やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 ルナハイツ 』

ルナハイツ 公式サイト



映画 『 ルナハイツ  』  [ 劇場鑑賞 ]


2005年:日 本   【12月24日ロードショー】  [ 上映劇場  ]
監 督:初山恭洋
脚 本:ミスミホノオ
原 作:星里もちる 「ルナハイツ 1 (1)

[ キャスト ]

安田美沙子 (大月まどり)
柏原収史 (南條隼人)
斉藤優 (裕子)
上野未来 (りん)
山口由紀子 (重子)
後藤ゆきこ (友美)
内田譲
飯尾和樹
大橋のぞみ
蒲生純一
乱一世
村野武範


『こんにちわ』 出会いも別れも突然だけど
          『心配ない』 月が見守ってるから


38万キロメートル… 
      月明かりの下、こんなに近くに感じるのに。


双子の兄と育った事で、男性を恋愛対象に出来ない大月まどりが
勤務先の同僚・南條隼人の目の前に突然現れた。
隼人は、やっとの思いでスイートホームを建てながらも入居目前、
婚約者・友美に逃げられた男。
まどりはその家を会社の女子寮にするというのだ。
合コンのセッティングで携帯に依存気味の裕子、人形に囲まれて
暮らすりん、存在感はないが時に的を射た言動で周囲を驚かす
重子、そしてまどり。

女4人に男1人、ひとつ屋根の下で生活する事になった…。

(チラシより)




安田美沙子さん初主演映画ということで、ファンには、たまらない
作品だと思います。
原作は小学館ビックコミックススペリオールで連載されていた、
星里もちるさんのルナハイツ。私は途中まで読んでいました。
可愛くて軽いタッチのラブコメで面白かったです。
安田美沙子さんのイメージと、まどりのイメージ、それから隼人を
演じる柏原収史さんのイメージはちょっと原作と違うかな?とは
思いますが、原作は好きな作品なので、とても楽しみです。

初山監督はTVドラマ不機嫌なジーンなど多くのフジテレビのドラマを
手掛けられておられるみたいなので、たぶんこの作品もドラマタッチ
ではないかと思いますが、純愛ストーリーとして期待できるかも知れ
ませんね!





安田美沙子サンは可愛いですね(^^)

映画の感想ですが、本来ならば「邦画好きの封印作品 」に入れたい
気持ちなんですが、原作が好きなのと、安田美沙子サンは憎めない
ので、そんなことはしませんでした(苦笑)
本当はルナハイツを観た後「ガラスのつかい」でも観に行こうと
おもったのですが、気力がなくなりました(^^;



あのラストは続編やるってことを前提とした終わりなのかなぁ?



ふぅぅ、、オカネカエシテ〜〜って、初めて思った映画でした…














  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 12:55 | - | - | - |
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/808
 




(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.