やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 嫌われ松子の一生 』

嫌われ松子の一生 公式サイト




映画 『 嫌われ松子の一生  』  [劇場鑑賞]


2006年:日本  【5月27日ロードショー】 [上映劇場
監 督:中島哲也
脚 本:中島哲也
原 作:山田宗樹


 山田 宗樹 嫌われ松子の一生




[ キャスト ]

中谷美紀
瑛太
伊勢谷友介
香川照之
市川実日子
黒沢あすか
柄本明

木村カエラ、 谷中敦、 蒼井そら、 劇団ひとり、
柴咲コウ、 大久保佳代子、 片平なぎさ、 BONNIE PINK、
本田博太郎、 濱田マリ、 奥ノ矢佳奈、 武田真治、
ゴリ、 木野花、 榊英雄、 荒川良々、
マギー、 渡辺哲、 竹山隆範、 山本浩司、
谷原章介、 土屋アンナ、 甲本雅裕、 AI、
キムラ緑子、 山田花子、 角野卓造、 あき竹城、
阿井莉沙、 嶋田久作、 宮藤官九郎、 木下ほうか、


不幸って何??

女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。
昭和22年・福岡大野島生まれの川尻松子も、そのひとり。
でも現実は・・・


20代で教師をクビになり、エリートから転落して家を飛び出し
ソープ嬢に。やがてヒモを殺害して刑務所へ……
主人公・川尻松子の波瀾万丈な人生を真正面から描いた
「嫌われ松子の一生」。壮絶な不幸にもみくちゃにされながらも、
誰かを愛し、その人だけを信じて突き進む…
傷ついても、傷ついても愛する人への思いを胸に夢を見つづける松子。
誰がどう考えたって不幸な人生なのに、
彼女にとってはすっごくハッピー!

(チラシより)





< 川尻松子(かわじりまつこ) >
昭和22年(00歳)川尻家の長女として福岡県に生まれる。
昭和28年(05歳)幸せを夢見る明るい子供時代を過ごす。
昭和46年(23歳)担任を務める中学校で窃盗事件。教師を辞職。
昭和46年(23歳)作家志望の八女川と同棲。暴力にあう。
昭和46年(23歳)八女川、踏切自殺。
昭和47年(24歳)八女川の友人、岡野と不倫。妻にばれて破局。
昭和48年(25歳)中洲のソープ嬢になり、店のトップに。
昭和49年(26歳)同棲中のヒモ、小野寺に裏切られ殺害。自殺未遂。
昭和49年(26歳)上京。理髪店の島津と同棲中に逮捕される。
昭和49年 〜  府中刑務所に服役。8年後に出所。
昭和58年(36歳)教え子、ヤクザの龍と再開。同棲。
昭和59年(36歳)龍、逮捕され刑務所へ。
昭和63年(40歳)出所した龍と再会。龍、再び逮捕され服役。
平成元年 〜  一人暮らしの引きこもり生活。
平成13年(53歳)荒川の河川敷にて、死体で発見される。

「下妻物語」の中島哲也監督の『嫌われ松子の一生』が来年の5月に
公開されます。主役の松子を演じるのは、中谷美紀サン。
そしてそうそうたるキャストで宮藤官九郎サンもいれば、木村カエラサンも、


カンニング竹山サンがいれば、山田花子サンも、そして柴咲コウサンも!
下妻物語の土屋アンナサンも出演している!とても楽しそうです。

夢見ることをやめなかった悲惨な松子を、すべての人たちが愛して
しまう、おかしくて切ないシンデレラストーリーを中島監督が華麗な
美術と音楽、CGとアニメでファンタジーな世界を作りあげている
ようです!





