やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 バッシュメント −Bashment− 』

バッシュメント 公式サイト



映画 『 バッシュメント −Bashment−  』  

2005年:日本  【12月17日レイトショー】 [上映劇場
監 督:布川敏和
脚 本:六車俊治
原 作:六車俊治
主題歌:10−FEET 「4REST」
挿入歌:ビアンコネロ 「月を盗め」


[ キャスト ]

土屋アンナ (樹里)
要潤 (海人)
中山エミリ (りかこ)
宅間孝行 
松原しゅう 
黒沢 茜 
飯沼誠司 
セインカミュ
湯江健幸
正城慎太郎 
市村直樹 
安生洋二   
デビット伊東
大場久美子
河原さぶ


人生にもデッカイ波がある

      負けたくないんだ、デッカイ波に・・・

呪われた人生を送ってきたサーファー娘、樹里。
幼い頃に兄が両親を殺して、失踪。兄への復讐を誓いながらも、
横浜でゲイ相手の商売をしながら、 明るく元気に生きていた。
一方「悪魔」と呼ばれる兄、海人は横浜進出を狙うギャングの
「頭の切れる用心棒」として恐れられていた。
ある夜、兄を探しカジノを訪れた樹里はディーラーのイカサマに
引っかかり1,000万の借金を背負うことに…。
借金を返す為にひょんなことから密輸ダイヤの取り引き現場を
襲う事になるが、そのダイヤの持ち主は海人のボスだった…。
そして横浜のアンダーグラウンドを巻き込んだ大騒動に発展!
ついに因縁の兄と妹は再会する…。
だが、そこには過酷な運命が待ち受けていた……。
ラストシーンは激しくて非常な親子愛、兄弟愛が渦巻く中、
樹里の悲痛な叫びがこだまする…。
(チラシより)



この「バッシュメント」の監督は、シブガキ隊のフッくんこと布川敏和サン
です!初監督みたいです。チョットびっくりです。
そして主演は「下妻物語」でインパクトを見せた、土屋アンナサンです。
周りを固めるキャストも要潤サン、中山エミリサン、、大場久美子サンなど
テレビでおなじみの顔ぶれです。
この映画は「とことん陽気で、グッとくる」とびきり活きのいい青春映画
ということみたいですので、楽しめそうです。
一癖も二癖もありそうなキャスト陣を新人監督フッくんがどのように
まとめあげて楽しませてくれるのか!?
冬のレイトショー帰りは寒いので、楽しませてくれないと辛いです(笑)


 1日1クリックだけご協力いただけたら嬉しいです♪













  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 12:16 | - | - | - |
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/805
 




(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.