やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 カーテンコール  』

カーテンコール



映画 『 カーテンコール
 』  [ 試写会鑑賞 ]



2005年:日 本   【11月12日ロードショー】  [ 上映劇場
 ]
監 督:佐々部清
脚 本:佐々部清



カーテンコールメイキング 佐々部清監督と昭和ニッポンキネマ


[ キャスト ]

伊藤歩 (橋本香織)
藤井隆 (安川修平)
鶴田真由 (安美里)
奥貫薫 (平川良江)
津田寛治 (安義徳)
橋龍吾 (金田信哲)
井上堯之 (安川修平)
藤村志保 (宮部絹代)
夏八木勲 (橋本達也)

その記憶は、泣きたくなるほど楽しかった。

終わらない拍手
止まらない涙
静かな感動に心が震える



昭和四十年代の中頃まで、映画と映画の幕間に
形態模写をやったり、ギターを弾いて歌を歌ったりして
お客を喜ばす芸人さんがいました。


東京の出版社に勤める香織はふとした事件をきっかけに
九州のタウン誌に異動を命じられる。
そこに届いた一通のはがき。
このはがきは映画館での懐かしい思い出が綴られていた。
その取材のため古くからの映画館みなと劇場を訪れた香織は
その映画館で昭和の映画全盛の時代に幕間芸人として
生きた男、安川修平とその家族について話を聞かされる。
いつでも笑顔でお客を楽しませていた修平だが映画興行の
斜陽とともに家族三人の生活は困窮していった…。

泣きたくなるほど楽しかったあの頃、
                お父さんがそばにいてくれたから。


この家族の数奇な運命に心動かされ親子探しの旅に出た
香織は、ついに娘美里と出会い親子のその後を知ることになる。
「いい子でいればすぐに迎えに来る」と言葉を残し去っていった父。
その言葉を信じ待ち続けた美里のもとに父が迎えにくることは
なかった。「会いとうない」本当はたまらなく会いたいのに
今でも父修平を許せない美里の心はかたくなだった。
美里の話を聞く香織は、疎遠になっている自分自身の父との
関係を見つめなおすことになる。
そして修平と美里を再会させるため香織は一人、海を渡るが…

(チラシより)





チルソクの夏
」「半落ち」「四日間の奇蹟」の佐々部清監督の新作。
私は特に「チルソクの夏」が好きです。
この「コーテンコール」は佐々部監督の作品というだけで、
これは観なくては!とは思ってしまいました。
映画の中では「いつでも夢を」「下町の太陽」「網走番外地」などの
名作が登場するみたいです。昭和三十年代から四十年代にかけて
の描写はモノトーン映像が使われていて、スクリーンには日本映画
の数々が鮮やかなカラーで浮かび上がり、懐かしの歌謡曲とともに
あの頃がよみがえる…。と、チラシの解説を読んだだけでも楽しく
なりそうな予感がします。物語は家族・親子の関係を描いている
みたいですね。 修平を演じるのは藤井隆さん、想像しただけでも
笑いあり涙ありが期待できそうです。
山口県・北九州市では9月17日より先行上映しています。

(2005-09-28)




試写会に行ってきました!





《 感 想 》

“花咲くむぅ〜すぅ〜めぇ〜たちはぁ〜♪(これってタイガース?)”
入場待ちをしていると懐かしい歌が聞こえてきました。
係の方は“みなと劇場”のハッピを着て開場の準備をしている…。
この時間にカーテンコールの映画のイメージが頭を過ぎって、
とても、わくわくさせられました。



この映画は佐々部監督のこだわりが伝わってくる作品だと思います。
舞台は山口県下関。
佐々部監督の地元ということもあり、きっとワンシーンワンシーンを
選りすぐられた場所で撮影が行われたのではないかと思います。
下関の情緒を感じました。
それから在日韓国人の方に対する思いも伝わってきます。
佐々部監督の映画だなぁと充分思わせてくれました。




ストーリーは夫婦愛がとても幸せそうに描かれていて、それを見ている
私も幸せな気分になってしまう。
そして、心を閉ざしてしまった親子の関係が解れて行くシーンでは、
涙がこぼれないように上向き加減で観てしまいました(^^;

昭和30年〜40年代のシーンではモノクロームの映像が
ノスタルジックな雰囲気を漂わせているのですが、みなと劇場の
スクリーンにはカラー映像で当時の映画が映し出されるのが、
とても新鮮で素敵です。写し出される昔の映画とストーリーがなんだか
リンクしているようにも感じました。

先日見た「ALWAYS三丁目の夕日
」も同じくらいの年代の映画です。
各々の良さがあると思います。

私はどちらもお気に入りの映画となりました。


(追記)
ささいな事で定かではないのですが、みなと劇場での場内売り子の役
をしていたのはチルソクの夏の主人公の水谷妃里だったような…。
そして劇場の外と中の壁にチルソクの夏のポスターが貼ってあった
ような気がしました…、、、気のせい?
(2005-10-19)






[佐々部清監督の作品]






 チルソクの夏 特別版








 半落ち





陽はまた昇る





四日間の奇蹟












  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 23:14 | - | - | - |
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
04年 日本 05年11月公開 監督:佐々部清 原案:秋田光彦 脚本:佐々部清
銀の森のゴブリン | 2006/06/24 1:44 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006/10/05 10:44 PM
 




(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.