やっぱり邦画好き…[映画鑑賞感想Blog]

最新邦画情報,新作公開情報,試写,劇場鑑賞感想など、邦画総合情報ブログです。
こちらのJUGEM版やっぱり邦画好き…は、過去ログです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











  
 更新情報

  

















- | | - | - | - |




『 茶々 天涯の貴妃 CHACHA 』





映画 『 茶々 天涯の貴妃 CHACHA 』
[公開情報]

2007年:日本【2007年12月22日公開】[ 上映劇場 ]

監督:橋本一 脚本:高田宏治
原作:井上靖「淀どの日記」
【キャスト】
和央ようか 寺島しのぶ 富田靖子
高島礼子 余貴美子 原田美枝子
中村獅童 渡部篤郎 松方弘樹

公式サイト


女は、負ける戦をしてはならぬもの。



(ものがたり)

信長の血を受け継ぎ、秀吉に深く愛され、家康がもっとも怖れた女

−わたくしは、何者にも跪かない。−

後に“淀どの”と呼ばれた女・茶々、三人の覇者が彩る戦国乱世の中心で咲いた
大輪の華。


男たちが覇を争い女はそれに翻弄されるしかなかった戦国乱世。
織田信長の姪として生まれ、豊臣秀吉の側室となり、徳川家康と
天下を賭けて戦った女・茶々。
数奇な運命にも屈せず、命をかけて子供を育み、更に二人の妹との絆を
胸に秘めながら、愛と誇りを貫いた激動の生涯。
( チラシより ) 日本映画人気ブログランキング



【井上靖関連作品】

氷壁
氷壁

トキオ 父への伝言
トキオ 父への伝言

風林火山
風林火山

千利休 本覚坊遺文
千利休 本覚坊遺文














  
 更新情報

  





















『 チルドレン CHiLDREN 』
映画 『  チルドレン CHiLDREN 』   [公開情報]

2006年:日本 【2006年11月04日公開】[ 上映劇場  ]

監督・脚本:源孝志  原作:伊坂幸太郎 『チルドレン』

【キャスト】
坂口憲二 大森南朋 小西真奈美 加瀬亮
三浦春馬 小林隆 渡辺典子
長谷川初範 國村隼

公式サイト


チルドレン チルドレン 伊坂 幸太郎











続きを読む >>


  
 更新情報

  





















『 cherry pie チェリーパイ 』
映画 『  cherry pie チェリーパイ 』   [劇場鑑賞]

2006年:日本 【2006年10月07日公開】[ 上映劇場  ]

監督:井上春生  脚本:井上春生 久保裕章

【キャスト】
北川景子 江口のりこ 原田夏希 白井晃 肘井美佳
海東健 品川徹 渋谷桃子 竹財輝之助 岡田浩暉


公式サイト







(ものがたり)

新人パティシエ・キヨハラの最近の悩みは店の人気メニュー爛船Д蝓璽僖き瓩うまく
作れなくなってしまったこと。
今日もひとり閉店後厨房に残って鍋で煮立つチェリージャムを味見したキヨハラ、
ふーっとため息をつく。何度作り直しても「あの味」にならない。
その甘酸っぱい味がある想い出を鮮明に呼び起こすからだ。振り返った視線の先には、
棚に大事に飾られたチェリージャムの瓶とパティシエの制服そして背高帽がある。
胸元には「辻内徹」の刺繍…

そこへ一本の電話が鳴る。以前契約していた山梨のサクランボ農家の娘・木下千春から
であった。辻内透から頼まれたものを預かっており、一度農園に来てほしいと言う。
電話を終えて考え込むキヨハラ。調理台でパイ生地を練っていていきなり顔がゆがむ。
自分でも意識しないままに大粒の涙がこぼれてくる…。(公式サイトより)




チラシを入手することができていませんでした。イメージが無くてすみません。

【 感 想 】

東京で上映しているのは渋谷のUPLINK Xのみです。ここで上映している作品を見に行く
のは作品が何か引き寄せるパワーを持っているんですよね。特に宣伝していなくても…。
そしてここで上映されている作品を見る眼は、全国公開している作品とは違う眼で、
みてしまいます。本当は同じ視点で見なければならないのでしょうけどね・・・
UPLINK Xで良い映画と出会えるととてもうれしいです。最近特にそう思います。
他にもそういう劇場がいくつかありますが、UPLINK Xは特別ですね。

この「cherry pie チェリーパイ」は、その魅力がある映画でした。
井上春生監督の作品は「bird call」「ため息の理由」が今年の春に公開されたのですが
この2作品も何か引き付けるものがあって観に行きたいと思っていたのですが、
タイミングが合わず観れなかったんです。
「cherry pie チェリーパイ」は冒頭で書いたようにチラシもなく、ほとんど予備知識も
なく引き寄せられた映画です。サイトで確認させていただいたら、井上監督の映画でした。


主演の北川景子さんは「間宮兄弟」で沢尻さんの妹役で主演されていました。他には
水に棲む花などにも出演されていて、今回が初主演です。とても可愛い女性です。
ちょっとうれしく思ったのは、白井晃さんも出演されていました。王様のレストランで
ソムリエやってたイメージが強いです(^^) 


さて内容ですが、ひさしぶりに赤と緑、そして淡い光のコントラストが美しい映画を
観ることができました。ストーリーもとても素敵な映画ですし、ビジュアルも料理の本を
みているように綺麗です。チェリーパイの甘酸っぱい味と女の子の甘酸っぱい恋心が
見事に調和して、スクリーンからその味が伝わる映画だと思います。
そして厨房のシーンは淡い光に包まれていて、幻想的とも言えるようなムードが漂って
います。この淡さで不思議な感覚にさせられました。

