やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 月とキャベツ 』 


 月とキャベツ



映画 『 月とキャベツ 』   [DVD鑑賞]

1996年:日 本
監 督:篠原哲雄
脚 本:篠原哲雄 真柴あずき
音 楽:山崎まさよし




[ キャスト ]



山崎まさよし (花火)
真田麻垂美  (ヒバナ)
鶴見辰吾   (理人)
中村久美   (森崎)
ダンカン    (木村)



バンド時代にカリスマ的人気を博したミュージシャンの花火は、
独立後は創作意欲を失ってしまい、人里離れた田舎でキャベツを
育てながら隠遁生活を送っている。
会う人間といえば友人でカメラマンの理人だけだった。
その夏、花火の前にひとりの少女が現われた。
ヒバナと名乗るその少女は突然、花火の家に押しかけてきて、
そのまま居ついてしまう。
ダンサーを志すヒバナは、かつての花火の歌で踊り、早く新しい
曲が聞きたいと言った。
はじめはヒバナの行為に戸惑っていた花火も、やがてヒバナの
存在を受け止めていくようになる。ヒバナのダンスを前にし、
ふたりでキャベツ料理を食べ、ヒバナに素晴らしい風景の丘を
教えられ、花火はまたピアノに向かうようになった。
夜ごと月を眺め、水を極端に怖れ、近付いてくる夏休みの終わりを
はかなむヒバナのことを慈しみながら、花火は曲作りを進める。
理人はこのふたりを温かく見守っていき、ダンス関係者の
森崎からヒバナの消息を聞いてその秘密を知ってからも、ヒバナに
暖かく接した。夏休みも終わり、曲は完成する。
花火とヒバナの間にも確かなつながりができたように思えたその時、
ヒバナは花火の目の前から消えた…。
(gooより引用させていただきました)




《 感 想 》

以前、この映画を観るに当って、まったく予備知識を持たず観ていて
ファンタジー?だとは知らず、この映画は何なんだろう?と不思議な
気持ちで観ていていました。途中から、やっと気づいた時、この映画
の良さがすごく伝わってきました。
心がやわらかくなって行くストーリーで、山崎まさよしの雰囲気が
とても良く、それに曲がさらに包み込んでいく感じが心地よかった…。


9月23日から公開される「8月のクリスマス
」がとても楽しみな
やっぱり邦画好き…デシタ。




 1日1クリックだけご協力いただけたら嬉しいです♪



>> TOPページに戻る













  
 更新情報

  





















スポンサーサイト










  
 更新情報

  

















- | 16:09 | - | - | - |
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinemahouga.jugem.jp/trackback/930
映画より3年も前に出来ていて、ライヴでは歌っていた 「One more time,One more chance」。 篠原監督は奇跡というか、運命のようなものを山崎まさよしに 感じたに違いない。 この歌詞がこの映画そのものであり、この映画のために作られたといっても いいくらいはま
ペパーミントの魔術師 | 2006/06/04 9:09 AM
 




(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.