こんばんわ、嫌われ邦画好き…です。(^^;

《 感想 》

「嫌われ松子の一生」は映像的には「下妻物語」を上回るテイストだと思います。そして内容はとても味わい深かったです。
人生ってどんな人と出会うかで、まったく違った方向に進んでしまう…、そんなことを改めて感じる映画でした。
物語は甥の川尻笙(瑛太サン)を軸として紐解いていきます。見るからに“不幸”ではないかと思うような松子の人生ですが、物語の中では“不幸”という言葉は松子の口からは、ほとんどでてきません。不幸ではないけど、決して楽しい人生とも言えないと思います。この松子の人生を時代ごとの社会現象と上手くリンクさせて非現実的な映像とありえる女の人生を見事に表現されていました。
松子の人生を単純に描いてしまえば、とても暗い映画になってしまうと思うのですが、中島監督ならではの映像表現が明るい映画にしてしまいます。
そして常に“花”が映像に添えられているのがとても印象的です。
中谷美紀サンをはじめキャストの方々は申し分ありません。

松子のような、ここまで狂ってしまう人生はそうはないのかもしれませんが部分的にはありえたりすることだと思います。
目の前にある小さな幸せを探す松子にチョットだけ涙してしまいました。。。




 1日1クリックだけご協力いただけたら嬉しいです♪
















  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 19:23 | - | - | - |
コメント
from: こっちゃん   2006/05/27 10:09 PM
嫌われこっちゃんです(^o^;
今日、観てきましたよ〜〜〜
感想は月曜くらいになると思われます
あまりの不幸に逆にリアリティを感じてしまいました(ToT)うう
from: miyu   2006/05/27 11:10 PM
そういえばコチラの公開にあわせて下妻TVで放送しちゃうみたいですね。
あたしも下妻は好きなので、
コチラも楽しめるかなぁと思っちゃってましたけど、
ちょっと悲しい部分が多いのかなぁ?
あらすじ的にも結構悲惨な話っぽいですけどねぇ。
邦画好きさんもこっちゃんも初日に早速観て来たんですね♪
あたしも早目に行かなきゃなぁ〜(*^^*)
from: サトウノリコ   2006/05/28 11:16 PM
期待以上の作品でしたね。原作を読んでいないのですが、
たぶん普通に撮ったら、恐ろしく不幸な女の一生になっていたと思います。
そこを中島監督が料理するとエンタテイメントになる(笑)
本当に素晴らしい作品でしたね^^
TBさせて頂きます。
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/05/31 2:50 AM
コメントありがとうございます。

> こっちゃん 様へ

後程、お伺いさせていただきます(^^)

> miyu 様へ

テイストは楽しいんですが、中身はシリアスで、複雑な気分ですね(^^;
下妻のノリでないことは確かですね。。。

> サトウノリコ 様へ

中島マジックといってもいいかも知れませんね。
さすがCMも手がけてられるので、カット毎の面白みは感じられます。
from: pancopa   2006/06/01 1:35 AM
本当にすごい映画でした。
確かに描き方によってはとてつもなく暗い映画になるかもしれませんね。そんな風になっていなかったのは監督の技ですよね〜。

人生は本当にわからないですよね。
他人から見たら不幸でも、自分には良い人生って思っているかもしれないし。
from: リンゴ   2006/06/02 10:25 PM
こんばんわ〜(´∀`)見てきました☆
すごく楽しめた映画ですね♪てか本当に出演者が豪華でした…絶対ちょい役とかで見逃してる人がいると思いますwしっかりとDVDになったら見てみたいです…!谷原さんが一番ツボでした(笑)
from: tacoss   2006/06/03 12:30 AM
私も後半泣きそうになってしまいました。
つつましくても強く生きていかねば!
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/06/03 1:44 PM
コメントありがとうございます。

> pancopa 様へ

かなりこの作風は意見がわかれているみたいですけどね。私は好きです(^^)
ほんと人生ってわからないですよね〜。
幸せかどうかは自分の心が決めることですもんね(^^)

> リンゴ 様へ

ほんとたくさんの俳優さんが出演していて、それだけでも楽しめますよね!
谷原サンはツボに入ってしまいました(笑)

