感じで、じれったいです(^^;
でもこの状態がある意味、こんなキモチを1度は味わったことがあるという人、、また味わっている最中って人には、甘酸っぱい感覚にさせられる映画ではないでしょうか?

この映画、美大の若者たちの話なんですが、、、私は絵は苦手というか、芸術的(見て何の絵だわからないような絵(^^;)は、とても描けません。そんな絵を描ける人は凄いと思います。これぞ感性なんでしょうね。感性が合わなければ、とてもつまらい、でも感性が合えば感動することができるんでしょうね。そしてこういう芸術に理屈ってないのでしょうね。ただただどう感じるか・・・

ということで映画では蒼井優サンが、わけのわからない絵を描いているのですが、、正直、蒼井サンが描いているから良くて、名も知らない人が描いていtら「なんぢゃぁこりゃ?」って思います。これが象があの長い鼻で筆をもって描くと「こりゃすごい!」と違った感動が生まれる・・・。ほんと自分の感性なんていい加減なものです(^^;

蒼井優サンの演じる「はぐ」は天才のようです。この役を演じている蒼井サン、とても可愛いです。蒼井優サンは色んな映画で違った女の子を可愛く演じることができる女優さんだと思います。演技が上手いか下手かは良くわかりませんけど…。

それから伊勢谷サンは相変わらず嫌味な男(だと勝手に私が思っています)の役をやらせたらピカイチですね。この映画では、そんなに嫌味ではないですが、、、

ということで、いつものようにわけのわからない感想ですが、、ディナーに例えるとメインディッシュでなく、オードブルあたりでしょうか?とわけわかりませんね(笑)、、、外が明るくなってきて、かなり、お眠の状態です。すみません。。。ということでおやすみなさい・・・




 1日1クリックだけご協力いただけたら嬉しいです♪







 木更津キャッツアイ 日本シリーズ



 ヤンキー母校に帰る



 黄泉がえり



 CASSHERN



 リリイ・シュシュのすべて 通常版



 花とアリス 特別版



 星になった少年 スペシャル・エディション



 亀は意外と速く泳ぐ デラックス版



 ニライカナイからの手紙



 ロックンロールミシン



 アカルイミライ 特別版



 スクラップ・ヘブン



 8月のクリスマス プレミアム・エディション















  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 04:57 | - | - | - |
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/745
言わずと知れた大人気ガールズコミック『ハチミツとクローバー』の映画化。お待たせしましたいよいよ7月22日公開! エンタメ好きなら絶対見逃し不可だぜ! 映画『ハチミツとクローバー』 ストーリーは割愛ね。コミック読んだとき、あんなに小動物なはぐみを実写化
APRIL FOOLS | 2006/07/07 1:46 AM
青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:]    06/07/22公開   (公式サイト) 切なさ[:失恋:][:失恋:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】高田雅博 【脚本】河原雅彦/高田雅博 【原作】
アンディの日記 シネマ版 | 2006/07/23 4:05 PM
レディースデイの梅田ガーデンシネマ。10:10。 整理券を発行しますということだったんで 初日はやめたんですが、水曜日なんで30分まえには到着。 圧倒的に女性客だったんですが、ラブ☆コンよりも かなり年齢層が上。(笑)今回は安心して混じりました、ハハハ
ペパーミントの魔術師 | 2006/07/29 4:49 PM
人が恋に落ちる瞬間をはじめて見てしまった 僕は、この日のこと、この日から始まったことの全てを忘れ決して忘れないだろ う 僕は、自分が彼女のために出来ることの少なさ、小ささに、愕然としていた 僕が彼女のために出来ること・・・
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/07/31 11:05 PM
【ハチミツとクローバー】 を観て来ました。(やっとだよ〜) 既に終了してしまっている映画館もあったので、ヒヤヒヤでしたよ。 あまり多くを語ることはやめようと思うんですが・・・・ 良くも悪くも映画は映画で別モノだったというか(笑) 青春のように駆け
ダラックマ日記 | 2006/08/24 2:32 PM
  まさに期待を裏切られた、良い意味で。邦画の良さを、芸大の良さを、恋の良さを、ストレートに感じた瞬間だった。ハチミツとクローバー、原作の漫画ファンでもないし、公開場所も時間も少ない(近畿は梅田ブルグへ急げ)が、是非お勧めしたい一作である。 邦
長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ  | 2006/09/04 8:42 PM
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産) (2006/日本) 美大に通う竹本は、ある日、一心不乱に絵を描く少女・はぐみに恋心を抱く。彼女は大学の教授・花本の親戚で、天才少女とうわさされる転入生だった。はぐみのことが頭から離れない竹
みかんのReading Diary♪ | 2007/07/01 4:39 PM
 




(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.