パテシエのキヨハラ、そして親友の八千代と文の三者三様の恋愛物語をチェリーパイと
淡い光、そして鮮やかな色で調和させ、小説というよりはポエムに近いタッチで描かれた
素敵な映画でした。



Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)












  
 更新情報

  





















『 着信アリ Final 』
 公式サイト


映画 『 着信アリ Final  』 [試写会鑑賞]


2006年:日本 【6月24日ロードショー】[上映劇場 ]


監 督:麻生学
脚 本:大良美波子、真二郎
原 作:秋元康


[ キャスト ]
 
堀北真希
黒木メイサ
板尾創路
ジャン・グンソク



鳴ったら必ず死んでしまう“死の着メロ”。
その恐怖から逃れるたった一つの方法。それは
「転送スレバ死ナナイ」


友達に死を転送できますか?


舞台は修学旅行。高校の修学旅行で韓国に行くことになった草間えみりは、ネットで知り合った韓国の男友達アン・ジヌと会えることを楽しみにしながらも、かつての親友の松田明日香がいじめを理由に修学旅行に来られないのを残念に思っていた。そんな折に一人の女生徒に“死の着メロ”が鳴る。彼女はその予告どおりに無残な死を遂げ、その後も“死の着メロ”は日本から発信されているようだった。しかも、明日香の部屋から・・・。ところが、その“死の着メロ”にはその死から逃れる方法が1つだけあった。それは送られてきた死の予告を誰かに転送することだった。
(チラシより)




ご無沙汰しております。「毎日が夏休み」の記事をUPしてから、こちら「やっぱり邦画好き…」のブログが長い夏休みに勝手に入ってしまいました(^^;
今月はとても一人では手に負えないくらいの仕事量でネコの手でもいいのでアシスタントが欲しいくらいなのですが、なかなか雇うことも出来ず、どうにか一人でやっております。そういうことでなかなか映画を見に行く気分にもならずDVDも見る余裕がありませんでした。多分来月は少し余裕ができると思うので、また毎日のように映画を見たいと思っております。

そんな中、久しぶりに試写会に行ってきました。「着信アリ Final」です。
今回は舞台が韓国、そして堀北真希サンと黒木メイササンが出演です。
お話はイジメをテーマとしたストーリー展開でわかりやすいのですが、でも話の内容は考えれば考えるほど良くわかりません。しかし今、イジメられっ子の役をやらせたら右に出る者はいない堀北真希サンの存在感は素晴らしいです。ドラマや映画での役柄がどれも被って見えてしまうのですが、そんなことはどうでもイイ位の存在感でした。この着信アリでは彼女の「復讐」する姿ほ怖いです。
話の面白さはクラスメイトたちが自分だけは死にたくないと転送しあう「醜さ」が滑稽でした。そこで誰が勇気を持って自己犠牲となるか?というところだと思います。

どうでもいいことですがシリーズを見て疑問に思っているのは「着信」は音声が聞けて、尚且つ「転送スレバ死なない」はメールということ…。音声とメール両方が届いているということですかね? どうでもいいことですが…(^^;


「着信アリ」と「着信アリ2」はコチラ


 1日1クリックだけご協力いただけたら嬉しいです♪
















  
 更新情報

  





















『 小さき勇者たち 〜GAMERA〜 』
 公式サイト


映画 『 小さき勇者たち 〜GAMERA〜 』 [ 試写会鑑賞 ]

2006年:日本   【4月29日ロードショー】 [ 上映劇場 ]

監 督: 田崎竜太
脚 本: 龍居由佳里


[ キャスト ]

富岡涼
夏帆
津田寛治
寺島進
奥貫薫
成田翔吾
石丸謙二郎
田口トモロヲ



ガメラは少年のために。少年はガメラのために。


美しい海に臨む伊勢志摩地方。事故で母を亡くした透は、沖の孤島で赤く光る石の上に乗った卵を見つけた。手にとると卵が割れ、中からは小さな亀が。透はその亀に「トト」と名づけ、ペットを禁止している父に見つからないよう、自分の部屋で育てることにした。しかしある朝、トトが父に見つかりそうになってしまう。焦ってトトを見失った透が次の瞬間見たものは・・・なんと、窓の外を飛んでいるトトの姿だった!
(gooより)




《 感 想 》

ガメラと怪獣が戦う特撮シーンはチョット少ないので、期待はずれになるかも知れません。大きくなったガメラの表情もどちらかというと迫力はなく可愛らしさの方が強調されていました。やはり現代の子供向けなのであまり壮絶な闘いのシーンは作れないのでしょうかね〜。
そのかわりタイトルに“小さき勇者・・・”とあるように子供たちがガメラを助けるために、言葉なくても行動するシーンがきっとこの映画の見せ所なのかも知れません。大人は逃げる。子供は立ち向かう…。

でもですね、、やはりガメラなので特撮シーンがたくさんないと楽しめないですね。ガメラと子供たちの友情や優しさだけでは大人は満足できないと思います。かといって果たして子供は楽しめるか?それはチョット疑問ですね。

この春の邦画の状況はきびしいですね・・・
みたい映画が本当にないです。。。
このGAMERAも試写会で見れて本当によかったと思っています。。。
邦画氷河期といったところでしょうか・・・(^^;



 1日1クリックだけご協力いただけたら嬉しいです♪
















  
 更新情報

  





















(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.