> taoss 様へ

私もチョッピリ涙ぐんでしまいました(^^;

from: miyu   2006/06/11 9:51 PM
やっと観て来ましたぁ〜。
まだまだ混雑してましたよ〜。
確かに内容はキツイかなぁ?
って感じでしたけど、
かなりエンターテイメント性が強くて
2時間10分はコメディとしては長いですし、
ラストはちょっとしつこいかな?
って感じがしなくもなかったですが、
かなり。。。充分すぎる程楽しめました♪
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/06/13 4:30 AM
コメントありがとうございます。

> miyu 様へ

まだ混雑していましたか(^^;
ラストは確かにしつこいかもしれませんね(^^;

from: アレクサンドリア堀井   2006/11/18 7:32 PM
ちょうど今、DVDで見終えたところです。

映像の遊びと音楽がものすごくいいですね。
キャスティングや演出にも遊びがいっぱい。

・・・でも、それがなかったら救いがなくて・・・、
つらくて・・・。

悪い偶然の重なり。
ネガティブなシンクロニシティの典型的な人生です。
自らのチョイスの結果なんですけど・・・。
もっとスムースにハッピーになることを許してあげればよかったのに・・・と思ってしまいました。

わたしは、ハッピーエンドが好きです、やっぱり。
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/11/19 1:18 PM
■アレクサンドリア堀井 さま
物語は仰るように救いようがない不幸なお話ですが、
それを中島監督流のタッチでコミカルに描かれていましたね。
私もハッピーエンドが好きですよ。

from: アレクサンドリア堀井   2006/11/21 3:53 AM
コメントありがとうございます。
嬉しいものですね、こうされると・・・。

先日書き忘れたことを書かせていただきますね。

この映画、実は娘が見たくてDVD借りたんです。
その娘がですね、松子のあまりの不幸ぶりに
作品を見ている途中から頭が痛くなり、
見終わってから寝込んでしまいました。
今日学校も休んでしまうほどになってしまいました。
たまたま体調が優れないことも重なったのかも知れないのですが、タフなわが娘なので珍しいことです。

わたくしの永年の研究からも、
この類の映画といいますか「情報」は、
できるだけ脳にさらさない、インプットしないほうがよろしいかと思います。
映画は影響力ありますからね。

邦画好きさんのように「こころのセンタリング」に長けている方、そのような自信がある方は大丈夫ですが・・・。

わが娘は、やはり「修行が足りん」のでありますね。

from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/11/22 2:21 AM
■アレクサンドリア堀井さまへ
コメントありがとうございます。
お嬢様、とても繊細な方なんですね。
私はそんな自分の心をコントロールできるほどの者では
ありませんが、結構無神経なのでこの手の映画は大丈夫でした(^^;

今の時代、情報が氾濫していますから、自己でどれだけ
情報を選択して吸収するか?が重要ですね。
from: アレクサンドリア堀井   2006/11/22 10:53 PM
映画はとっても重要な人生のツール。
選ぶ映画で、マインドセットも自由自在。

・・・てことでも、邦画好きさんのブログが
果たしてる役割はとても大きいのだと思います。
from: 【お返事】やっぱり邦画好き…   2006/11/25 3:04 AM
■アレクサンドリア堀井さまへ
コメントありがとうございます。

映画で何か1つでもプラスに思えることや、マイナスを
プラスに変えることができるような作品を見れるとうれしいことですね。

できる限り邦画情報を充実させていきたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/810
そらちゃんみたいなかわいい娘がおいらのいいなりだ。顔はかわいいのに体はとっても発達していい体してる。とくに形のいいおっぱい!もみしごいて、しゃぶりまくってやりたい。つっけんどんな態度をとったりすることもよけいに性欲を燃え上がらせられるぜ!こんな蒼井そ
及川奈央・蒼井そら他AV女優の部屋 | 2005/12/16 5:36 PM
「嫌われ松子の一生」hp 『嫌われ松子の一生』オフィシャル・ブック 怒涛の映像と、斜めにザクッと切り込む陽気な音楽。 「松子は幸せだったのか、不幸だったのか。。。」 そんな陳腐な疑問は必要ないくらいにあらゆる人生に賛辞を贈る映画。 ヴィヴィアン
mountain77 D.Reverse side | 2006/05/28 11:21 AM
昭和22年福岡で生まれ、男に恵まれず堕ちて53年の生涯を荒川の河川敷で閉じた一人の女性。山田宗樹の小説"嫌われ松子の一生"の映画化。 川尻松子(中谷美紀)、物語は松子の生涯に興味を抱いた甥(瑛太)が、彼女に成り代わり一生を回想するように進
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/05/28 5:59 PM
予告編がインパクトありまくりのこの作品、ようやく公開です。大まかなストーリーはいろいろなソースから情報が入ってきたので、個人的には予想外の展開みたいなのはなかったです。一応悲劇な内容ということにはなってますが、至る所にコネタが散りばめられ、やたら笑え
へたれ保険屋のページ | 2006/05/28 7:51 PM
         嫌われ松子の一生(2006年、東宝) http://kiraware.goo.ne.jp/ 監督・脚本:中島哲也  原作:山田宗樹 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、他          昭和22年・福岡県大野島生
ライターへの道。女32歳の挑戦。 | 2006/05/28 11:13 PM
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]   5/27公開       公式サイト(壁紙、特別映像あり) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 衝撃度[:!:][:!:][:!:] 映像美[:結晶:][:結晶:][:結晶:][:結晶:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】中島哲也 【脚
アンディの日記 シネマ版 | 2006/05/29 12:24 AM
『嫌われ松子の一生』すごく面白かった。 すべての幸福と、不幸は紙一重。 波風たたせずに生きていこうと思いました。 それでも人生は素晴らしい。 本を買いました。 山本周五郎著 『ひとごろし』 初めて、山本周五郎を読む。楽しみだ。 人とは違う何か、個性、
心に革命を | 2006/05/29 10:48 PM
「嫌われ松子の一生 」 観て参りました。 私的にはとても楽しくみれました。 とにかく、豪華メンバーですからねー。 隣にすわってらおばさんは号泣してましたよ。 笑いあり、涙ありの一生ですねー。 とにかく、映像と色が華やかで、大好きです。 中谷美紀は
きまま日記♪ | 2006/05/31 9:09 PM
そりゃまあ人生いろいろ、とは言う、ワケですが。 あまりにも悲惨だと本人は麻痺するのか、周りが見るほど不幸でもないのか? ・・・・今日は午後を有休にして、「嫌われ松子の一生」を見に行きました。・・混んでましたなあ^_^;  めちゃ面白かった前作『下妻物語』の
椿的濃縮タマシイ | 2006/05/31 11:27 PM
『嫌われ松子の一生』オフィシャル・ブック 『嫌われ松子の一生』 を観てきました。 ぴあの出口調査で「松子」が観たいと言ったのはもう1ヶ月も前か。 待ったよ、松子。 いやぁ・・・すごい。すごいですよ。 壮絶。松子はすごい。 面白くて、ちょっと哀
だらっくま日記 | 2006/06/01 1:33 AM
■観覧場所 TOHOシネマズ■ ■脚本・監督 中島哲也■ ■cast 中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 香川照之 市川実日子 柄本明 ほか、ものっそいたくさん■ ■あらすじ■ 昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松
かりめろ日記 | 2006/06/01 1:49 AM
色彩豊かに歌い上げる人間への愛に満ちたドラマ!
Akira's VOICE | 2006/06/01 12:19 PM
中谷美紀主演VS中島哲也監督 話題の映画 「嫌われ松子の一生」を 公開初日に観ました。 撮影中の「悪い」やりとりが 先行した感がありますが 初日の舞台挨拶で和解したとか? 物語は 「川尻松子」と言う女性の 昭和22年から平成13年までの 一生の人生物語。 5
bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ | 2006/06/02 5:13 PM
不幸って何? 公式サイト 【ストーリー】 昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚とイイ感じになるも、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられる。ここから、松子の転落人生が坂
甘口★映画の森 | 2006/06/02 10:15 PM
本日、仕事前に劇場にて鑑賞 ブラボ〜!! と拍手をしたかったくらい良かった!! (一人でやる勇気はありません。。。) 前評判も高いし、 下妻物語の中島哲也監督作品だし、 予想を遙かに上回り素晴らしかった。 ストーリーや脚本、演出も素晴らしかっ
ドリアンいいたい放題 | 2006/06/03 12:30 AM
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(137) 嫌われ松子の一生-生きること、愛すること。 三人兄弟の長女。 真ん中は男、末っ子は病弱な女。 こんなきょうだい関係なら、長女は父親から顧みられることが少ないだろうという
ヒューマン=ブラック・ボックス | 2006/06/03 11:13 AM
「嫌われ松子の一生」は昭和22年(1947年)福岡県大野島生まれの川尻松子の波乱万丈の一生を描いた作品である。これだけ不幸で、史上最悪な男運の女性がそれでも男たちを愛してやまなかった人生をコミカルに描いている。
オールマイティにコメンテート | 2006/06/03 8:22 PM
"嫌われ松子"の転落人生をギュッと凝縮した130分! 試写にてちょっとだけ早く観てきました{/kirakira/} 面白かった〜{/onpu/} {/onpu/} 長さなんて全然感じさせないほどテンポ良く魅せる{/kirakira/} 原作は同名の山田宗樹のベストセラー本。 嶽本野ばら原作のハイパ
我想一個人映画美的女人blog | 2006/06/04 11:06 AM
嫌われ松子の一生 ずーっと見たいと思ってた映画が公開になったので見てきた。 映像としての斬新さが面白かった。ミュージカルっぽいけど映画な感じがいい。 お話としては、
Schicksal | 2006/06/04 1:24 PM
『私、川尻松子。大きくなったら素敵な王子様と結婚するんだぁ♪』 だけど、現実は・・・ 教師をクビ 家出 同棲相手の暴力 不倫相手に捨てられ ソープ嬢になり ヒモを殺害 自殺未遂 刑務所行き ヤクザの女に 松子。人生を100%生きた女。
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/06/04 11:40 PM
まさに、下り坂を転げ落ちる人生。こんなに暗い話だとは、思っていませんでした。予告編はミュージカル仕立ての下妻物語風だったので、軽めに楽しむつもりだったのですが・・・
skywave blog | 2006/06/06 11:00 PM
この人の人生には、幸せの文字がない。選択する事はことごとく裏切られ、愛する男には捨てられ、家族からも捨てられて。。。そして、こんな人生の結末。映画全体は、歌や、ちょっとしたコメディに包まれているが痛すぎて笑えない。赤のコントラストが強すぎる映像の中に
見取り八段・実0段 | 2006/06/07 6:33 PM
『嫌われ松子の一生』 あらすじ 『20代で教師をクビになった川尻松子は、エリート人生から転落。これをきっかけにソープ嬢になり、店のトップになるものの、同棲中の愛人に裏切られ彼を殺害。その後、自殺未遂を起こすが、やがて刑務所に入り服役することに
39☆SMASH | 2006/06/10 8:44 PM
空仰ぎ 曲げて伸ばして 星になる   そういえば、「無法松の一生」ってありましたね。それが何って、別に何でもないけど。  この映画、「おもろいやんけ、でも、ちと浅いかなあ」タイプと「つまんねえけど何かぐっと感じるんだよね」タイプと、そんな狭間を行
空想俳人日記 | 2006/06/11 7:58 AM
 『不幸って何? 松子。人生を100%生きた女。』  コチラの「嫌われ松子の一生」は、山田宗樹さんの同名小説の映画化で、5/27公開になったPG12指定の映画なんですが、公開3週目にも関わらずかなり混雑していました。あの「下妻物語」の中島哲也監督の最新作で
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2006/06/11 9:45 PM
 正直最初は見なくても良いかなと思っていたのですが、他の方のブログを読むとかなり評判がよいので嫌われ松子の一生見てきました。
よしなしごと | 2006/06/16 4:26 AM
http://kiraware.goo.ne.jp/最寄りの映画館で鑑賞。テレビでやっていた下妻物語を録画し見ていて15分ぐらいして見に行くことを決めたのが昨日でした(ぉでまだ下妻物語は見終わっていません(
勝弘ブログ | 2006/06/16 9:54 PM
やるせない思いで最終頁を閉じました。些細なことに何度も自分を見失い、流され、それでも死より生きることを選んできた松子。その人生の終わりがこれではあまりに辛すぎます。 体の弱い妹に父の愛情を奪われ、父の希望をかなえようとなった教師の職を追われ、失踪し
文学な?ブログ | 2006/06/17 12:38 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006/06/30 5:17 PM
嫌われ松子の一生 中谷美紀 ≒ 濱田マリ ≒ 柴咲コウ ≒ あたし > 山田花子 2006年  中島哲也 監督  山田宗樹 原作中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 原作って、感動ミステリー巨編 (Official HP)?なの??
猫姫じゃ | 2006/07/07 10:32 AM
をとことんカラフルにポップにミュージカル調に 描いていく。中谷美紀の熱演もすごい。 ★「嫌われ松子の一生」 2006年日本 130分 監督:中島哲也 出演:中谷美紀    瑛太    伊勢谷友介    香川照之 ★Story 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻
cinema capsule | 2006/07/29 2:45 PM
2006年の春に話題となった映画「嫌われ松子の一生」がDVDになって登場することになったので,再び記事としてピックアップ 昭和22年に福岡で生まれた川尻松子(中谷美紀)は,教師として赴任した中学校で事件に巻き込まれ,退職. 作家の八女川徹也(宮藤官九郎)やそ
オレメデア | 2006/11/15 11:27 AM
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
tenuate online | 2006/12/11 6:14 PM
誰に聞いても絶賛のこの作品。 2006年が終わる前にDVDでやっと観ました。 ふぅ。 平成13年の夏、。荒川の河川敷に何者かに撲殺された女性の死体。 その姿は醜く肥え太り、身なりはホームレスのようだった。 彼女の名は川尻松子。 彼女は何故殺されなければなら
映画、言いたい放題! | 2006/12/29 3:45 PM
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
muzoboz0140 | 2007/01/10 3:13 AM
MEMORIES OF MATSUKO [TOHOシネマズ六本木ヒルズ/ART SC/TOHOシネマズ セレクト2006年 邦画傑作選] 公式サイト 『松子。人生を100%生きた女。』 ナイトショーでの観賞です。 ついに実現しました。というか、体験しました。 映写技師さん、八ちゃんのためにご
八ちゃんの日常空間 | 2007/02/01 1:17 AM
映画・嫌われ松子の一生ですが、これは結構面白いです。ドラマの内山理名のも見たのですが、中谷美紀の松子の方が私は好きです。 映画だと、次から次へと川尻松子の転落人生、これでもかと続くわけですが、あまり悲壮感もなく、壮大なコントのような気もしてきますが、
一言居士!スペードのAの放埓手記 | 2007/02/11 4:35 PM
嫌われ松子は内山が主演したドラマの方は興味が無くて見なかったけども 映画の方は興味があり見たがチョイ役で色んな人が出演していて悪く無いし 劇中の歌は良かったし内容も大満足とは言えないけども不満は無いけども 不幸な人生を送り過ぎと言うか実際に松子の様な
別館ヒガシ日記 | 2007/06/26 7:20 PM
嫌われ松子の一生 MEMORIES OF MATSUKO 監督 中島哲也 出演 中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 香川照之     市川実日子 黒沢あすか 柄本明 ...
Blossom Blog | 2008/11/15 10:20 PM
 




(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.